【映画】MEMENTO(メメント) 逆再生を時系列で解説とあらすじ

ども、アンディです。

今回の映画記事は「MEMENTO(メメント)」。

2000年公開のアメリカ映画でして、監督は奇才クリストファー・ノーラン

この映画を観てもらえばわかると思いますが、ラストのシーンから始まってだんだんと物語が遡っていくという映画になっていて、非常に斬新です。

しかし、物語が非常に複雑でして、1回観ただけでは私は理解ができませんでした

多分、多くの人が???となると思います。意味がわからないよと。

2回観てなんとなく理解できましたが。

観れば観るほど面白い作品になっていると思いましたね。

10分しか記憶ができない男」が時にはメモを取り、時にはタトゥーとして体に刻み、妻を強姦して殺害した男に復讐するというストーリー。

そこに関わる2人の人物。彼らの言っている事はウソか本当か

どんでん返しもあり、観れば観るほど味がでますよこの映画は。

メメントを観て理解ができなかったりわからなかったという人に説明していこうと思います。

時系列が逆ですと説明が難しいので時系列順に解説していこうと思います。

ちなみに前回の映画記事はこちら↓

【映画】パッセンジャー ネタバレあらすじ感想 あなたならどうする?

スポンサーリンク

メメント あらすじ解説ネタバレ

妻が強盗に襲われて夫も怪我をする

ある日、レナードの妻が強姦にあってその後殺害されてしまう。

その時にレナードは犯人に頭部を殴られて「10分間しか記憶ができない」という障害(前向性健忘)を負ってしまった。

10分後には何をしていたのか思い出せなくなるのであった。

その為、時にはメモを取りポラロイドカメラで撮影した写真などを頼りに復讐という目的を果たそうとした。重要な事は体にタトゥーとして体に刻み込んだ。

※その後の物語が進んでいくうちにテディという男から事件の真相を知り、記憶がなくなってしまうレナード妻の持病である糖尿病のインスリン注射を続けてに打ってしまった事が原因では亡くなったという事がわかる。

しかし、レナードは自分が妻を殺してしまったという記憶を自分の防衛本能からすり替えてしまい、犯人に強姦されて殺害されたという記憶しかなかったのであった。(レナードを殺害したという事実を分かってしまったらレナードはもう生きる意味がないと思ったゆえの記憶のすり替えだと思います。)

そこで、犯人に復讐するという目的だけが彼に生きる意味を見出だしていたのである。

その復讐の手助けをするのがテディという男であった。

悪徳警察官テディ

テディという警察官(多分)に、レナードの復讐相手ジョン・Gという男を捜してもらったレナードは、ジョン・Gという男を殺して復讐を成し遂げたのであった。

しかし、復讐を終えたレナード犯人の写真を捨ててしまう。

復讐を成し遂げたレナードはこれ以上生きる意味をなくしてしまうし、記憶が10分しかもたないレナードを麻薬取引などに繋がりがある悪徳警察官のテディはこいつを利用できないかと考え、新たな復讐相手を作り上げる事にする。

2人の利害が一致した事で再びテディジョン・Gを作り上げたのである。

レナード復讐を終えた事など忘れてしまうのだから。

こうしてレナードを強姦されて殺害されたジョン・Gに復讐をする、テディは麻薬取引によって得る金を横取りできるという図式ができあがった。

新たな(偽者)のジョン・Gに復讐を始める

テディは、それらしい人物の証拠をレナードに教え、調べさせたところで麻薬の取引場所にその人物に来るように仕向け、レナードもそこに向かわせた。

しかし、本物のジョン・Gはすでに1年前レナードが殺害して復讐を果たしていたが、テディの企ジョン・Gだと思っていた男はジミーという男であった。

ジミーレナードに殺される前に「サミー」という名前を言ったのでレナードは不審に思い、テディに問い詰めたところ、テディはどうせレナードは10分で忘れてしまうだろうと真実を話した。

もう復讐は1年前に済んでいる事とレナードの妻を殺害したのはレナードであると。

前述に戻るが、復讐を果たしてしまったのならもうレナードには妻もいないし仕事もできないので生きる意味がない

そこで、テディの言う真実を信じないようにする為に彼の写真を撮り、「ヤツのウソを信じるな」とメモしたのであった。

こうする事によってレナードはまた復讐を続ける事ができる(生きる意味を見出せる)のであった。

テディの真実を受け入れられないレナードは次のターゲットをテディに定めたのであった。

その後、レナードTHE FACT6真実その6)としてテディの車のナンバーをタトゥーとして体に刻んだ。

サミーとはレナードと同じ症状を持った人物で実在するが、サミーには妻などおらずサミー糖尿病のサミーの妻にインシュリン注射を短い時間帯で連続して打って殺してしまったと記憶のすり替えをしていた。

それによってレナード自分の罪悪感を本能的に消そうをしていたのであった。

ナタリーと出会う

ナタリーレナードが殺害したジミーの女ジミーを殺害した時に彼が着ていたスーツのポケットに入っていたコースターの店でバーテンダーをしていた。

ジミーが仕入れた麻薬をバーで売りさばいていたのがナタリーであった。

ジミーのジャケットを着てジミーの愛車のジャガーでそのバーへと向かったレナード

その姿を見たナタリーは、ジミーが襲われたことを悟り、レナードと話をしていたところ記憶がなくなってしまうという事知って彼をを利用できないかと考える。

ジミー最後の取引相手がテディである事を知っていたナタリーは、テディへの復讐の前にジミーの取引仲間のドッドという男から自分が持っている麻薬と身を守る必要があった。

うまくいけば麻薬と金を横取りできると。

そう考えたナタリーはしばらくレナードの復讐の協力者のフリをして機会を伺う。

そこでナタリーはドッドに「20万ドルと麻薬はレナードという男が持っている」とウソの証言をしてレナードドッドを殺害させようとする。

そして、記憶がなくなるレナードをうまく操りドッドを街から追い出す事に成功する。(途中でレナードは何故ドッドを殺害しようとしていたのか忘れてしまった為に街から追い出すだけとなった)

テディを殺害

ナタリージミーの最後の取引相手テディだと知っていたので当然取引された20万ドルはテディが持っている事を知っていた。

一方、ナタリーが麻薬を持っている事を知っているテディ

更にジミーを殺された事への復讐の為にレナードの協力をしてテディ殺害の手助けをする。

THE FACT6真実その6)で体に刻んだタトゥーの車のナンバーの持ち主と運転免許証のコピーレナードに渡してレナードは「こいつが犯人だ」と思い込んで最後にテディを殺害したのであった。

まとめ

いかがでしたか?ある程度は解ってもらえたでしょうかね。

記憶が10分でなくなってしまうレナードを利用したテディとナタリー

記憶は無くしてしまうが、生きる意味を失わない為に復讐を続けるレナード

レナードに同情してしまいがちですが、レナードは復讐を果たした時にポラロイドで写真を撮っており、「復讐は終わった」とメモをすればそこで何人も殺害する事はありませんでした。

しかしレナードはそれをせずに写真をその場で燃やしてしまう場面もあり、どうせ10分経てば殺した事は忘れてしまう。また復讐を続ければいい。

と思っていたのです。

レナード自身が復讐を「ゲーム」のような感覚で行っていたのかもしれません。

解説を読んだ後にこの映画を観てみても面白いと思いますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする