映画【インファナル・アフェア】あらすじネタバレ感想レビュー!マフィアと警官の物語

ども、アンディです。

今回の記事はアジアの香港映画の「インファナル・アフェア」です。

マフィアに潜入してマフィア幹部になった潜入捜査官とマフィアに所属し、警察学校からの警察署幹部となった二人の男の物語です。

交錯する二人の男達のそれぞれの葛藤。

果たして二人の運命はいかに?

2002年の香港映画で監督はアンドリュー・ラウ、アラン・マック

二大主演(キャスト)はアンディ・ラウとトニー・レオンという豪華共演です。

アジア映画の代表的な作品と言っても過言ではありません。

インファナルアフェアの意味は「終わりのない地獄」。

あらすじネタバレ感想レビューを。

ちなみに前回の映画記事はこちら

映画【猟奇的な彼女】あらすじネタバレ感想レビュー!チョンジヒョンが可愛い!

スポンサーリンク

インファナル・アフェア あらすじネタバレ

警察に潜り込むマフィアとマフィアに潜り込む警官

マフィアのボスであるサムは新入りのラウ(アンディ・ラウ)を警察学校に送り込み、ウォン警視は同じく警察学校で学んだ優秀な新人の警官ヤン(トニー・レオン)を潜入捜査官としてサムの裏社会組織にスパイとして送り込んだ。

そして10年ほど時が経ち二人とも順調に昇進してゆき、ラウは警察署の幹部になり婚約者もできた。

ヤンはマフィアの幹部となったが、常に死と隣り合わせの生活に疲弊して精神を病んでいた。

心のよりどころは精神科医の女医のリー(ケリー・チャン)であった。

ある日、サムの組織が麻薬取引を行う事となり、お互いにスパイがいるので情報は筒抜けであった。

ウォン警視にサムの情報を送るヤンとボスのサムに情報を送るラウ。

ウォン警視はこの麻薬取引でサム達を一網打尽にする為に大規模な作戦を立てたのであった。

モールス信号を使い、ウォン警視に情報を送る潜入捜査官のラウであったが、ヤンの内通によって取引を中止させたサムであった。

すんでのところで逮捕できなかったウォン警視と麻薬の証拠隠滅をせざるを得なかったサムはお互いに「」がいるという事に気付いてスパイ捜しをする事となった。

ウォン警視の死

お互いにスパイ捜しが始まった。

サムはマフィアの部下たちに本名、銀行口座などの身上書を書かせるように命令した。

一方警察側では内部調査の為にラウを課長に抜擢して内部調査を行う事となった。

マフィアの部下は漢字が書けない者がおり、ラウが封筒に書いて教えると言ったこともあって全員が書いたのであった。

その後、サムがその身上書を持ってラウと映画館で会う事となり、それに気づいたヤンは映画館でサムと接触した男の後を追ったが電話が鳴ってしまい断念する事となってしまった。

一方、ヤンはウォン警視とホテルの屋上で接触するのをラウの命令によってウォン警視を見張っていた警察官の部下にホテルへ行った事がバレてしまう。

途中で気付いたウォン警視とヤンは一緒に居るところを見られたらバレてしまう為、ヤンは屋上のゴンドラを使って一階へと降り、ウォン警視はそのまま上の階に留まった。

エレベーターと階段を使って昇ってくるサムの部下たちに見つかってしまったのは一人でいたウォン警視であった。

彼は暴行を受けてホテルの上から落とされて死んでしまう。

それを目の前でみたヤンはショックのあまり憔悴してしまう。

自分の正体を知っているのは警察学校の亡くなった校長とウォン警視だけであり、ウォン警視が亡くなってしまった今、自分を警察官と解る人間はいなかったからであった。

繋がるラウとヤン

その後、マフィアと警察との間で銃撃戦になり、なんとか逃亡したヤンであったが銃撃を受けていた兄弟分が途中で亡くなってしまった。

絶望するヤン。

ウォン警視の遺品の携帯電話でスパイの男の携帯を鳴らすラウ。

電話に出るヤン。

お互いに取引をしないかと持ち掛けたのであった。

警察官として全うな人生を送る決意をしたラウは死んだ兄弟分がスパイだとして幕引きを図り、ヤンの協力の元で見事に麻薬所持の現場を押さえると同時に追い詰められたサムを駐車場の誰もいない場所で銃撃して殺害したラウであった。

スパイとしてバレるのを防ぐ為のラウの行動であり、全うな人生を歩む覚悟ゆえの行動であった。

皆から祝福されるラウ。

そこに警察署にやってきたヤンはラウに潜入捜査官としての仕事を終わらせる為に自分を警官に戻してもらう為に来たのであった。

しかし、ラウが部屋から出た時にラウの机の上にかつて身上書を書いた時にマフィアの部下に漢字を教えた時の自分の筆跡がある封筒がある事に気付いたのであった。

あの男がマフィアでありサムの部下だったのか」と確信したヤンはその場から姿を消した。

姿が消えたと同時に封筒が出ていたのを気付いたラウは自分の正体がバレたと察知し、はヤンの警察署のデータから身分を消去してしまう。

ラスト

遂に指名手配犯となってしまったヤンは、精神科医のドクターの元を訪れて「自分は本当は警察官だ」と言う。

さらに、ドクターに好意を寄せている事も伝えた。

患者と医師として出会った二人はいつの間にか惹かれ合っていたのであり、彼が安らげる場所はもはや彼女のそばでしかなかった。

その後、ラウの家に一枚のCDが届き、婚約者がラウに問い詰める。

CDの内容はラウがマフィアのボスのサムとの会話であり、ラウがマフィアである証拠であった。

ヤンが送った一枚のCDで事態は急転する。

婚約者は出て行き、ラウは焦燥する。

そこに、ヤンにビルの屋上に呼び出されたラウは従うしかない。

ビルの屋上に行ったラウはヤンに銃を突きつけられて「警察官に戻せ」と言うヤン。

ヤンの言う事を聞くしか道はないラウはそのまま銃を突きつけられたまま警察署に行き、警察官に囲まれそこでヤンはラウの部下に銃撃されて死んでしまった。

ヤンを撃った警官はサムが別に送り込んだマフィアであり、ラウの正体を知っていたのであった。

自分以外にもスパイがいるという事実に驚くとともに、全うな人生を歩みたいラウはそのスパイの部下の警官を殺害したのであった。

その後、警察官である事が証明されたヤンの葬儀が行われ、参列した医師のリーのまえで敬礼するラウ。

ここで物語は終わる。

感想 レビュー

全く正反対の人生を歩んできた悲運の二人の思惑が交差するこの映画は最初から最後まで息のつけない展開が繰り広げられて最後まで魅入ってしまいました。

最後に敬礼したラウの心中はいかがなものであったのか?

様々な議論が起こりました。

観る者によって様々な意見が出ますよねこれは。

緊張感が最初から最後まであり、観る者も最後まで気が抜けないこの作品は本当に素晴らしいですし、アジア特有の何と言うか泥臭い感じというかジメっとした空気感と言うか、それが間違いなく感じられる素晴らしいアジア映画です。

それにトニー・レオンの演技が拍車を掛けてより一層この映画を素晴らしいものにしていると感じましたね。

アンディ・ラウもさすが。

展開が早いので色々と考えさせられるシーンもあり、また観てみたいと思わせられる作品でもありました。

アジア映画の中ではかなり優秀な作品ではないかと思います。

アジアならではの重厚感というかその辺が極限に表されている良い映画です。名作でしょう。

続編やリメイク作品もあるのでチェックしようと思います。

  • ストーリー性   ★★★★★
  • 映像       ★★★
  • アクション    ★★★
  • ヒューマン    ★★★★
  • 総合点      ★★★★

★5つが最高評価

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク