【伊豆の国市花火大会】きにゃんね大仁夏祭りの花火は圧巻でした

ども、アンディです。

8月1日は「伊豆の国花火大会 きにゃんね大仁夏祭り」を見に行ってしましたがすごかったです。

もう少し詳しい話をしますと、「きにゃんね大仁夏祭り」とは、「伊豆の国花火大会」という伊豆の国市で3日間かけて行われる花火大会の1つです。

その3つの花火大会の中でも「きにゃんね大仁夏祭り」の花火の規模がすごいんですよ。

ちなみに8月3日は「韮山狩野川祭り」でして、約3300発の花火が打ち上げられます。

8月4日は「伊豆長岡温泉戦国花火大会」でこちらは約2800発打ち上げられるんですよね。

韮山、伊豆長岡ともに花火大会の時間は20:15~20:4530分間の間に打ち上げられます。

じゃあ、大仁の花火の何がすごいって?

これから説明します。

ちなみに前回行った時の記事はこちら↓

圧巻の8000発の花火 毎年8月1日です【伊豆の国花火大会】

スポンサーリンク

伊豆の国花火大会 きにゃんね大仁夏祭り詳細

花火打ち上げ時間 打ち上げ総数

祭り情報とアクセス方法を。

大仁の花火大会の時間帯は19:45~20:30までの45分間の時間帯で打ち上げられます。

韮山、伊豆長岡の花火の打ち上げ時間は30分間なのでそれと比べると15分長いです。

花火の打ち上げ総数は韮山や伊豆長岡の3000発前後の打ち上げ総数と比べてなんと2倍以上の約8000発もの花火が打ち上げられるんですよ!!

すごいですよね~

しかも静岡県の花火大会ランキングでなんと2018年第4位というランキング上位にランクインしただけでもすごさがわかってもらえると思います。

個人で桟敷席を購入する場合の値段は大人1名2000円小学生以下は1名1000円となっています。

私は1マス3万円(10~12名座れる)の河川敷で花火を堪能しました!

14:00からは歩行者天国もあるので昼から祭りを楽しむことができますね。

きにゃんね大仁夏祭り花火大会 観覧場所

主に伊豆の国市にある狩野川大仁橋の下流の河川敷で見ることができるので一番迫力があって間近で花火を見られるのでお勧め。

河川敷の対岸に花火の打ち上げ台があり、そこから打ち上げられる為、迫力満点です。

花火が打ち上がると同時にBGMが流れてくるのでカップルにも最高のシチュエーションですね♪ロマンチックですよ。

ただ、河川敷はコンクリートでできているので夕方になっても昼間の太陽の熱でまだまだ熱くなっているのでキャンプ用の椅子やシートなどを敷くといいと思います。

お尻が熱くなっちゃいますからね。

蚊が多いので蚊取り線香があればなおグッド。

肝心の花火は全部で4部の構成でできており、それぞれの主旨の花火が打ち上がります。

地図はこの記事の一番下に載せてますよ~

花火画像集

ここからは花火の画像集です。

いよいよ待ちに待った瞬間がやって参りました。

さあ、19:45分いよいよきにゃんね大仁夏祭り花火大会の始まりです!

BGMと同時に次々とこれでもかというくらいに打ち上がる花火は圧巻の一言。

いやーこれぞ夏ですわ。

いやー息つく暇もなく打ち上がります。

素晴らしい。

ここの花火は伊豆でも有名な花火師さんが作っているのもうなづける。

たーまやーってか。

周りでも歓声が上がっていました。

この辺りからはもう言葉も出ませんよ。

綺麗だなぁ。

こっちの感動をよそに打ち上がり続ける花火。

BGMも佳境に入ってきました。

うん、間違いなく静岡県でも5本の指に入る花火大会ですよ。

確信できますよこれをみれば。

そしてフィナーレ。

夜空がまるでプラネタリウムのように星が輝いているような錯覚に陥ってしまったところで花火大会が終了。

やばかったっす。

死ぬ前に一度は見るべき花火だと思いますよ!!

きにゃんね大仁夏祭り花火大会のアクセスはこちら↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. りょう より:

    綺麗ですね~。