【映画】ガタカ(Gattaca) ネタバレあらすじと感想 映画好きは観るべし

アメリカ映画「ガタカ」を観てのあらすじネタバレと感想を書いていこうと思います。

監督はアンドリュー・ニコルで1997年に公開。106分洋画。

私の好きな部類のSF映画だったので借りて観てみました。

ちなみに前回の映画感想はこちら↓

『【映画】Avatar(アバター)のあらすじとネタバレと感想 名作』

スポンサーリンク

ガタカ あらすじネタバレ

前フリ

近未来。

遺伝子操作を行い優れた遺伝子を持つ「適合者」と普通の性行為によって生まれた劣った遺伝子を持つ「不適合者」の2つの人間には社会的に大きく分けられてしまっていた。

適合者に不適合者が体力や知力において優れているはずもなく、適合者達に常に見下されて生きてきた。

ヴィンセント(イーサン・ホーク)は両親の間に生まれた不適合者であった。

生まれつき体が弱く、寿命も30年と言われてしまう。

そのため、遺伝子操作によって出来た弟、アントン(ローレン・ディーン)を溺愛するようになる。

もちろん適合者のアントンに体力的にもかなうはずがなかった。

ある日、度胸比べをしていつも負けていたアントンにやけくそで勝ってしまう。

そこで不適合者である自分にも可能性があるのではと感じ始めるヴィンセント。

いつしかヴィンセントは宇宙に行く事を目指し、宇宙飛行士になる夢を持ち始めた。

大人になり、家を出るヴィンセント

両親にはお前は不適合者なのだから宇宙飛行士の夢を諦めろと言われたが、諦めきれなかったヴィンセントは家を出て仕事に就く。

当然不適者であるため、いい仕事には就けずガタカ(宇宙局)へ出入りができる清掃員として働く。

そんな時、適合者に成り済ませるという噂を聞いたヴィンセントはブローカーと接触する。

ブローカーに元水泳選手であり、交通事故で半身不随の身となったジェローム・モロー(ジュード・ロウ)を紹介してもらう。

ヴィンセントはジェロームから血液や尿、髪の毛などの生物IDを提供してもらい、ジェロームになる事を決意する。

血液や尿のサンプルをジェロームから提供してもらい、生態IDの検査をくぐり抜けて遂に「ガタカ」の局員になることに成功した。

念願の宇宙飛行士になる夢に近づいたのである。

それからはジェロームと共同で生活する事となった。

ガタカの局員として働く

念願のガタカの局員となり、毎朝の出社での血液検査、尿検査をレイマー医師(ザンダー・バークレー)に提出することで適合者としての勤務をすることになったヴィンセント。もちろんジェローム・バローとして。

自宅では自身の生体IDのサンプルのストックを造っている本物のジェローム。

毎日爪、垢、抜け毛などを処分するヴィンセント。

2人3脚での生活が始まった。

その後、ヴィンセントは努力を重ね、優秀な成績を収め続け、遂に宇宙飛行士に選出される。

土星へ行くタイタンに乗船する事が決定したのである。

同僚のアイリーン(ユマ・サーマン)からも一目置かれる存在となったのである。

殺人事件が起こる

出発まで1週間。

あとは宇宙船に乗るためにジェロームとして過ごせていればよいヴィンセントであったが、ガタカの社内で殺人事件が起こってしまう。

髪の毛や爪、肌の垢などの最新の注意を図っていたヴィンセントであったが、自分のまつ毛が現場近くで検出されてしまう。

もちろんヴィンセントのまつ毛だと不適合者であり、容疑者としてヴィンセントが挙がる。

慌てたヴィンセントだったが、本物のジェロームに説得されて宇宙出発までジェロームとして振舞うことに。

この頃から下半身不随のジェロームはヴィンセントの夢を自分の夢と思ってゆく。

そんな時にアイリーンとデートしたヴィンセント。

まさかの検問にもコンタクトレンズを外して(適合者は目が良いためコンタクトレンズはしていない)血液のサンプルを持っていた為なんとか回避する。

その後の捜査

着々とヴィンセントを追い詰めていく刑事達。

ガタカの社員達の使い古しのコップの唾液検査をしてここでもヴィンセントの遺伝子が検出され、ヴィンセントが犯人であろうという認識が高まってゆく。

そして、ヴィンセントが適合者に成りすましているのではと考えた警察は全社員に遺伝子検査を施した。

ヴィンセントは血液採取の際にうまくジェロームの血液と入れ替えてなんとかここでも検査をすり抜ける事に成功したのである。

そして出発間近の夜、再びデートをしたヴィンセントとアイリーン。

ディナーショーの最中に会場に警察が介入した。

さすがにやばいと思ったヴィンセントはアイリーンを連れて外へ逃げる。

外で待ち構えた警官を殴り倒して逃げるヴィンセント。

その時にアイリーンはジェロームが何か事件に関わっているのを感じた。

追い回していた刑事が叫ぶ「ヴィンセント」と。

何とその刑事はヴィンセントの弟、アントンであった。

逃げ延びたヴィンセントとアイリーンは一夜を共にした。

犯人逮捕まで

アイリーンは出勤した時に社内に刑事がおり、ヴィンセントに危機が及んでいる事を察した彼女は出社したヴィンセントに顔色が良くないから帰宅した方がいいと言った。

それを察したヴィンセントは家に刑事がくるだろうと本物のジェロームに連絡をとり、普通にジェロームでいてくれと連絡を入れる。

もちろん家にいる人物が本物のジェロームではあるのだが。

そして刑事にジェロームの家まで案内をしてくれと言われたアイリーンはジェロームの家まで送ることに。

ジェロームの家に着いたアイリーンと刑事。

遂に本物のジェロームと遭遇した。

目の前にいるのはヴィンセント扮するジェロームではなく、本物のジェロームであったため驚くアイリーン。

初体面であった本物ジェロームとアイリーンであったが、2人の関係は恋人に近い存在なので彼女にキスを要求し、空気を察した彼女もそれに応える。

再検査を施すが、もちろん適合者の本物なのでクリア。

刑事が帰り、ヴィンセントが家に着いた。

怒って帰ろうとしたアイリーンにヴィンセントはすべてを告白した。

犯人逮捕~宇宙へ

その後、犯人がついに捕まった。

犯人は何と局長であった。

しかし、あの刑事はまたヴィンセントの元を尋ねる。

ヴィンセントの予想通り刑事がきた。

その刑事はなんとヴィンセントの弟アントンであった。

子供の頃の度胸比べをして再びヴィンセントが勝った。

アントンはヴィンセントを見逃す。

こうして宇宙への旅立ちの日に抜き打ちの遺伝子検査で当日サンプルを持っているはずがなかったヴィンセントは尿検査で不適合者とバレるがレイマー医師は「私の息子は君のことをヒーローと思っているんだよ」と言い、これも見逃す。

こうして宇宙へと旅立ったヴィンセント。

ジェロームは一生分のサンプルを家に残し、自ら焼却炉に入り、命を絶った。

まとめ

遺伝子ですべて決まってしまう人生において、不適合者がエリートとして宇宙へと飛び立つ姿は非常に痛快なストーリーで個人的にはいい映画だと思いました。

ジェロームは命を絶つことにより、これ以上自分がいても邪魔なだけだと思ったのか、自分も魂となって宇宙へ行きたかったのかは本人しか知りえず。

あと、おそらく最後に見逃してくれたレイマー医師の息子は不適合者であるのではと個人的にはあの言葉から推測しました。

その後のアイリーンとヴィンセントが見てみたいものです。

続編があればいいのに。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする