【京都】肉バル銀次郎の近江牛ステーキ重

皆さん今日も1日お疲れ様でした。

今日は比較的暖かい1日となりましたが、明日からまた寒くなるそうなので忙しいこの師走の時期に風邪をひかないように気をつけましょうね~

さて、私先日近畿・関西方面へ旅行に行ったのですが、最終日の京都観光に行った時にランチに近江牛のステーキ重を食べてきました。

リーズナブルな値段で近江牛が食べられるという事で、気分は行く前からルンルンです♪

ところで皆さん近江牛ってご存知でしょうか?

スポンサーリンク

近江牛(おうみうし)

近江牛とは、原産地が滋賀県産であり、日本三大和牛の中の1つです。

三大和牛とは日本の代表的な銘柄牛のことでして、近江牛の他に松坂牛、神戸牛、米沢牛のことをいいます。

あれ?4つあるじゃんとお思いの方もいらっしゃると思いますが、三大和牛とはいつしかつけられた日本の代表的な和牛のことでして、3つではないんです。

まあ、早い話がお値段がとってもいいお肉という事ですね笑

そんな近江牛がリーズナブルな値段で食べられるとあって、楽しみにしながら食べられる場所へ向かいます。

その場所は

肉バル銀次郎

肉バル銀次郎さんです。

京都にはこの銀次郎が3店舗ほどあるらしいのですが、私達が向かったのは銀次郎京都駅前東店さんに行ってきました。

京都駅の北東にありまして、七条通りと東洞院通りがぶつかる交差点の角にお店があります。

今年の夏にオープンしたばかりの新しいお店です。

肉バル銀次郎とは、近江牛を中心とした肉料理が楽しめると書いてありました。

期待を胸に膨らませて、13時にお店に到着。

車で向かったのですが、お店の駐車場がなかったので、お店の向かいにある駐車場へ車を停めて入店。

店内はこじんまりとしていて、オシャレな感じの造りになっています。

1階は結構お客さんがいたので、4人で行った私達は2階へ通されました。

2階はテーブル席がメインの造りになっています。

肉バル銀次郎 内観

2階の壁には京都市の地図でしょうか?壁一面に描かれています。

そしてテーブル席に着席し、メニューを拝見。メニューの画像です↓

肉バル銀次郎 メニュー

リーズナブルなお値段とはいえ近江牛ステーキ重が3,800円(税抜き)ですよ!!

神戸牛のステーキ重は6,000円ですので私の目には入りません笑

近江牛は滅多に食べられる機会って私の場合ほとんどないのですが、ここから5分悩みましたよ。熟成牛のハラミステーキにしようか近江牛のステーキ重にしようか。

そこで私は決断しました!!⑧番の近江牛ステーキ重をお願いしますと!!

しばらく質素な生活をしますよ。。。

だってせっかくのチャンスなんですもん。。。

ランチでこんないいお値段の食べ物を食べた経験はほぼないです。うなぎくらいですかね。

そして待つこと10分。待望の近江牛さんが登場!!

近江牛のステーキ重

重箱で近江牛さんはやってきました!!どきどきのご対面です!!

近江牛のステーキ重

これが近江牛さんです!!

早速頂きます。

まずは1口。

う、う、うまい、うますぎる。。。

口の中で肉がとろけていきます。これが近江牛さんですか。あんたすごいよ。

これはご飯が進みますよ~

近江牛ってこんなにも美味しいんですね~さすが3,800円もするだけはありました。

そしてもちろんペロッと完食です。

近江牛でこんなに美味しいのなら6,000円の神戸牛のステーキ重はどんな味なんだ?と疑問に思ったくらいのお肉が美味しかったです。

京都の綺麗な紅葉をみて美味しいランチを食べて贅沢すぎる一日となりました。

しばらくは質素な生活をしますよ。。。

肉バル銀次郎京都駅前東店の詳細

住所    京都府京都市下京区七条通烏丸東入真苧屋町220-1

TEL    075-353-7015

営業時間  ランチ  11:30~14:30

ディナー 17:00~24:00

年中無休

地図はこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする