【映画 マン・イーター】ジョーズに匹敵する怖さ!あらすじネタバレ感想レビュー!

スポンサーリンク



ども、アンディです。

今回の映画は「マン・イーター(ROGUE)」です。

2007年のアメリカ・オーストラリア映画でパニック・サバイバル映画。

オーストラリアにある広大な国立公園で小型のクルーズ船で川登りをしてワニの鑑賞をするツアーに出掛けた旅行者達。

ツアーも終わりに近づいた頃に巨大なワニに襲われてしまう。

船は故障し、小さな孤島で帰る方法を模索していく中ワニが一人、また一人と襲っていく。

果たして旅行者達は生き残れるのか?

監督はグレッグ・マクリーン。

主演(キャスト)はラダ・ミッチェル、マイケル・ヴァルダン、サム・ワーシントン他。

ちなみに関連記事はこちら

【映画 アイスブレイカー超巨大氷山崩落】あらすじネタバレ感想レビュー!映像綺麗でした!




マン・イーター あらすじネタバレ

ツアーに出掛ける参加者達

世界中を旅しているライターのピート(マイケル・ヴァルダン)はオーストラリアの奥地、国立公園のワニ鑑賞ツアーに参加する。

ガイドのケイト(ラダ・ミッチェル)が操縦する小型のクルーズ船には10名ほどのツアー客が乗り込み、川を上って行った。

途中、景観や野生のワニを観察したりとツアーを満喫し、帰港中にツアー客が上流で信号弾が打ち上げられたのを発見。

帰りたいという客がいたものの、見過ごす事はできないとガイドのケイトは信号弾が上がった場所へ辿り着くと、沈みそうなモーターボートがあった。

さらに巨大な何かの衝撃でクルーズ船底に穴が開いてしまい、近くの孤島へ避難した。

しかしそこは満潮になると沈んでしまう島であり、早く脱出しなければワニに襲われてしまうとツアー客の男が川に入る。

無線が繋がりそうだと皆がそちらを向くと、川に入った男の姿が消えていた。

恐怖の始まり

そのうちケイトが父親が異変を感じて助けに来てくれるだろうと言い、漠然と過ごしていると、モーターボートが近づいてきた。

モーターボートの2人は音楽を流しており、島にいる人間達の異変に気付いた時に下からワニにアタックされて船は沈んでしまい、1人がワニの餌食となり、もう1人の男ニール(サム・ワーシントン)は島へ避難する。

ニールはここにいたら全滅だと自分が泳いで対岸にロープを渡し、そのロープで対岸へ避難すると提案し、行動する。

最初に渡り始めた女性が途中で止まってしまい、焦ったニールはライトを落としてしまい、拾った瞬間にワニに襲われ消えた。

焦った島にいた親子3人がロープで無理やり渡ろうとしたため、他の客が止めようとするが耳を貸さず、重みに耐えきれなくなったロープは木の幹ごと倒れて川へ落ちてしまう。

慌てて小島へ戻り、父親が謝罪するがその瞬間背後からワニが現れて父親は川の中へ消えて行った。

対岸へ決死の避難

憔悴していく人が増える中、ピートは船にあった錨と救命胴衣でワニを食い止めている間に対岸へ渡ろうと提案する。

餌はどうするかの話で旅行者達はケイトの犬を囮にしようと言うがケイトが断固拒否する。

すると一人の男が鳥の死骸を発見し、それを囮にする事に。

ワニは動いている物しか食いつかない為、ピートが餌を揺らす事に。

そうこうしている間に突然ワニが餌に食いつき、旅行者達は一斉に川に飛び込んで対岸へ向かう。

無事対岸に着いた旅行者達は奥へと先に進んでいった。

ケイトはギリギリまで待ち、犬は匂いが強いので最後にとピートに託して川へ飛び込んだ。

すると急に錨が軽くなり、見るとワニは囮から離れていた。

ピートは犬と川に飛び込みケイトに警告するが、川の中へ引きずり込まれるケイト。

ピートと犬は無事に渡り切ったがケイトが犠牲になってしまった。

ラスト結末

ピートと犬は先に進んでいる旅行者達を追いかけて奥へと進んでいく。

途中、犬が走ってどこかへ向かってしまい犬の鳴き声の元へ進むと、大きな木の下に洞窟があり、そこに瀕死の襲われたケイトが横たわっていた。

そこは巨大ワニの棲み処であり、餌を置いておく場所であった。

犬が何かを察して入口に走って行くと、犬の悲鳴が。

ピートはケイトを抱えて脱出しようとした時に巨大ワニが戻ってきてしまい、身動きがとれなくなった。

犬を食べ、横になって目を閉じたワニの隙を狙って脱出しようと試みるが振り返るとワニがいなくなっており、目の前に現れ襲われるピート。

ピートはケイトを木の根の奥に置き、更にワニは襲い掛かるワニと丸太で格闘するピート。

ピートはワニに指を食いちぎられるが、木っ端で目を攻撃してひるんでいるワニは再びケイトを襲う。

ピートは先が尖った丸太を岩で固定して身を挺してワニをおびき寄せ自らを囮にしてワニは口を大きく開けピートに襲い掛かるがピートの前にあった丸太の先で串刺しになり絶命した。

こうして旅行者やピート、ケイトは救命隊に救出されたのであった。

まとめ 感想

まず思ったのが率直に怖い、恐ろしいですわ。

ワニがいきなり人間や船を襲うシーンが多々あるのですが、その描写がいきなり襲ってくるので心臓に悪かったですよ。

監督の演出は観る側に巨大ワニの恐怖を植え付けるのは見事です。

まるでジョーズを始めてみたような衝撃でしたね。

時間的にも90分ちょいの長さなので飽きる事もなく観れました。

個人的にはケイトとピートに結ばれてハッピーエンドを観たかったのですが、まあ形的にはハッピーエンドで終わったかなと。

史実であればケイトにとっては犬を失ったり、自らの判断で救命に向かって旅行者が命を落とした事には変わりはないので今後苦労するだろうとは思いますがね。

ドキドキ緊迫した映画が観たいという方には是非観てもらいたい作品。

  • ストーリー性    ★★★★☆
  • 映像        ★★★★☆
  • アクション     ★★★★☆
  • ヒューマン     ★★★☆☆
  • 総合点       ★★★★☆ (3.9点)

5つ(5点)が最高評価




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする