【映画 ファイトクラブ】難解な映画を考察解説!あらすじネタバレ感想レビュー!

スポンサーリンク



ども、アンディです。

今回の映画記事は「ファイトクラブ(FIGHT CLUB)」です。

1999年公開のアメリカ映画で監督はデヴィッド・フィンチャー。

主演(キャスト)はブラッド・ピットとエドワード・ノートンの二大俳優とヘレナ・ボナム=カーター他。

平凡なサラリーマンで不眠症に悩まされていた「僕」はある日にある男と出会い、人生がエキサイトしていく。

そのある男が次第にエスカレートしていき暴走状態に。

「僕」は狂気に満ちてしまったその男の暴走を止める事ができるのか?

果たして「僕」とその男の運命は?

非常に難解な映画だと思いましたが、理由が解るとかなり深い映画となっており、まさに名作です。

では、あらすじネタバレを。

ちなみに前回の記事はこちら

【映画 マシ二スト】あらすじネタバレ感想レビュー!難解な伏線を考察解説してみました




ファイトクラブ あらすじネタバレ

不眠症に悩まされる「僕」

冒頭のシーンは「僕」(エドワード・ノートン)が銃口を口の中に突きつけられているシーンから始まる。

そしてそこに至るまでの遡ったところから物語が始まっていく。

「僕」はごく普通のサラリーマンだったが不眠症に悩まされていた。

そこで「睾丸ガン」のセミナーに参加してボブという男と出会う。

「僕」は睾丸ガンなど患っていなかったがなりすまし、彼とお互いに抱き合って泣いた時にぐっすりと眠る事ができた。

味をしめた「僕」は次々と病気を装ってセミナーに参加するようになった。

マーラとの出会い

色んなセミナーに参加して安眠を得ていた「僕」であったが、そんな時にセミナーに参加している女に色んなセミナーで会う事があり不審に思い、「僕」と同じ偽物ではと思い始めた。

そんな彼女に話しかけたところ、彼女はタダでコーヒーが飲めるから参加していると言う。

彼女がいると安眠を手にする事ができず、彼女に問い詰めたが彼女は聞き入れなかった為、分担してセミナーに参加するように提案してをれを受け入れた彼女。

マーラと言う女性であった。

「僕」の仕事は車の査定で出張が多く、飛行機で飛び回る日々を送っていた。

うんざりしていた時に飛行機で隣に座り、同じ靴と同じ鞄を持っていたタイラー・ダーデン(ブラッド・ピット)という男に出会う。

タイラーは石鹸を売って生計を立てているらしく、派手な格好で端正な顔立ちのイケメンであった。

タイラーと生活する事に

自分のマンションの部屋が爆発して泊まれなくなってしまった「僕」は知り合ったばかりのタイラーに電話をする。

タイラーとバーで会った「僕」はタイラーにマンションの部屋が爆発して買ったばかりの家具が全てなくなってしまった事を話すと「全て忘れろ。持っている物など意味がない」と諭す。

バーを出た後に殴り合う二人。

「僕」は気分が爽快になり、タイラーの家に泊まり込む事となった。

「僕」とタイラーは殴り合う事が習慣化していき、観客達も段々とファイトに参加するようになり、バーの地下でタイラーが「ファイトクラブ」を立ち上げた。

ある日、マーラから連絡があり用事があった「僕」は受話器をそのままにして出掛けてしまう。

その受話器に気付いたタイラーがマーラと連絡を取って家に呼んで男女の関係となる。

翌朝タイラーは「僕」に俺の話はするなと言い、マーラとの会話にタイラーの話題を避けた。

ファイトクラブの会員は次第に増えていき、自宅に志願してきた会員を自分の駒のように扱うタイラーは次第に過激化していく。

自宅で爆弾を作り、会員達を使って街で爆破させる事件を起こしていく。

ラスト

ある日、タイラー達やファイトクラブの会員が家からいなくなっていた。

彼らはタイラーが発案した「プロジェクトメイヘム」という街の労働階級者を救う為に金融街を爆破する作戦を実行しようとしていた。

それを阻止する為にタイラーの航空券を見て足取りをおう「僕」。

降りた土地土地で「ファイトクラブ」があり、そこの場所を解ってしまう「僕」。

ある土地の会員が「僕」をタイラーだと言った。

そこでマーラに電話をする「僕」にマーラは「僕」の事をタイラーだと言う。

「僕」はそこで初めて気が付いた。タイラーは「僕」なのだと。

泊まっていたホテルに幻想のタイラーが現れて言う。「俺はお前の理想像だ」と。

そこで「自分」が立案したプロジェクトメイヘムを阻止する為に行動に出た「僕」。

タイラーとの対決でビルの屋上に連れて行かれ銃を突きつけられる冒頭のシーンへ。

「僕」はタイラーは妄想だと念じると銃が自分の手元へ。

「僕」は幻想のタイラーを消す為に自ら銃口を咥えて銃を放った。

弾丸は頬を貫通し、妄想のタイラーは消えた。

そこへマーラが現れ、タイラーの会員達があちこちに仕掛けた爆弾が爆破して崩れ去っていくビル群。

ここで物語が終わる。

まとめ 感想レビュー

まさに大どんでん返しでした。

終盤に解るのですがまさか「僕」だタイラーだったとは。。。

つまり「僕」とタイラーは同一人物であり、タイラーは「僕」が生み出した理想像だったのです。

つまらない退屈な人生を送っていた「僕」が生み出してしまったんですよ。

全て「僕」が眠っている間に「僕」の中の理想像のタイラーが行っていたんです。

しかし、あまりにも狂気に満ちた理想像であり最後は自信の暴走と止めるはめになってしまったという事。

しかし、理想像のタイラーを決別した「僕」は自信を取り戻したように見えましたし、理想像と「僕」が融合したような人格になれた気がしますね。

実際にマーラと「僕」と妄想のタイラーが「一緒に映る」シーンは一度もありませんし、途中で色々な伏線が張ってありますのでその辺も楽しめると思いますよ~

とにかくワイルドなブラピがかっこよかったなぁ。

物が豊かになりすぎた現在の世の中を揶揄するような映画で観てて気持ちよかったです。

1回だけでなく2.3回は観てみたい味がある映画ですよ~

  • ストーリー性   ★★★★☆
  • 映像       ★★★★☆
  • アクション    ★★★★☆
  • ヒューマン    ★★★☆☆
  • 総合点      ★★★★☆(3.8点)

★5つ(5点)が最高評価




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする