【ベトナム・ハノイ】市内で一番有名で美味しいフォー!おすすめ!

ども、アンディです。

実はアンディ、3泊4日でベトナムのハノイに観光旅行に行ってきました~

ベトナムは今年で2回目の訪問です。

旅行中にハノイ市内で食べたフォーがあまりにも美味しかったので皆さんベトナムのハノイに行った際には是非食べてもらいベトナム料理なので書いていこうと思います。

地元のガイドさんにハノイで一番美味しいフォーが食べられるお店に連れて行って欲しいと頼んだところ、このお店でした。

これはかなり美味しかったです。ハノイに行ったら絶対に食べるべきオススメのフォーです。

これは確かにうまい!

Mai Anh(マイ・アイン)という名前のお店です。

ホアンキエム湖の南にお店があってホアンキエム湖から車で5分くらいの場所にあります。

しかも観光客が少なく地元の雰囲気が味わえたので思い出に残りましたね。

ちなみに前回の旅行記事はこちら

【海外旅行】ベトナムに行く際に最低この5つの持ち物は必要!注意点!

スポンサーリンク

Mai Anh(マイ・アイン)

外観

黒い看板が目印でして、お昼時の13時前に来店したのですが、お客さんが結構入っており、人気店という事がうかがえますね。

お客さんは皆地元のベトナム人でしたよ~

地元の雰囲気が味わえそう。

店内入り口でフォーを作っていましたので煮込んでいる鍋も入口にあったのでパシャリ。

鶏を丸ごと煮込んでいて間違いなく良いダシが出ていますよこれは。

ベトナムのフォーでも2種類ありましてフォー・ガ(鶏肉)フォー・ボー(牛肉)のフォーがあるのですが、この店はフォー・ガ(鶏肉)のフォーだけ食べられるようです。

牛肉のフォーのお店が多いらしいのですが(ガイドさん曰く)、このお店は鶏肉のフォー1本で営業しているのでよほど自信があるのでしょうね。

入口で注文して席に着くシステムになっています。

店内は決して広くはないですがこれぞ地域密着型のお店といったところ。

長いテーブルが4つほど並んでいて1つのテーブルに10人程座る事ができます。

PHO GAは鶏肉のフォーという意味なので解りますが後は解りませんw

まあ、宣伝の看板というところでしょうね。

長テーブルに座って5分ほどで念願のハノイで一番美味しいと言われるフォーが運ばれてきました。

Mai Anh(マイ・アイン) フォー・ガ

きましたよこれがハノイで一番有名なマイアインのフォーです。

野菜と鶏肉、肉団子がノーマルのデフォルトで入っています。

値段はこれで一杯5万ドン(250円)です。

これに地元のベトナム人の食べ方はクウァイという揚げパンをスープに浸して食べるらしいのでトッピングで注文。あともやしも。

このクアイをベトナムではフォーのスープに浸して食べるのが一般的らしい。

このクウァイの値段は一皿1万ドン(50円)

もやしと横にあるのが塩です。

味付けが薄かったら入れろという事なのでしょうね。

どこのお店でもフォーを注文すると必ず付いてくるのが赤唐辛子とカットレモンです。

とりあえず何も入れずにスープを一口。

うん、うまいっす!

あっさりしたスープに鶏のダシが良く出ていてコクがあります。

日本の味で言えば鶏白湯のスープに似てますね~日本人に合う味です。

臭みも独特なエスニックな香りも全くありません。

もやしと赤唐辛子を一片投入して頂きます。

フォーともやしが合わさって食感グッド。

鶏肉も良く煮込まれているので柔らかくて美味しいっす。

少し私には薄味だったので塩を一掴み入れたらちょうどいい感じ。

このスープにクウァイを投入して充分にスープを染み込ませて食べたのですがこれがまたいける。油っこさもほとんどなく美味しい。

肉団子も入っているので大人一人でも一杯で充分にお腹が満たされました。

しめて合計6万ドン(300円)でした。

まとめ アクセス

ハノイで有名な人気店だというのは伊達ではありませんでしたよ。

旅行やハノイに仕事に行く人は是非食べてもらいたいベトナム料理ですね~

ただし、赤唐辛子がかなり辛いので入れ過ぎにご注意を。

私の場合一片入れただけで辛いくらいでしたからね。

ベトナムでのフォーの平均的な値段は一杯3万ドン~4万ドンらしいのですが、ここのお店のフォーは5万ドンとやや高めな価格設定です。強気ですね~

5万ドンと言っても250円なので日本人の感覚からしたらやっぱり安いのでお財布にも優しいのでこれは食べるべきだと思いますよ~

以上、アンディのベトナムフォー体験記でした~

場所   Le Van Huu,Hai Ba Trung,Hanoi,Vietnam

営業時間  朝5:00~夕方16:00まで

地図はこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク