【マルソウダ(ウズワ)】実は美味しい!オススメの食べ方!

どーも、アンディです。

先日の話なんですが、知り合いからウズワが結構釣れたからいらない?

と連絡があり、2つ返事で持って帰りましたよ。

釣り吉ならご存知でしょうがウズワってあまり人気がない魚というイメージが強いですが、私にとっては超美味しい魚の部類に入りますよ!!

人にあげてしまうなんてなんてもったいない笑

というわけで、ウズワの超旨い食べ方を説明したいと思います。

ウズワを釣ったけどどうしようという人!!今すぐ氷の効かせたクーラーボックスに首を折って血抜きをしたウズワを入れましょう!!

スポンサーリンク

マルソウダ(ウズワ)とは

うずわとは地方によって呼び方が異なりますが、一般的には宗田鰹のことでして、宗田鰹の中でもマルソウダとヒラソウダと2種類いて、いわゆるマルソウダと言われている方の魚のことです。

スズキ目・サバ科に属しておりまして、大体30センチ~40センチまで成長します。

夏から秋にかけて太平洋の沿岸で釣れる魚でして、まさに今が旬の魚です。

上の画像がマルソウダで、ヒラソウダはもう少し平べったい形をしています。ヒラソウダの方が脂が乗っており人気があるのですが、ところがどっこいマルソウダは食べ方で本当に美味しい魚なんですよね。

ちなみにヒラソウダはこの静岡県の東部ではシブワとも呼ばれています。

では、この辺りであまり人気のないマルソウダちゃんを美味しく食べる為の食べ方を教えちゃいますよ♪

マルソウダ(ウズワ)の美味しい食べ方

どう食べるにしろ、マルソウダは足が早い(痛みやすい)魚です。

釣ったらすぐに血抜きをして氷水で締める事です。

内臓を取るのがベストですが、サバ折で血抜きをしておけば問題ないでしょう。

1番美味しい食べ方は

生利節

これマジで旨いです。

作りかたは簡単でして、ソウダガツオを家に持ち帰ったらまずは頭を落として内蔵を取り除いて3枚おろしにします。

3枚おろしにしたら沸騰したお湯に皮がついたまま茹でるだけ。

茹であがったらざるにあげて氷水などで冷やして後は削るように細切れにして醤油などで味付けしてそのまま食べれば最高に旨いです。

骨が気になる人は茹で上がった後に中骨をピンセットなどで取り除けばOKです。

熱々のごはんにかけて食べても美味しいですし、そのまま食べればつまみになります。

THE魚って感じがしますよ。しかし、茹でてしまえば臭みもなく美味しく食べられますよ。

簡単に言えば鰹節はカラカラになるまで感想させますが、生利節は水分を含んでいますので食感もいいですし、そのまま食べる為のまさに食材です。

何匹も生利節にしたらラップに包んで冷凍すればいつでも食べたい時に食べることができますし、長期保存が可能です。冷凍室に入れとけばいいですから。

我が家では1食で半身をペロッとたいらげてしまいますよこれ笑

塩焼き

シンプルイズベスト。

その名の通り、塩そまぶして焼くだけです。

旨い魚は塩を振りかけて焼くだけで美味しいんですよね。

塩焼きの食べ方も先程の生利節のように頭と内臓を取り除いてから塩を振って身に染み込ませてから焼くだけです。

これも半身を生でラップにくるんで冷凍室に入れておけば長期保存可能ですよ。

これはこれで鰹の味です。美味しいです。釣ったらあげちゃうなんてもったいない話ですよ、私が全部もらいますって感じ笑

アラ汁

上記の3枚におろした中骨で出汁がでるのでその中骨をブツ切りにして味噌と玉ねぎなどを加えれば美味しいアラ汁の出来上がりです。

卸したしょうがを加えれば臭み消しにもなりますから試してしてはいかかでしょうか?

まとめ

どうでしょう?マルソウダ釣ったら食べたくなったぁ!という方も出てきたはず!

というわけで、マルソウダ(ウズワ)は美味しく食べられる魚ですので釣った際は是非持ち帰って食べて見て下さい!!

この暑い夏の時期ですから釣りに行く際は必ずクーラーボックスと氷は持参しましょう。

どんな魚でもこの暑さでは痛みが早くなりますから。

ただ1つ気をつけてほしい事は、先程もいったようにマルソウダは痛みやすい魚ですのでその日に調理して下さいね~

駿河湾の恵みに感謝です!!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする