【東北道(上り)佐野SA】シンプルな佐野らーめんはやはり美味かったよ

スポンサーリンク



ども、アンディです。

ゴールデンウィークの北関東滞在もいよいよ最終日。

この日は渋滞を予想して午前中のうちに群馬県の太田市を出発。

栃木県の佐野市にある道の駅でお土産を購入。

さのまる君にも会えました笑

やっぱり北関東の佐野市といえばご当地グルメの佐野ラーメンですよ。

そういえばまだ佐野ラーメン食べていなかったなぁ。

佐野らーめんと言ってもあのラーメンの鬼、志那そばやの佐野実のラーメンではなく、佐野市発祥の青竹で打った麺が名物の佐野市を代表するラーメンの事です。

というわけで朝ラーメンがてら東北道の佐野サービスエリアで佐野ラーメンが食べられると聞いたので帰りがけに寄って食べる事に。

時刻は10時半。

遅い朝ごはんを食べに佐野SA(上り)に到着。

さすがにゴールデンウィークなので人が多い。

天気は快晴。

行楽日和なのか賑わってましたよ~

レストランかフードコートか迷ったのですが、レストランの方は混雑していたのでフードコートへ。

ちなみに前回のらーめん記事はこちら

【麺処・白虎】激戦区の太田市で夜専門で営業している極上の塩ラーメンに出会った

東北道 佐野SA(上り)フードコート 外観

うどん、そば、定食と共に佐野ラーメンの看板が。

これは佐野ラーメンが名物なんですねやはり。

これはやっと念願の佐野らーめんが食べられそうです。

大体フードコートは食券を購入して番号を呼ばれたら注文した品を取りに行くシステムとなっているのでここでも食券機で食券を購入。

佐野SA(上り)フードコートメニュー

色々と食べ物の種類がありましたけど、食べる物は最初から決まっています。

初志貫徹。

佐野らーめんですよ。

プラス100円で煮玉子が入っている「佐野ラーメン煮玉子入り」を購入。

しめて750円なり。

ここの食券機は注文と同時に自動でオーダーされる食券機なのでわざわざ食券をカウンターまで持って行く必要がないらしい。

オーダーしてからセルフの水をコップに注いで席に着席。

フードコート内もそこそこのお客さんがいて7割くらいの席が埋まっている感じ。

番号を呼ばれてからカウンターに取りに行く人を見ると7、8割の人が佐野ラーメンを注文していたようです。

やはり佐野に来たならば佐野ラーメンという事なのでしょうね。

認知度も高い証拠。

そんなこんなで待つ事10分。

私の番号が呼ばれてカウンターにラーメンを取りに行って着丼です。

東北道 佐野SA(上り)佐野ラーメン煮玉子入り

来ました佐野ラーメン。

青竹打ちの平たい縮れ麺に透き通ったスープ。

具はシンプルにメンマ、チャーシュー、白ネギに海苔。

トッピングの煮玉子が乗っています。

シンプルイズザベストですわ。

見た目からして昔ながらの中華そばという感じでまずいわけがないでしょ~

って事でスープを一口。

うん、美味しい。

鶏ガラベースのスープにあとから野菜のダシの甘味が効いてきます。

麺は喜多方ラーメンのような平たい縮れ麺でスープがよく絡みます。

モッチリとしており私好みの食感。

チャーシューもあなどるなかれ、柔らかくてグッド。

これぞ佐野らーめん頂きました。美味しかったわぁ。

ご馳走様です。スープも飲み干して完食。




佐野SA(上り)フードコート アクセス詳細

住所    栃木県佐野市黒袴町1022

TEL    0283-23-5751

営業時間  24時間

店休日   無し

地図はこちら





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする