【ラーメン】どうとんぼり神座(かむくら)

皆さん今日も1日お疲れさまでした。

さて、先日大阪方面へ旅行に行ってきたのですが、行ってみたかったラーメン屋さんの神座(かむくら)へ行ってきました。画像は道頓掘です。

%e9%81%93%e9%a0%93%e5%a0%80

何故「道頓堀」と言うのか由来を調べてみたところ、豊臣秀吉の安土桃山時代に「安井道頓」という商人がいて、大阪の物流の利便性を図るために豊臣秀吉から許可をもらってこのお堀を造ったそうです。

その名がつけられて道頓堀なんですね。

そんな道頓堀周辺を散策していよいよ目的の「神座」へ

スポンサーリンク

どうとんぼり神座

向かった所は千日前商店街にある千日前店です。すぐ近く(奥)に本店があるそうなんですが、商店街沿いの千日前店へ。

神座は大阪のラーメンランキングで第1位にもなった事があるそうで、期待が膨らみます。

23時頃行ったのですが、お客さんが店の3分の2くらいいました。さすが有名店ですね。

入り口に食券機があるのでそこで食券を購入します。

私は「おいしいラーメン」を購入。630円です。

店内へ入ると長いカウンターがコの字型になっており、店内は一方通行らしく、正面の入り口から入って出るときは奥の裏口から出るようになっています。

このシステムは珍しいですね。混雑を避ける為なのでしょうかね。

店員さんは皆コック帽を被っており、フレンチの料理人のようなイデタチです。

早速食券を渡してラーメンがくるのを待ちます。店内には沢山の有名人のサインの色紙が所狭しと並んでいました。

そして待つこと5分

おいしいラーメン

%e3%81%8b%e3%82%80%e3%81%8f%e3%82%89%e3%80%80%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%b3

ついにきましたおいしいラーメンです。

具はチャーシューと白菜が入っています。

まずはスープを1口。ん?普段食べているラーメンのスープとは全く違います。

これはブイヨンか?コンソメか?もう1口すすると何とも言えない甘い感じの味でして、上品な味とでも言いましょうか。

そしてラーメンは細麺の玉子麺で細いながらも弾力があり、モチモチしていてスープと絡んで美味しいです。

白菜はこのスープに良くあっており、煮込んであるので柔らかく、スープの味が染み込んでいてイケてます。

チャーシューも柔らかく私の好きなチャーシューです。

見た目は少し脂っぽいかなと思ったのですが、そんな事は全くなく、かなりさっぱりとしたスープだったのでほぼ飲み干して完食です。

食べ終わってから気がついたのですが、目の前にニラが置かれておりまして、隣のお客さんがそのニラを目一杯入れて食べていました。

ちょっともったいない事をしてしまいました。

ニラを入れたラーメンも食べたかったのに~悲

最近のラーメンはこってり系が流行っておりますが、この神座のラーメンは完全なさっぱり系のラーメンですね。

食いだおれの街、大阪には他にも行きたい店はたくさんあるのですが、この神座は正解でした。

また食べたいラーメンです。

道頓堀周辺は他にもたくさんのラーメン屋さんがあったので次は違うラーメン屋さんに行こうかまたこの神座で食べようか迷います笑

ご馳走様でした。

どうとんぼり神座(千日前店) 情報

住所    大阪府大阪市中央区道頓堀1-6-32

TEL    06-6213-1238

営業時間  11:00~7:00

店休日   年中無休

お店の場所

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする