【映画】ゼログラビティの迫力映像がすごい!あらすじネタバレ

ども、アンディです。

今回は映画ゼログラビティ(GRAVITY)のあらすじネタバレと感想を。

ゼログラビティの意味は「無重力」。英語版だとグラビティ「重力」のタイトルになっています。

地上から600kmの宇宙空間でトラブルによってシャトルが破壊され、宇宙空間に放り出されてしまった2人

宇宙服の中にある酸素量はあとわずか。果たして2人の運命は?地球へ帰れるのか。

2013年公開のアメリカ映画で監督はアルフォンソ・キュアロン

サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー出演。

ちなみに前回の映画記事はこちら↓

【映画】アルマゲドン ラストが泣ける!歌も良い!あらすじネタバレ

スポンサーリンク

ゼログラビティ あらすじネタバレ

船外作業中にトラブル

ベテラン宇宙飛行士マット・コワルスキー(ジョージ・クルーニー)ライアン・ストーン博士(サンドラ・ブロック)シャリフの3人はスペースシャトル「エクスプローラー号」の外で船外作業を行っていた。

そんな時にロシアが自国の衛星を爆破し、その影響で他の衛星に爆破した衛星の破片が当たり、連鎖的に爆破して破片が宇宙空間に飛び散るという現象(スペースデブリ)が起きてしまう。

地球からすぐにシャトルに乗って避難しろという指示があったが、ライアン博士が作業に手間取ってしまい、間に合わずに破片が次々と飛んできてシャトルが大破してしまった。

マットとライアンは直撃を免れて助かったものの、シャトルの中にいた乗組員は即死。

外で同じく作業をしていたシャリフは頭部に破片が直撃して即死してしまった。

初のスペースミッションに参加していたライアン博士はパニックになり、必要以上の酸素を消費してしまい、酸素の残量が残り少なくなってしまった。

地上との交信も途絶えてしまった。

マットライアンを紐ではぐれないように結び付け、落ち着かせようと家族の話をする。

しかし、ライアンは過去に幼い娘を亡くしており、いい思い出はなかった。

生き残る手段

地球へ帰還する予定だったシャトルは破壊され、酸素の残量もあと少ししかない状況で絶望的な状況となってしまった2人。

マットはベテラン飛行士らしい案を出す。

それは100km先にある離れている国際宇宙ステーション(ISS)に行く事を提案した。

ISSへ向かう2人。

しかし、そのISSソユーズでは地球に帰る事ができない状態になってしまっていたが移動は可能であった為、ISSの近くにいた中国の宇宙ステーション「天宮」で地球へ帰るという計画を立てた。

つまり、ISSに乗って中国の宇宙ステーション「天宮」まで移動して「天宮」で地球へ帰るというものであった。

そして、ISSまであと少しのところで移動手段の船外活動用の噴射機が燃料切れを起こしてしまい、減速ができなくなってしまった。

スピードが落ちることなくISSに向かって行く2人はなんとかISSに乗り移ろうと機体に捕まろうとするが失敗。

かろうじてライアン博士の足がすでに開いてしまっていたパラシュートの紐にひっかかっていたものの、マットライアンがかろうじて掴んでいるロープで持ちこたえていた。

このままでは2人とも宇宙空間へ放り出されてしまう

そこでマットがとった行動ライアンが掴んでいるロープを外してライアンを助ける選択をとったのであった。

ロープを外したマットは宇宙空間へ放り出されてしまう。

ライアンとの通信が途絶えてしまうまでマットライアンに地球へ帰る算段を伝え続けた。

ISS内部でまたトラブル発生

酸素の残量もゼロになり、意識が朦朧としながらもかろうじてISSの内部に辿り着く事に成功したライアン。

船内で酸素を存分に吸って体を回復させていた所ISSもスペースデブリの影響火災が発生してしまう。

火災が広がった為、ソユーズ(ISSの宇宙船)に移り、遮断措置をして火災に巻き込まれるのは防げたものの、ライアンは宇宙船を操縦した事はなく、訓練経験しかなかった。

マニュアルを手に取り、さあ、あとは「天宮」まで移動して乗り移って地球に帰るだけだと思った矢先、パラシュートがISSに絡まっており、ソユーズは離脱できなくなっていた。

船外に出て、なんとかパラシュートを外して再び離脱を試みたものの、離脱できなかった。

なぜならソユーズは燃料切れを起こしていたのであった。

地球との交信を試みるライアン

しかし、繋がったのはアニンガという英語が通じない女性に繋がっただけであった。

アニンガの側で吠える犬と赤ちゃんの泣き声が聞こえ、ライアンは「もうすぐ天国の娘に会える」とネガティブな発想をしてしまい、ソユーズ内の酸素供給を遮断して自ら命を絶とうと目を閉じた。

酸素は少なくなってきて意識が朦朧としてきた時にソユーズの窓をノックする音が聞こえ、振り向くとそこには何とマットがいた。

マットは言う「ここにいるか地球に帰るのか、娘が死んだ以上の悲しみはない」と。

逆噴射装置を使えば「天宮」まで行けるとアドバイスした。

我に返ったライアンの横にはマットはいなかった

それはライアンが見た幻(夢)であった。

あきらめてはいけない。希望を捨ててはいけない」奮起したライアンは逆噴射装置を使い、見事に「天宮」まで辿り着いたのであった。

「神舟」で地球へ

天宮」に近づいたライアンは、ソユーズの外に出てISSでの火災で使った消火器を噴射させ、「天宮」に乗り移る事に成功した。

天宮」にある宇宙船「神舟」に乗ったライアン。

全て中国語で書いてある説明に少し戸惑ったが、ネガティブなライアンはマットのおかげで生きる希望を持っており、ソユーズと同じ操作をしたところ、見事に離脱に成功。

ライアンの乗った「神舟」は地球へと向かった。

いよいよ大気圏に突入するところでライアンは言った。「無事に帰還して皆に奇想天外な話を聞かせるか10分後に焼け死ぬか。いずれにしよ最高の旅よ」と。

無事に大気圏を突き抜ける時に地上から「救助の準備はできた」と通信が入った。

湖に着陸した「神舟」は沈んでいったが、ハッチを開けて泳いで湖面まで浮き出たライアンはすぐ近くにあった岸に辿り着いた。

グラビティ(重力)を感じながら陸に上がるライアンは地球に帰還した喜びを噛みしめるのであった。

まとめ

日本のタイトルゼログラビティ(無重力)であるが原作のタイトルグラビティ(重力)になっています。

これは地球に帰還した時のライアンが重力を感じるシーンがあるので何故日本版のタイトルに「ゼロ」をつけたのか疑問に思いましたね。

無重力空間から帰還して泳いでからの陸に上がり重力を感じる(喜び)というラストからしてただの「グラビティ」でいいのでは?と思います。

登場人物が2人だけ(まあ、死体は何体か出てくるが)でこのクオリティはすごい。

ライアンソユーズ内でマットの幻を見たシーンライアン宇宙服のヘルメットを被っていないのにマットが船内に入ってきたのでこれってライアン気圧で死ぬでしょ。と思ったらやっぱりだったのね。

しかし、なにより素晴らしいのは宇宙空間での無重力での人間の動き繊細に表現されていて、宇宙ってこんな空間なんだなぁと思わずうなってしまいました。

大スクリーンで見たかった!

この映画の映像は間違いなくSF映画史上で3本の指に入る作品だと思います。

泣けるシーンはほぼないです笑

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする