【カメの水槽】成長し狭くなったのでプラスチックケースに引っ越し

ども、アンディです。

最近寒い日が続いていますが我が家のイシガメのカメ太クンは元気に動き回っています。

亀ってこんなに動くものなのってくらいに。

我が家で飼っているイシガメ(ゼニガメ)のカメ太くん(1歳半)を飼い始めたときは体長5センチ程の赤ちゃんだったのが1年半経った今では倍以上の甲長が10センチ以上に成長して最初に飼っていた水槽では窮屈そうでかわいそうだったので、水替えと同時に新しい家に引っ越しさせてあげました。

亀は水槽が狭いとそれなりの大きさにしか成長しないと聞いていたので。

まあ、亀はすぐに水を汚してしまう生き物なので家が大きくなれば入れる水の量も増えるのでその分水替えの頻度が少なくなるといった利点もありますからね。

ちなみに前回の亀記事はこちら↓

『【亀の飼育】冬の餌やりと水替えの頻度は?ヒーター付では?』

スポンサーリンク

カメ太くんの引っ越し

引っ越し前の水槽

完全に狭い感じがしますね。。。これじゃあすぐに水を汚してくれるワケですよ。

少なくともこの水槽だと3日に一回は水替えをしていましたから。

これでは体を反転させるのも大変そうです。

冬でもヒーターを取り付けているのでカメ太クンはけっこう動くんですよね。

そこでホームセンターで購入してきたのが今の水槽の大きさよりも二周りほど大きいプラスチックケースです。

衣装ケースの少し小さい版ですね。

千円ちょっとで購入。

比較してもらえると分かると思いますが、下が以前の水槽で上が新しい水槽です。

試しにカメ太クンを新しい水槽に置いてみると、どこだここは?みたいなリアクションをとっていましたよ。

まあ、そのうち慣れてくれると思います。

ヒーターを取り付けて陸場と水を入れたら引っ越し完了です。

水深は約5センチほど入れました。

以前より大分広々としましたよ~

新しい水槽の大きさは縦45センチ、横35センチ、高さが45センチあるので蓋をしなくてもカメ太クンが逃走することはないでしょう。

これでカメ太くんも喜んでくれるはず!!

まとめ

水槽が大きくなって広々としてカメ太くんにはいい環境にはなりましたが水量が増えたので水槽ごと持つと結構重いので水替えに頻度は少なくなると思いますが、水替え自体が大変な作業になってしまいそうです。

カメ太くんが成長してもっと大きくなったらもっと大きな水槽にする事になるかもしれないのでそうなったら水を綺麗にする循環ポンプでも取り付けようかなとは思いますけどね。

イシガメは体長が20センチくらいまで成長するらしいのでまだまだ成長するってことですからね。

まあ、もっと大きくなってもらいたいですよ~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする