【宇佐美 サーフィン】やはり大潮の上げ込みは激熱!?腰前後のファンウェーブ!

スポンサーリンク



ども、アンディです。

ゴールデンウィークはどうやら首都圏や大阪などで緊急事態宣言の影響で去年と同じような連休になるそうな4月の終わり。

連休前の宇佐美は巨大な台風2号の影響もあってか、微妙に腰〜腹までサイズアップ。

土曜日こそ飲み過ぎて具合悪かったアンディは一日死んでいましたが、日曜日こそはと気合を入れて朝8時起床笑

だって干潮時刻が10時なんだもん。。。

朝一入ってもすぐに潮がひいてしまうというわけでこの日は干潮時刻の10時から潮の上げ込みを狙ってお昼前後にサーフィンする事に。

サーフブーツはもう必要ないので5ミリ×3ミリのフルスーツのウエットを積み込んで向かいます。

頼むよ〜波あってくれ〜と思いながら亀石峠を越えるアンディ。

11時に到着。

さあどうだ!?

ちなみに関連記事はこちら

【サーフィン 伊豆宇佐美】4月なのにドルフィンで頭キンキンで寒かったよ。。。




2021.4.25 宇佐美サーフィン

波チェック

まずは左側から。

サイズはまずまず。まだ残ってて良かった〜

腰前後といったところですが速い波質でほぼダンパー気味。

もいっちょ左側。

ドカーンと白波立ってます。

ちょい厳しいコンディション。

続いて右側。

右側はサイズが1サイズ落ちており、モモ前後。

こちらも速めの波質。

もいっちょ右側。

潮がひいている影響もあってインサイド寄りの力のないショアブレイク。

もいっちょ右側。

うーん、厳しい波質ですね〜

続いて中央河口付近。

良い波とは言えませんが、レギュラーグーフィー共に割れて何とかできそうな感じ。

サイズは腰前後。

もいっちょ

ショートライドなら可能な波。

もいっちょ河口付近。

やっぱり河口付近は砂や砂利が溜まるせいか割れやすくなってる感じ。

これなら十分遊べそう。

もいっちょ河口付近。

レギュラーの方がインサイドまで割れているので乗れそうです。

潮がひいているので小波ですが、潮が満ちてくればもう1サイズ上がりそうな気配。

さあ、もいっちょいきまっせ〜河口付近。

うん、十分やれそうです。

この割れ方なら潮が上げてサイズアップすればファンウェーブになるかも!!

というわけで中央河口付近で入る事に。

中央河口付近でサーフ

4月といえどこの日は気温が高く、日差しが強い。

水温はまだまだ低いですが、もうノーサーフブーツでいいでしょ〜てなわけで5ミリ×3ミリのラッシュ様を見に纏い、ワックス塗り塗り、ワセリンを首周りに塗り塗りしていざ入水!

時刻は11時半。

大潮なのでここから急激に潮が上げ込んでくるのでワクワクが止まらないアラフォーは日焼け止めを塗り忘れましたが一旦海からあがるのがめんどくさいのでそのままサーフィン。

画像撮った時は河口付近のサーファーはいませんでしたが、入水時には2名のサーファーが先に入ってました。

ストレッチしながら見てると先客のサーファーがガンガンショートライドかましてます!

急いで入水。

外が気温が高いので海水が一瞬冷っとしますが、ブーツ無しでも全然OK。

セットの腹サイズの波はダンパー気味ですが、腰くらいのミドルサイズはショートライド全然OKな波質。

ただ河口付近なので沖にもっていかれるカレントがあるのでパドリングしながらのサーフィン。

しばらく入っていると潮が上げ始めミドルタイドの恩恵か切れた波が入った時よりも増え、腰オーバーの波でも切れた波が!

基本速い波質ですがフェイスが張っており、2アクションからのインサイドまで攻められる波がきて激アツ状態!

そこから20本くらい乗ってもう満腹寸前の時に段々とサーファーが河口付近で入水してきたのでサーフィン終了。

まとめ アンディ波乗りカウンター2021

いやぁ、久々に良い波乗りまくりました♪

やっぱりこうゆう事があるからちょいちょい波乗りには行っておかないともったいないっすね〜汗

4月といえどもう紫外線全開なので日焼けしてしまいましたよ。。。

日焼け止め必要ですねやっぱり。。。

4月25日の時点で年間波乗り日数は6日。

(年間目標80日)。

まで月平均で0.5日か。まだまだ全然っすね。

ゴールデンウィークに波があれば捲りますよ〜!

サーフィン最高!!!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする