【映画・ビッグフィッシュ】あらすじネタバレ感想レビュー 親の愛は偉大だった

ども、アンディです。

いやぁ、映画って本当にいいもんですねぇ~

最近観た映画は感動の連続ですわ。

今回観た映画は「BIG FISH(ビッグフィッシュ)」でございます。

直訳すると大きい魚ですが、スラングで嘘つきとも言えるそうです。

ティム・バートン監督のファンタジー映画です。

観た後はなんか大きな愛に包まれたような優しい気持ちになれるような錯覚に陥ってしまいました。

おすすめ。

2003年公開のアメリカ映画。

監督は先ほども言ったティム・バートン。

では、あらすじネタバレを。

ちなみに前回の映画記事はこちら

【映画】ライフイズビューティフル ラストに感動 まさに名作

スポンサーリンク

ビッグフィッシュ ネタバレあらすじ

父の作り話で仲違いになる親子

ウィル・ブルーム(ビリー・クラダップ)は幼い頃から父親のエドワード(アルバート・フィニー)の作り話を聞いて育ってきた。

幼い頃は父親の話に夢中になったが、ウィルは成長するにつれて父の嘘の話にうんざりするようになり、自身の結婚式のスピーチでで父がまたウィルが生まれた日に金の指輪でビッグフィッシュが釣れたスピーチをしたことでエドワードと口喧嘩してしまった。

その後、3年間距離を置くようになる。

そして、エドワードが病床に伏してしまい、3年振りに身重の妻のジョセフィーン(マリオン・コティヤール)とともに実家に帰ると待っていたのは病床に伏してしまったエドワードと母親のサンドラ(ジェシカ・ラング)であった。

母親は久々の息子との再会に喜んだ。

エドワードの物語(前半)

病床に伏してもエドワードのホラ話は相変わらずでウィルの妻ジョセフィーンにホラ話を聞かせると、ジョセフィーンは身を乗り出してエドワードの話に聞き入った。

エドワードは自身が子供の頃に魔女に会い、その魔女の目に映る自分の死に方を見た。

そして彼はその後急激に体が成長し、3年間寝たきりになった時に自分は大きな人間になると考えた。

そして、アルバイトのリーダーになったり、ラグビー部で活躍したり、火事の家から犬を救出するなど町の人気者となったのだった。(青年期を演じるのはユアン・マクレガー

ある日、町に巨人が現れて町を荒らした為エドワードは大男のカールを誘って旅に出る事にしたのだった。

途中、旧道を進んだエドワードはスペクターという町に迷い込んだ。

そこは、皆裸足で幸せに暮らしている町で、詩人のノザー・ウインズロウもおり、ジェニファーという8才の少女がいた。

町の皆はエドワードに留まって欲しいというが、エドワードは必ず戻ると約束して再び旅に出た。

旅の途中でキャロウェイ団長率いるサーカスを観たエドワードはサンドラという女性に一目惚れする。

カールはサーカスのショーに出る事となった為、その場で働く事になったが、キャロウェイ団長にサンドラの事を教えてもらう為にサーカスで働いた。

エドワードの物語(後半)

サンドラの通う大学を団長から教えてもらったエドワードは早速彼女のいる大学で彼女にアプローチを開始したが、彼女には婚約者がおり、エドワードの同郷のダメ男であった。

エドワードは団長に教えてもらった彼女の好きな花、水仙を庭一杯に植えて彼女の心をゲットしたのであった。

その後、戦争に駆り出されてしまったエドワードは早期帰還できる危険な任務をこなし続けた。

中国で危険な任務に就いたが、捕まりそうになったところをシャム双生児の美人歌手に助けてもらい、見事に帰還しサンドラの元へ戻ったのであった。

その後、エドワードは旅のセールスマンとなり日々奮闘していた時に、テキサスの銀行でスペクターの町で会った詩人のノザー・ウインズロウと再会する。

彼は今銀行強盗を生業としていたが、エドワードのおかげでウォール街で成功して大金持ちとなった。

話は現在に戻り、ウィルはエドワードが当時浮気をしていたのではないかと疑いエドワードの書斎を整理したいた時に見つけた書類を元にスペクターのジェニファーを訪ねた。

ジェニファーは過去にエドワードが初めて訪ねた時の8歳の少女であった。

ジェニファーはエドワードに好意を持っていたが、エドワードがその後寂れた町になってしまったスペクターを買い取って町を救った時に、エドワードはジェニファーに妻を裏切る事はできないと言い、私は幻であなたは現実なのとウィルに言った。

エドワードはあなたを愛しているのだと。

エドワードの最期 その後

ウィルが家に戻ると、誰も家におらずエドワードが発作を起こして危険な状態で病院に入院してしまっていた。

サンドラと妻を家に帰し父のエドワードと2人きりとなった息子のウィル。

うとうとしている時にエドワードの意識が戻り、エドワードはウィルに私が死ぬときの話をしてくれと言う。

エドワードはその話はまだ聞いたことがなかったがウィルは自分の空想で彼の死を語り始めた。

病院を抜け出し、今まで出会った人々に囲まれながら川に行き、ビッグフィッシュになって川へ戻るという空想の話を父親に涙ながらに語った。

ビッグフィッシュの正体は父だと言うウィルにエドワードは「その通り」と答えこの世から去った。

彼の葬式では彼のホラ話で出てくる登場人物が皆彼の死を見送る為に集まっており、ウィル達はエドワードの話が全てがホラ話ではない事が解ったのであった。

その後、ウィルが自分の子供にエドワードから聞いた物語を聞かせるのであった。

まとめ 感想レビュー

父と子の愛が最後に見事に通じあってウィルが自分の子供にエドワードの話をしている最後のシーンはジーンときましたよ。感動。

途中若かりしエドワードが庭一杯に水仙の花を植えてサンドラに告白するシーンはとても素敵なシーンでおすすめです。

いつもホラ話を吹いていた父を父が息を引き取る時には毛嫌いしていた息子が父を許したのでしょうね。父の空想の死に方を語りながら。

途中飽きさせる事もなく観終わった後は非常に温かい気持ちにさせてくれる映画です。

結局どれが現実でどれが空想なのかの境界線が解らない事が多いエドワードの作り話なのですが、登場人物達がお葬式に顔を出していたところをみると現実の話の方が多いかもしれません。

その辺がはっきりとしないのも夢がありますね~

エドワードの話がウィルに引き継がれてその子供に引き継がれてエドワードの物語「ビッグフッシュ」そ延々と語り継がれるのでしょうね。

ティム・バートン監督にはもっとこうゆう映画作ってもらいたいです笑

  • ストーリー性   ★★★★
  • 映像       ★★★★
  • アクション    ★★
  • ヒューマン    ★★★★
  • 総合点      ★★★★

★5つが最高評価

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク