映画【猟奇的な彼女】あらすじネタバレ感想レビュー!チョンジヒョンが可愛い!

スポンサーリンク



ども、アンディです。

今回の映画は「猟奇的な彼女」です。

もともと小説だったものを映画化したもの。

韓国では国民的な大ヒット映画となったこの作品。

「猟奇的」と言うとなんだか怖いサスペンスかなと思いがちですが、この映画での意味は「生意気、いたずら好き」と言ったニュアンスですね。

作者が語呂が良いというだけでつけたのだそう笑

生意気でいたずら好きな心に傷を負った彼女と純粋な大学生の恋を描いたコメディ満載のラブストーリーです。

果たして恋は成就するのか?

2001年公開の韓国映画(日本公開は2003年)で監督はクァク・ジェヨン

主演(キャスト)はチョン・ジヒョンとチャ・テヒョン

チョン・ジヒョンはこの作品で一躍有名になりました。

ではあらすじネタバレを。

ちなみに前回の映画記事はこちら

【映画・最強のふたり】あらすじネタバレ感想レビュー!心温まる感動物語!実話




猟奇的な彼女 ネタバレあらすじ

彼女との出会い

ある日、駅のホームで酔っ払ってホームに落ちそうな女性(チョン・ジヒョン)を助けたキョヌ(チャ・テヒョン)

彼女はそのまま電車に乗り込み、彼女を観察するキョヌの前で彼女が若者に暴言を吐いて座っている男性の頭や服に嘔吐してしまった。

彼女は意識が朦朧としたままキョヌにダーリンと言いながら倒れてしまう。

それを見ていた男性がキョヌに彼氏だったら介抱しろと言い、仕方なく介抱する事になってしまったキョヌは彼女を抱き抱えてホテルで彼女を休ませることにしたが、ホテルの管理人が怪しく思い、警察に通報してキョヌは1晩留置場で過ごす事となってしまう。

その後、彼女に呼び出されては彼女に振り回される事となってしまったキョヌだったが、元々タイプだった事もあり、彼女に徐々に惹かれていく。

キョヌはいとこを亡くしており、いとこの母親が会いたがっていたものの、叔母さんがキョヌを可愛がりすぎるために会う事をためらっていたのであった。

彼女はシナリオ作家志望の学生でした。

彼女は自分の本心をキョヌに見せなかった。

心に傷を負っている彼女

いつも振り回されているばかりの彼女の家に行った時の事。

彼女の父親にもう二度と娘に会わないでくれと言われ、肩を落として彼女の家から出たキョヌは彼女がその後両親と揉めているのを外で聞いていた。

彼女はお見合いをする予定であり反対していたが、しぶしぶお見合いに行く事に。

その場所にキョヌを呼び出した。

彼女が席を立った時にお見合い相手の男性に彼女の扱い方を説明したキョヌは彼女を諦めるために出て行った。

その扱い方の説明は非常に彼女の事を想った人間ではないと説明できない事柄であり、キョヌの想いを知った彼女は付き合う事に。

突然の別れ

ある日、山にデートに出かけた彼女とキョヌ。

彼女が向こう側の丘までここから声が届くのかなぁ?とまた無理難題をキョヌに言ったが、心優しいキョヌは向こう側の山のてっぺんまで登り、彼女に何かを叫んでいるが聞こえない。

そこで彼女は今までのキョヌに対しての接し方や昔の彼氏とキョヌをを重ね合わせている事を山の向こう側にいるキョヌに涙声でしゃべったが、もちろんキョヌには聞こえなかった。

その後、二人でお互いに手紙を書こうという事になり、その手紙をタイムカプセルに入れて木の下に埋めて2年後の今日に再会してタイムカプセルを開けようと約束したのであった。

そして二人は別れた。

約束の2年後

そして2年後。

約束の日に姿を現したのはキョヌだけであった。

キョヌはこの2年間の間に自分を磨く為に努力を重ねて彼女に会うための準備をしていた。

彼女との出来事をキョヌは小説にして反響を呼んだ為、映画化が決まりました。

キョヌは木の下に座り込み、タイムカプセルを掘り起こして手紙を読んだ。

そこで彼女の本心を知る事となる。

彼女が前に付き合っていた彼氏は亡くなってしまい、亡くなった彼氏にそっくりなキョヌの事が気になっていた事。

亡くなった彼氏がしてくれた事をキョヌにさせていた事。

亡くなった恋人の面影ををキョヌに重ねて見ていた事。

彼女が2年後に現れなかったら一歩前に進める勇気がなかった事が手紙に書いてあった。

その後、何回かその場所に訪れたキョヌだったが、彼女がその場所に現れることはなかった。

ラスト

約束の日から1年後に彼女があの木の下に現れた。そこにキョヌはいなかったが一人の初老の男性が一人木の下に座っていた。

男性が言う「この木はその時の木だと思うか?

彼女は多分そうだと言ったが、2人で3年前にタイムカプセルを埋めた木は落雷で焼け落ちてしまい、代わりにキョヌがこの木を植え、彼女が迷わないようにしている事を彼女に伝えた。

キョヌの想いの大きさに涙する彼女。

彼に連絡を取ろうとしても携帯番号が変わっており、コンタクトがとれない。

その後、すれ違いの日々が続く彼女とキョヌであったがある日、亡くなった恋人の母親から連絡があり、男を紹介したいと言う。

しぶしぶ言った彼女の前に現れたのはキョヌであった。

そう、亡くなったのはキョヌのいとこであり、彼女に男を紹介したいと言ったのはキョヌの叔母さんだった。

そこで彼女とキョヌはお互いに手を繋いで見つめ合う二人。

こうしてやっと二人の恋が成就したのであった。


感想 レビュー

もうね、チョンジヒョンが可愛すぎるの一言笑

最初から最後まで笑いあり、涙ありのラブコメディなので画面に釘付けとなってしまいましたよ。

テンポよく進むので観ていて飽きないです。

最後は涙で締めくくりましたね。

純粋な青年のキョヌと心に傷を負いキョヌのおかげでやっと一歩前に進むことができた彼女が結ばれて本当に良かったですよ。

見事なハッピーエンドとなってなんだか嬉しい気持ちになりました。心が温まる映画。

運命というものは努力した人に偶然という橋を架けてくれる

作中に出てくる言葉ですがまさにその通りだと。

ただ、たびたび彼女がキョヌを殴るシーンがあるのですが、今の時代ならDVにあたりそうですがね。

韓国で国民的な大ヒット映画になったのも納得。おすすめ。

恋人と観てはどうでしょう?

  • ストーリー性  ★★★★☆
  • 映像      ★★★☆☆
  • アクション   ★★★☆☆
  • ヒューマン   ★★★★☆
  • 総合点     ★★★★☆

★5つが最高評価




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする