【海外旅行】ベトナムに行く際に最低この5つの持ち物は必要!注意点!

ども、アンディです。

私今年も今週に3泊4日でベトナムのハノイに観光旅行に行ってくるのですが、去年ベトナムに行った時にこれは日本から持って行くべき持ち物だなと思った5つのものがあるんですよね~

あと注意点も書いていこうと思います。

まあ、持ち物と言っても着るものや日用品は必ず持って行くものだと思いますので省きます。

もちろんパスポートや旅券なども省きますよ笑

これは持っていくべきだと思ったものを5つ紹介しようと思います。

着るものなんですが、ベトナムのハノイの1月の気候は沖縄と大体同じ緯度に位置しておりますので、南国と言うよりかは東京で言えば5月、11月ぐらいの気温ぐらいしか上がらないので上着は1枚持っていくといいと思いますよ~

1月は半袖、半ズボンでは過ごせませんのでご注意を。

では、本題へ

ちなみに前回の旅行記事はこちら

【海外旅行】財布は持ち歩かないで!マネークリップを活用しよう!

スポンサーリンク

ベトナム旅行に持っていくもの5選

整腸剤、胃薬

ベトナムの料理はフォーなどのさっぱりとした料理もあれば、パクチーなどをふんだんに使った料理もあります。

揚げ物の春巻きなども有名です。

普段慣れていない食べ物が多いのでお腹の調子が悪くなる可能性があります。

そんな時に活躍してくれるのが「整腸剤・胃薬」なんですよね。

私、去年実際にベトナムに行った際に食べ物でお腹を壊してしまい、整腸剤を持っていたのでそれを飲んで回復しました。

旅行が台無しにならない為にも持って行く事をおすすめします。

去年泊まったハノイのホテルはなかなかいいクラスのホテルでしたが、部屋にあるカミソリがT字の一枚刃のものでカミソリ負けしました。。。

これは日本で買って持っていったほうが安心ですよ~5枚刃最強です。

もちろん髭剃りローションも。

あと、シャンプーやコンディショナー、ボディーソープも完備されているのですが、匂いが独特ですし、あまり泡立ちませんでした笑

男性の方はいいのですが、女性の方は気になると思いますのでシャンプーセット(ボディーソープ付)のものが薬局やコンビニで売っていますので持って行く事をおすすめしますよ~

 スマホバッテリー

充電器は勿論持っていくものだと思いますが、私がオススメするのはスマホ用のバッテリーです。

例えばハロン湾などに観光に行く時はハノイ市内からハロン湾までバスや車で4~5時間かかります。

途中で別の場所に観光にも行くはずですし、写真も撮るはず。

ハロン湾に着いてスマホで沢山写真を撮りたいのに充電がなくなって撮れなかった。。なんで事態にならないようにバッテリーを持って行くことをおすすめします。

ちなみにバッテリーは発火の恐れがあるのでスーツケースだと機内に持ち込みできません

手荷物ならOKなので必ず手荷物で機内に持ち込みましょう。

 マネークリップ

ベトナムで現地の紙幣のドンに両替すると、かなりの紙幣の量になって戻ってきます。

ベトナムはほとんど紙幣で買い物をするという事を覚えておくといいです。

一番高価な紙幣が50万ドンというお札で価値が約2,500円です。

何十枚の紙幣となってしまうわけなんですよね。

財布などにその両替したドン札を入れるとなると財布が分厚くなってかなり使い勝手が悪いです。

そこで活躍してくれるのがマネークリップというアイテムでお札を挟めるもので数十枚なら挟んでポケットに入れておけばがさばる事もなく、財布を持ち歩かないで済むので防犯上でも安全ですからね。

これも是非持っていったほういいですよ。

 ポケットWiFi

ポケットWiFiとは、小さい機器を日本でレンタルして持っていけばその機器を持っていればどこでもWiFi接続ができるという海外旅行では必需品といっても過言ではありません。

これはベトナムに限らず海外旅行に行く際は必ず持って行きましょう。

海外でWiFi接続しないで通話やインターネットやSNSを使うと高額な通信料(パケット通信料)が発生してしまいます。

そうならない為にも持って行く事をおすすめします。

私は海外に行った際は必ず持っていっていますし、「機内モード+WiFi ON」とスマホの設定をしておけばWiFi環境下でしか通信できないようにしています。

これなら高額な通信料が発生することがないですし、LINE(ライン)やSNSなどで日本にいる人といつでも連絡がとれますからね。

1日千円程度でレンタルできますので安心を買うと思えば安いものですしね。

まとめ 注意点

以上はベトナムに持って行くべきもの5選です。

というか、東南アジアのベトナム、タイ、ラオス、カンボジア、インドネシア、マレーシアなどで全てに共通する持ち物です。

あと気をつけるべき事は、日本より安全な国はないという事。

現地で観光中の間は必ず肩にかけるショルダーバッグに貴重品を入れて行動しましょう。

スリやひったくり防止です。

あと、ホテルの水は飲んではいけません。歯磨きをする際は備え付けのミネラルウォーターで口をゆすぐ事をおすすめします。

街を歩いていると、押し売りに遭う場合がありますが、毅然とした態度で「NO」と言えばそれ以上は言ってきませんから。

くれぐれも日本の感覚でいないように。

では、以上の事を気を付けて良い旅行を♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク