【映画 エリジウム】あらすじネタバレ感想レビュー!医療用カプセルがすごすぎる!

スポンサーリンク



ども、アンディです。

今回の映画記事はSF映画『エリジウム(Elysium)』です。

2013年公開のアメリカ洋画でして、監督はニール・ブロムカンプ。

近未来、大気汚染と人工増加によって地球は荒廃してしまったいた。

貧富の差が激しく、富裕層は宇宙にあるスペースコロニー「エリジウム」で快適に暮らしており、完全に人類は二分化してしまっていた。

貧困層であったマックスは、ある日仕事中の事故で全身に大量の放射線を浴びてしまい、余命5日と宣告される。

治す為にはエリジウムにある医療カプセルで治す以外方法がなかった。

こうしてマックスは仲間とエリジウムへ向かう事を決意した。

果たしてマックスの未来は?地球で暮らす貧困層達は?

主演(キャスト)はマット・デイモン、ジョディー・フォスター。

あらすじネタバレを。

ちなみに前回の関連記事はこちら

【映画 ロスト・エモーション】感情のない世界の未来は?あらすじネタバレ感想レビュー!




エリジウム あらすじネタバレ

汚染された地球とエリジウム

近未来の地球は大気汚染と人工増加によって貧困層は劣悪な状況で暮らしていた。

一方、一部の富裕層達は地球の軌道に乗った巨大なコロニー『エリジウム』で快適に暮らしている。

一家に一台あるどんな病気でも治してしまう医療用ポッドを持ち、緑があるコロニーは理想郷であった。

少年マックスはフレイという少女と子供時代を過ごした貧困層の一人でフレイに必ずエリジウムに連れて行ってあげると約束をしたのであった。

そして、時が経ち大人になったマックス(マット・デイモン)は車を盗んだりして暮らしていたが、エリジウムを造った工場で現在は働いていた。

マックスが事故に遭う

そんな中、過去の犯罪によって監視ロボットに職務質問され、バッグを見せるのを冗談で拒否したところ、ロボットに腕を折られてしまう。

腕を折られてしまったマックスは、病院で幼馴染のフレイと再会した。

再会を喜んだ2人であったが、フレイには幼子がおり、その子は白血病を患っていた。

マックスは骨折していたが次の日仕事に行き、仕事中の事故で致死量の放射線を浴びてしまい、余命5日だと宣告されてしまう。

マックスは医療用ポッドがあるエリジウム行きを決断し、エリジウム行きの手配をしている闇業者のグループに頼んだ。

その頃エリジウムでは防衛長官のデラコート(ジョディー・フォスター)が自らトップになる為にクーデターを企て、マックスの働いていた工場のCEOカーライルにエリジウムのシステムを書き換えるデータを脳内に入れエリジウムに来れば契約を延長すると持ち掛けた。

エリジウムへ

マックスは手配した闇業者から「エリジウム住人のアクセスデータ」と引き換えにエリジウム行きが認められ、手術して神経へと繋がる「エクソスーツ」を装着する。

そして、CEOカーライルの脳内データを狙って襲撃し、強化スーツのおかげで見事にカーライルからクーデターのデータを自らの脳内へコピーした。

デラコートがその動きに気付いて地上へいた傭兵のクルーガーにカーライルを助けるよう指示を出したカーライルは死んでしまう。

マックスがデータを持っているため標的になってしまい、フレイの家に避難した。

しかし、クルーガー達がやってきてフレイと娘はは拉致されエリジウム行きのシャトルに乗せられてしまったが、マックスが脳内のデータと引き換えに自らエリジウムへ行く事となった。

しかし、到着寸前にクルーガー達はマックスを襲い、意識を失ってしまい、クルーガーには瀕死の重傷を負わせたが部下に医療用ポッドに入れてもらい一命をとりとめた。

ラスト結末

意識を取り戻したマックスはベッドの上で拘束されており、デラコートにデータを抜き取られている最中であった。

マックスは力づくで拘束具を外すと闇業者のボスとフレイを救出に行く。

デラコートは復活したクルーガーに襲われて死亡。

そして、マックスとクルーガーは死闘の末見事にクルーガーを倒した。

エリジウムの制御室に入ったマックスは闇業者に「脳内のデータを抜き取ると死ぬぞ」と言われてしまうが、マックスの脳内には地球の全住民がエリジウムの住人として認識されるようになるデータである為、自らの死と引き換えにデータをアップロードした。

息を引き取ったマックスであったが、当然フレイの娘もエリジウムの住民として認識され、医療ポットで白血病を完治したのであった。

まとめ 感想レビュー

まず思ったのが医療用ポッドの威力がすごすぎます笑

一瞬でどんな病気や怪我も治ってしまうというこの機械が地球においてあれば、エリジウムへ行こうとする不法移民達もいなくなるでしょうし、地球で住む貧困層も助かるしお互いに損はないはずなのに何で?と思ってしまいました。

ストーリー的には自らの命と引き換えにしたマックスでしたが、幼少期にフレイに必ずエリジウムへ連れていってあげるという約束は叶えたわけで、そこはよかったなぁと。

戦闘シーンはハイテクな機械が出てきて私的には面白かったですね~

ただ、全体的を通して退屈感があるのは否めなかったですね、淡々と進みドキドキハラハラする展開がほぼなかったので。

SF好きは観てみてもいいかも。

  • ストーリー性   ★★★☆☆
  • 映像       ★★★★☆
  • アクション    ★★★☆☆
  • ヒューマン    ★★★☆☆
  • 総合点      ★★★☆☆(3.5点)

5つ(5点)が最高評価




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする