【映画・最強のふたり】あらすじネタバレ感想レビュー!心温まる感動物語!実話

スポンサーリンク



今回の映画はフランス映画の「最強のふたり」のあらすじと解説です。

実話に基づいた映画でして、大富豪で首から下が麻痺している障害者のフィリップと雇われ人の世話役になったドリスが介護を通じて男同士の友情をフランス映画らしく描いた心温まる作品です。

2011年公開のフランス映画で監督はエリック・トレダノ。オリヴィエ・ナカシュ。

主演(キャスト)はフランソワ、クリュゼとオマール・シー。

貧乏ながら明るく生きる青年ドリスと大金持ちの障害者のフィリップとの融合が小気味良く展開されていく。

では、あらすじネタバレと感想レビューを。

ちなみに前回の映画記事はこちら

【映画スタンドバイミー】少年たちの成長を描いた名作!あらすじネタバレ感想




最強のふたり あらすじネタバレ

面接でドリスを採用する

冒頭はパリの市街を高級車で猛スピードで運転する黒人の男と助手席には障害者の白人の男のシーンから始まる。

事故によって首から下が麻痺してしまったフィリップ(フランソワ・クリュゼ)は車椅子での生活を余儀なくされ、介護人が必要であった。

そこで、介護人を雇う為に募集したところ、数人が仕事を求めて面接にやってきた。

面接官は秘書のマガリー(オドレイ・フルーロ)

求職の為に集まった人々はもっともらしい事を言って採用されるように優等生の答えをするが、黒人の男ドリス(オマール・シー)は違っていた。

彼は3回面接で落ちれば失業手当がもらえるのでただ面接にきただけで不採用の印をくれと言った。

ドリスはフィリップの事を障害者として見ているのではなく、一人の人間として見ている所と決して気取らないドリスを気に入り、翌日に書類を取りに来てくれと言った。

翌日ドリスがフィリップの大豪邸を訪れると、フィリップは試用期間を与えるから働いてみないかとドリスに部屋を用意し、ドリスはしぶしぶOKした。

フィリップの介護人として働き始めるドリス

フィリップは重度の障害者なので常にそばにいなければいけなかったが、ブツブツ言いながらも淡々と仕事をこなす上、フィリップを決して同情するわけでもなかったドリスにますます好感を持っていくフィリップ。

ある夜、フィリップが発作を起こしてしまい、外の空気を吸わせるために朝の4時に街へ連れていくドリス。

ドリスはドラッグを吸い、フィリップにも吸わせるドリス。

朝方のカフェでフィリップは自身の大恋愛の話と体が不自由になってしまった身の上話をドリスに語った。

フィリップはドリスを採用する事にしたのであった。

フィリップが抱く恋

フィリップには半年前から文通しているエレノアという女性がおり、マガリーがフィリップの口述で手紙を書いていた。

横で見ていたドリスはそんな回りくどい事をしないで電話したらどうだとフィリップに言ったがフィリップは手紙の方が多くの事を伝えられると言った。

しかし、エレノアの電話番号が書いてあったので電話をしてしまうドリス。

スピーカーフォンにして部屋から出るドリス達。

フィリップはエレノアをすっかり意気投合して写真を送るという話になったが、ドリスが選んだ車いすの写真を送る直前で事故以前の写真をエレノアに送ったのであった。

数日後、フィリップの誕生日会が行われたが毎年のくだらない誕生日会に飽き飽きしていたが、ドリスのおかげで楽しく過ごす事ができた。

その夜、エレノアから写真が届き彼女が美人なのに驚くドリス。

写真を枕元において眠るフィリップであった。

その後、パリに来ると言うエレノアと会う約束をしたフィリップはドリスではなく世話人のイヴォンヌを連れて行ったが、事故前の写真を送ってしまった罪悪感からかエレノアが来る前に待ち合わせ場所から逃げ出してしまった。

ドリスの家族にイザコザが起こる

ドリスの家庭は複雑でドリスの兄弟達は本当の兄弟達ではなく、異母兄弟達であった。

中でも一番上の弟のアダマが不良仲間達とつるんでおり問題児であった。

ある日、アダマが傷だらけの顔でドリスが部屋住みしているフィリップの豪邸へと助けを求めてやってきた。

フィリップはその時にドリスにはまだ幼い兄弟達がいて自分の世話をするのではなく彼らの世話をするべきだと思った。

フィリップはドリスに「ここにいるべきではない」と告げ、それに応じるドリス。

ドリスは弟のアダマと母親の勤め先に行き、母親の重そうなバッグを代わりに持って家族の住むアパートへと戻ったのであった。

ドリスは日常の無職の生活に戻った。

ラスト

ドリスから離れたフィリップ。

その後新しい介護人を何人も雇ったが皆ドリスのような人間は一人もいなかった。

ドリスは同情せずに気おくれもせずに対等にフィリップと接していたがその後の介護人達はフィリップに気を遣い、障害者扱いをする為フィリップの気持ちは段々と落ち込んでいくようになってしまった。

顔に生気がなくなり、無精ひげを生やすようになったフィリップ。

発作が起こっても介護人に「出て行け」と言う姿を見た世話人のイヴォンヌは堪らなくなりドリスに電話を掛けた。

ドリスはフィリップの元に駆け付け彼を外へ連れ出した。

そこから冒頭のシーンとなる。

海の見える場所で髭を剃り、フィリップをランチの席に座らせるドリス。

ここでランチするのは俺ではない」と言って出て行くドリス。

やってきたのは文通相手で以前フィリップが待ち合わせで直前で逃げ出してしまったエレノアであった。

笑顔で窓の外から無邪気な子供のように笑いかけるドリス。フィリップも笑顔で応えたのであった。

感想 レビュー

最後のエンドロールで実話となった二人が登場する。

その後、二人はモロッコに移住してアブデル(ドリスの本名)は結婚して3人の子宝に恵まれ、ビジネスでも成功して社長となったそう。

結婚を機に契約を解除されたそうですがモロッコに移住して10年間フィリップの介護を続けたそう。

フィリップもモロッコもで結婚したそうです。

今でも友情は続いているとの事。

まさしく「最強のふたり」と呼べるのではないのでしょうか。

本来ならば絶対に出会う事のない二人が出会ったのはまさに奇跡であり、お互いが出会っていなかったら不幸な人生を歩んでいたかもしれません。

ドリスの「障害者?そんなの関係ねえ」的な演技がものすごく観ている方も気持ちが良い。

フランス映画らしく観ていくうちに映画に引き込まれていき、いつの間にかのめり込んでしまいました。

号泣するような場面はないですが、じわじわとくる感じ。

噛めば噛むほど味が出るスルメみたいな笑

観終わった後は心が温まりましたよ。これぞヒューマン映画の名作。

おすすめです。

  • ストーリー性  ★★★★★
  • 映像      ★★★☆☆
  • アクション   ★★★☆☆
  • ヒューマン   ★★★★★
  • 総合点     ★★★★☆

★5つが最高評価




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする