【オールドボーイ】映画 監禁された男の衝撃の結末 あらすじネタバレ感想

ども、アンディです。

今回の映画の紹介は「オールドボーイ(OLDBOY)」です。

2003年に公開の韓国映画でして、原作は日本の漫画「ルーズ戦記 オールドボーイ」でして、この漫画の韓国版といったところでしょうか。

数々の賞を受賞したこの作品は必見です。

監督はパク・チャヌク

チェ・ミンシク、カン・へジョン、ユ・ジテ出演。

舞台は韓国。ある普通の家族を持った男がいきなり監禁されてしまう。

解放された時には15年の年月が経過していた。

何故監禁されたのか?衝撃のラストに待ち受けているものは?

では、あらすじネタバレ感想を。

ちなみに前回の映画記事はこちら↓

【インターステラー】ただのSF映画ではなかった あらすじネタバレ感想

スポンサーリンク

オールドボーイ

監禁されるオ・デス

オ・デス(チェ・ミンシク)は普通の家庭を持っており、幸せに暮らしていた。

ある日、酔っ払って警察署に連行されてしまった。

その日は娘の誕生日であった。

親友であるジュファンに迎えに来てもらい、帰りに公衆電話で家族に電話を掛けるオ・デス

愛娘に「すぐに帰るからね」と言い、ジュファンに電話を代わるオ・デス

オ・デスの娘と奥さんと話をしている最中にオ・デスは忽然と姿を消してしまった。

目が覚めたオ・デスがいた場所は見知らぬ部屋の中であった。

シャワーやテレビがついており、設備は整えられていたものの、外には出ることができない

ここからオ・デスの長い監禁生活が始まる。

長い監禁生活

監禁生活は、定期的に出される餃子定食を食べ、音楽が鳴ると睡眠ガスが部屋に充満して眠ってしまうという日々。

ある日、テレビでオ・デスの妻が何者かに殺されてしまったというニュースが流れる。しかも犯人は夫であるオ・デスだと報道された。

発狂するオ・デスが自殺を図るがその都度眠らされてしまい、死ぬことが出来ない。

壁に絵を描き、その相手を想像して殴ったり、トレーニングをして気持ちを紛らわせていた。

そんな事をして過ごすしかなかったオ・デス

監禁されている時間を手に刻み耐えるオ・デスだったがある日、定期的に出される餃子定食の箸が3本入っていた。

その1本の箸で壁を掘るオ・デス

あと少しで外まで出られるほどに穴は大きくなっていた。

監禁から開放されたオ・デス

脱出まであと少しのところであったが、催眠術をかけられてオ・デスは遂に開放された。

開放された場所はあの最初に監禁された場所であった。

監禁されてから開放されるまでの月日は何と15年という歳月が経過していた。

街をふらついていると、見知らぬ浮浪者から携帯電話と財布を渡され浮浪者は「俺の事は何も聞くな」と言い去っていった。

思いついたようにオ・デスは日本料理屋に入った。

そこで、浮浪者に渡された携帯電話が鳴る

電話の相手は監禁した人間であった。怒りを抑えて話をする。

そこの女性料理人ミド(カン・へジョン)に生きたものを食べたいと言い、出された生きているタコをほお張り気を失ってしまうオ・デス

目が覚めると料理人のミドの家で彼女に介抱されていた。

興奮して彼女を襲うが抵抗されて彼女の家から出ようとするが、彼女は監禁された理由を突きとめようとするオ・デスの協力をする事にした。

彼女の心の中で同情なのか愛情なのか感情が生まれていた。

監禁場所を突き止めるオ・デス

監禁されていた時に毎日食べていた餃子をヒントに餃子の店を渡り歩き、ついにあの餃子を突き止め、出前に行く餃子屋の店員の後を追い、監禁されていたビルを突き止めた。

何故15年も監禁されたのか」「何故自分が監禁されたのか

そんな思いと怒りでビルに乗り込んだオ・デスはビルの中で監禁していた関係の男達と大乱闘を繰り広げ、ついにビルの管理人と対峙する。

その男を拷問してついに首謀者に辿りつくことに成功した。

首謀者はウジン(ユ・ジテ)という見知らぬ男であった。

その首謀者は言う。

「何故自分がオ・デスを監禁したのか。その理由が判明したら自分が死ぬ。もしわからなければオ・デスとミドを殺す」

その回答期限は5日だと言う首謀者。

そこから監禁された理由を突き止める為に記憶と友人の話を聞きに行く事となるオ・デスであった。

お互いに惹かれあっていたオ・デスとミドは愛し合い、関係を持った。

監禁された理由

監禁した首謀者のウジンがかつて高校時代の後輩だと気付いたオ・デスは昔の記憶を辿って高校時代に過ごした場所に話を聞きに行くとともに記憶を辿っていく。

徐々に思いだしてゆく高校時代の出来事

親友のジュファンも高校時代の友人であった為、オ・デスに協力したが、ウジンに殺されてしまう。

そして、時計屋のおばさんと話をした時に記憶が鮮明に蘇った。

高校時代の当時、ウジンは実の姉を愛しており教室で愛し合っていたところを目撃してしまったオ・デス

それを友人に話してしまったところ、噂が広まってしまい耐えられなくなったウジンの姉はダムに身を投じて死んでしまった。

実の姉を愛していたウジンはそれからオ・デスを憎むようになり、オ・デスに復讐する事を誓ったのであった。

オ・デスを監禁している最中に細工をして妻殺害の容疑者に仕立て上げたのも復讐の1つであった。

衝撃の結末

自分が監禁された理由を突き止めてウジンの住む高級ビルに向かうオ・デス

もちろんオ・デスウジンを憎んでおり、15年間監禁された復讐をする為にウジンに会いに行ったがウジンが言った。

目の前にある箱を開けろ」と。

その箱には家族の写真が収められているアルバムが入っていた。

オ・デス妻と幼い愛娘が写っており、ページをめくると娘の成長した写真があった。

小学校高校、と成長した娘の写真が収められており、最期のページでオ・デスは驚愕する

その最期のページにはミドが写っていた

ミドは何とオ・デスの娘だったのである。その娘と愛し合ってしまったオ・デス

その時にミドオ・デスが監禁されていたビルにおり、オ・デスが見たアルバムが同じように置かれていた。

ウジンミドにそのアルバムを見せようとするが、オ・デスミドに「絶対に見ないでくれ」と電話で伝え、自らの舌を切りウジンに懇願した

ウジンの復讐は果たされ、もう生きる意味を無くしたウジンは約束通り拳銃を使って自殺した。

その後

その後、自ら催眠術をかけてもらい記憶をなくしたオ・デス

雪が降りしきる中、林で倒れていたところにミドが現れてオ・デスに「愛してる」と言って物語は終了した。

まとめ感想

いやぁ、最後の復讐には驚かされました。

まさかオ・デスとミドが親子だとは。

ウジンは自分が兄弟間で愛し合ったのを広められ(実際には広めたのはジュファンであるが)無理やり親子間で愛し合わせるという一生償いきれない十字架をオ・デスに背負わせる復讐をしたのはすごい。

これはまさに大どんでん返しというやつですね。

想像していませんでした。

せめて、ミドオ・デスが父親だとは気付かずに記憶を無くしたオ・デスと幸せに暮らすことがせめてもの救いかなと。

これは原作の日本の漫画を観てみたいですね是非。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする