【サーフィン】目が悪くてもできるの?コンタクトを着用すれば大丈夫

どーも、アンディです。

先日コンタクトレンズの在庫がなくなってしまったので買いに行ってきました。

そう、アンディ目が悪いんですよ実は。

両目で裸眼で0.3くらい。片目だと0.1か0.2くらいか。

コンタクトレンズ外したら視界がぼやけてあんまり見えません。

じゃあ、コンタクトしたままでサーフィンてできるの?とお思いの方。

答えはYESです。

だって外れちゃわないの?と疑問に思う方もいらっしゃると思いますので説明したいと思います。

ちなみに前回のサーフィン記事はこちら↓

『【サーフィン】始めるのにお金かかるの?月いくら?低費用でできる!』

スポンサーリンク

コンタクト着用してサーフィンする訳

視界がはっきりと見える

これは何のスポーツでも共通のことだと思いますが、視界がぼやけて見えづらいとかなり競技に影響してきますよね。

球技などは特にそうですし、サーフィンでも波に乗った時にショルダー(波の斜面)が良く見えない事には上達が難しいと思います。

サーフィンとは1つの波を最後まで乗り切るスポーツですから。

一流のアスリートがレーシック手術を施したりしているのを聞いた事はありませんか?

あれはやはり視力が悪いとパフォーマンスに影響してしまうから。

まあ、とりあえず今回はコンタクトレンズの話なので戻します。

つまり、視界がはっきりしていた方がサーフィンをする上では圧倒的に有利なんですよね。

私は20代の前半頃から視力が落ち始めて20代中盤くらいになると車の運転も危ういくらいになりました。

サーフィンにも影響するようになり、夕方の時間帯になると波が見えずらくなったり、波がきても見えなくて他の人よりも最初の1歩が遅れてしまったりとパフォーマンスが落ちてきたのを実感したのでコンタクトレンズを着用する事にしたんですよね。

初めてコンタクトレンズを着用した時はそれはもう世界が変わったように見えましたよ笑

こんなにはっきり見えるとは。と

サーフィンでももちろん波がはっきりと見えるようになったので上達しましたし、より一層サーフィンに夢中になったというワケなんです。

海の中で外れないの?

これ1番気になるところだと思います。

もちろん海中で目を開けていれば外れる可能性は大です。

サーフィンをしている時において、海中にはいる時はドルフィンスルーの時と波に巻かれてしまった時です。

海中にいる間は目を瞑っていればコンタクトレンズが外れることはありませんから。

私アンディ、コンタクトサーファー歴15年近くになりますが、過去に1回だけ目を開けたままドルフィンスルーをしてしまって海面に出た時にコンタクトが外れてしまった経験が1回だけあります。

後にも先にもこの1回だけ。

15年で1回くらいでは外れるうちに入らないレベルだと思います。

ドルフィンした後やパーリングした後にむやみに顔をこすらないように気をつければ更にコンタクトが外れる可能性は低くなりますよ。

まとめ

サーフィンにおいて”視界”というものは非常に大切なものです。

メガネではサーフィンはもちろんできないですし、度が入っているゴーグルなどもありますが外れてしまう可能性大なので、コンタクトレンズが絶対おすすめ。

コンタクトレンズでもハードだと砂が入ってしまうと痛いですし、外れてなくしてしまった場合は高価なものですから大変です。

なので、ソフトの1day(1日着用して使い捨て)か2week(2週間)がおすすめです。

2weekより1dayのコンタクトレンズの方が少し割高なので私の場合は2weekを使っています。

サーフィンしていると結構目の中に砂が入る場合があるのでハードはやめたほうがいいです。

もし外れた時のことを考えて海に行く際は予備のコンタクトレンズを持参しましょうね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする