【サーフィン】新年一発目の初乗りはRASHのニューウェットでグッドウェーブ!

スポンサーリンク



ども、アンディです。

新年一発目は伊豆の吉佐美の入田浜でサーフィンしてきました。

正月の暴飲暴食でなまった体を引き締める為にもこの日はガッツリとやる気で気合MAXで伊豆へ。

朝6時出発。

この日は注文していたRASHの5×3ミリのウェットスーツができたとの連絡があり、取りに行く目的もあったんですよ。

というわけで、比較的暖かい朝に出発し、7時半に白浜に到着。

ニューウェットゲットしました!!

税込み90,200円!!

安くはないですが、RASHの5×3のウェットスーツは10万オーバーがザラなので安い方なんですよ~限定品でお得なウェットなんです。

そして、白浜の波が微妙だったので南下。

吉佐美へ。

多々戸は激混みだったので入田浜へ。

ちなみに関連記事はこちら

【サーフィン】令和3年度の目標をたててみる!波乗り日数と意識が大事!




2021.1.17 入田浜サーフィン

波チェック

入田浜に到着し、波チェック。

まずはメイン。

サーファー数名入っていますが、割れずらい波でイマイチ。

モモ~腰サイズ。

続いて右側

腰近いうねりが入ってきてはいるものの、こちらも割れづらい波質。

もいっちょ右側

割れづらいですが、何とかテイクオフはできてます。

右奥は

右奥は割れておらず。

満潮の時間帯なのでここから干潮に向かっていく時間で多少割れる波が増えてくるだろうと思い、新しいウェットスーツが早く着たいので入田浜右側で入る事に決定♪

入田浜右側ビーチで波乗り

早速NEWウェットスーツを着てみます。

ロングチェストジップのタイプのウェットでまず両足を突っ込んでネック部分を後ろから頭から被って全面の胸前のジップを締めるというもの。

後ろ側の画像

カッコイイですね~♪

生地が柔らかいのでかなり着やすいです。

もちろんフルオーダーなのでサイズもピッタリ。

純粋にウェットの能力を試したかったのでホットジェルは塗らずに入水。

時刻は8時。

先客のサーファーは右側には2人のみ笑。

ほぼプライベートビーチですよ貸し切り!

波質はたまに来る形の良い波を狙って切れ目から乗れば早いですがフェイスが張った波質でショートライド可能。

サイズは小さいながら楽しめます!

そしてニューウェットスーツなんですが、これがすごいっす。

ロングチェストジップ様のおかげか肩回りが余裕があり、ストレスが全くありません。

しかも全体の素材も柔らかいので全くのストレスフリーでして、テイクオフからの初動が自分でもビックリするぐらい楽チン。

これは買って良かったわあ~

テンションMAXです。

冬によくありがちなのが2時間ほどサーフィンしていると体が冷えてきてパフォーマンスももちろんテンションも下がるので海から上がるパターンだったのですが、この日は全く寒さを感じずに最後までサーフィン。

潮がひいて波がなくなってきたのでサーフィン終了。

上がった時間が11時半なので3時間半のサーフィンでした。

まとめ アンディ波乗りカウンター

1月17日の時点で2021年の波乗り日数は1日(目標60日)

まあ、初乗りなので当然ですわな。

しかし、アンディは思いました。

最高級のサーフギアは神だと。

何故もっとRASH様に出会わなかったのかと後悔。

冬の海で暖かいにこしたことはない。これからはサーフギア(ウェット、板、ブーツなど)には金をかけようと誓った初乗りでありました。

冬でもいつもと変わらないパフォーマンスが出来た事にテンション上がりましたし、これは冬でもガンガン海入れますわ笑

3時間半のサーフィンで全く寒さを感じないとは驚きですよ。

ちなみに素材が柔らかいので上がった後の着替えも秒で終わりましたよ♪

サーフィン最高!!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする