【映画 ロスト・エモーション】感情のない世界の未来は?あらすじネタバレ感想レビュー!

スポンサーリンク



ども、アンディです。

今回の映画記事は「ロスト・エモーション」です。

直訳すれば「失われた感情」といったところですね。

リドリー・スコット監督総指揮という事で観てみました。

近未来。世界大戦によって陸地の99.6%が失われた世界。

生き残った人々は争いの原因が「感情」であると考え、遺伝子操作によって感情を持たない共同体「イコールズ」を造って暮らしていた。

感情を持ってしまった人間は「欠陥者」とみなされ排除されてしまう世界で二人の男女が恋愛感情を持ってしまう。

果たして彼らの運命は?

2015年のアメリカ洋画で監督はドレイク・ドレマス。

主演(キャスト)はニコラス・ホルト、クリステン・スチュワート他。

あらすじネタバレ感想レビューを。

ちなみに前回の映画記事はこちら

【映画 リミット】極限のワンシチュエーションサスペンス!あらすじネタバレ感想レビュー!




ロスト・エモーション あらすじネタバレ

共同体~イコールズ~での暮らし

戦争により陸地の99.6%が失われた近未来。

人々は争いの原因が「感情」であると考え、遺伝子操作によって生み出された感情を持たない人間がイコールズという共同体としてコロニーで暮らしている。

共同体の外には感情を持った欠陥者達が住む半島も存在していた。

そこで生活して働くサイラス(ニコラス・ホルト)も出版部署で仕事をして生活している。

彼らは保険安全局という立場の人間に厳重に管理されており、IDを手首に埋め込まれ、感情を持ってしまった人間を「SOS」という感染の病気だと位置づけ「欠陥者」として排除していた。

「SOS」は症状でステージに分けられ、DENという施設に隔離されてステージ4まで進んでしまうと電気ショックで死ぬか自殺に追い込まれるという恐ろしい施設行きが待っていた。

そんな中、欠陥者が投身自殺をした現場に居合わせたサイラスは、同じ部署で働くニア(クリステン・スチュワート)が拳を握りしめて感情を抑えているのを目撃する。

それからというもの、少しづつニアが気になり始めるサイラス。

SOSを発症~欠陥者へ

ニアの事を段々意識し始めると止まらなかった。

サイラスはニアの行動を気にするようになり、夜になるとニアの事だけを考える程感情を抑えられなくなっていく。

それからサイラスがSOS(欠陥者)とみなされるまでそう時間はかからなかった。

感情を抑制する薬を飲み始めたサイラスだったが抑制できずにニアと二人きりになった時にニアの手を握りしめ、キスをした。

ニアは1年以上前から感情を持っていたがDENに行くのを恐れて感情がないフリをしていたのであった。

次第に恋愛感情を持っていくサイラスとニア。

ニアを自分の部屋に呼び寄せ、二人は愛し合っていく。

サイラスは毎日のようにニアを自分の部屋に招き入れ、手を繋いだり抱きしめた。

仕事にも影響が出始めてきたサイラスは上司に注意されるようになってしまう。

ニアが妊娠してしまう

そんな中、「隠れ感染者」で感情を持っているがDEN行きを恐れて隠している保険安全局の職員のジョナスと出会う。

ジョナスの他にも数人おり、集まってディスカッションしている事を知ったサイラスも参加するようになる。

「感情を持つ事は自然の事である」と初めてそこで理解した。

サイラスはニアの想いが大きくなっていく自分を恐れて部署の異動を申し出た。

しかし想いは抑えられずに遂にニアと結ばれたのであった。

そんな中、画期的な薬が開発されたと発表され、その薬を打つと約6時間で「SOS」の患者が感情を失うという恐ろしいものであった。

そんな中、ニアが受胎の対象に選ばれてしまう。

共同体では遺伝子操作によって作られた精子を人工授精させて人間を生んでいたのであった。

このままでは病院でニアが感染者だとバレてしまう。

そこでサイラスは欠陥者達が住むという半島に列車で逃亡する計画を立てる。

結末 ラスト

逃亡する前日。

サイラスはDENに連れて行かれたニアを追いかけ助け出そうとするが、あまりにも危険な行動でジョナスに説得されて「我々に任せろ」と言われ住居スペースへ戻った。

ジョナスはDENの看守達の隙を狙って処分される前にニアを助け出し、前日に死亡した女のIDのタグをニアに埋め込み、ニアが死んだようにみせかける事によって救出に成功。

その後、心配になったサイラスが再びDENに行き、門番にニアの安否を確かめると門番はニアは死んだと言う。

ショックを受けたサイラスは感情を失ってしまう新薬を自ら希望して投薬してもらい、住居に戻るとそこにはニアがいたのであった。

数時間後には感情を失ってしまう。

ニアはサイラスの手を握って「この感触を忘れないで」と言い、逃亡する朝を迎えた。

サイラスは感情を失っていたが逃亡はすると言う。

ニアは列車を待つサイラスの手を握り、サイラスも握り返して列車に乗った。

まとめ 感想レビュー

観てて思ったのが「感情がないって事はロボットと同じじゃん!」て事ですね。

想像してみて下さい。

感情がない世界なんてはっきり言って生きる意味がないし、何が楽しみで生きているの?って思ってしまいますよ。

まあ、遺伝子操作でそれが当たり前の世界なのでそんな事すら疑問に思わないのでしょう。

皆が感情を持ち始めたら暴動やら反発が起きてこの共同体は崩れ去りますしね。

クリステン・スチュワートの透明感がこの映画に合っていてかわいいっすw

撮影の舞台が日本だそうで、建築物が無機質なのもこのシチュエーションにはピッタリでいかにもといった感じで良かったですね。

最後に感情を失ったサイラスがニアの手を握り返したのが救いです。

この先感情を取り戻す可能性という含みがありましたし逃亡する事を選んだサイラスは完全に感情を失ったわけではないという事ですからね。

半島でサイラスが感情を取り戻して幸せに暮らせる事を望みます。

感情を完全に失っているのであれば逃亡当日の朝ニアに「は?何お前言ってんの?」ってなるはずですよねw

まあ、途中退屈な部分も確かにありますが恋愛要素もあるのでカップルで観るといいかも。

  • ストーリー性   ★★★☆☆
  • 映像       ★★★☆☆
  • アクション    ★★☆☆☆
  • ヒューマン    ★★★☆☆
  • 総合点      ★★★☆☆(2.5点)

★5つ(5点)が最高評価




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする