肩を強打して鎖骨骨折で手術した入院体験談!全身麻酔~完治まで

ども、アンディです。

先日自転車に乗っていて、雨が降ってきたので家路に急いでいた時に段差で転んでしまい、左肩を強打してしまった時に肩に激痛が走りました泣

とりあえずもう夜も遅かったこともあり、家にあった湿布を貼って寝ました。

がしかし痛くて寝返りが打てませんでしたよ。。。

幸い週末で連休だったので、湿布を貼って安静にしていましたが、腕が真横から上には痛みで上がらない状態です。。。

肩を鏡で見てみると、若干貼れて内出血はしているものの、自分の頭の中には「きっと肩の筋か腱を痛めたのだろう」と骨折ということは全く考えていなかったので、その後も湿布を貼って様子を見ていました。

しかし、すぐに病院に行けばよかったのですが、骨折など全く頭になかったので炎症が収まれば良くなるだろうと勝手に思い込んでいましたね。

痛みはあるものの、日に日に腕が上がるようになってきていたので。

しかし、肩を強打してから1週間経っても120度くらい腕を上げると肩の痛みがとれなかった為、整形外科に行ってみることにしました。(当然、その間は左腕があまり使えない状態)

ちなみに前回入院した体験談はこちら↓

CRPの数値が20以上(オーバー)になった時の話 高い!即入院体験談

スポンサーリンク

病院へ(整形外科)

診察

肩を強打して1週間。

病院で診察。

先生に患部を見せたところ、「レントゲンを撮りましょう」と言われ、レントゲンを撮りました。(この時はまだ自分では骨折とは思っていない)

そして、先生に呼ばれ「アンディさん、鎖骨が折れていますよ」と。

まさかの骨折にアンディびっくりです。

骨折しているのに痛いながらも1週間日常生活できていたんですけど。。。

先生曰く「正確には鎖骨でも鎖骨遠位端骨折です。鎖骨の一番肩よりの辺りがポッキリと折れてしまっています

アンディ、呆然。

さらに先生曰く「折れた部位が肩回りで一番動く場所なのでプレートで固定する手術をしたほうがいい

手術しないでも治る方法がないか聞いたところ、保存療法といって、肩をバンドで固定して自然治癒させる方法もあるらしいのですが、それだと骨がくっつきにくい部位なので治らない可能性があるとの事。

そうなったら手術しなければならないので早いうちに手術してしまった方がいいと言われました。。。

とりあえず、2日後までに手術するか保存療法をするか決めて下さいと言われ、帰宅。

とりあえず、家で考えましたが、やはり確実に治せる手術を決断。

二日後に手術の意思を伝え、入院して手術となりました。

入院~手術当日

入院当日の朝9時。

入院の手続きを済ませ、病室へ。4人部屋です。

入院当日に全身麻酔による手術だったので、朝の7時以降は絶食です。水も飲んではいけないとの事。

血栓ができるのを防ぐために弾性ストッキングというものを購入して手術に備えます。

そして、午前中に栄養剤の点滴を右手に打たれて(これで両腕の自由がきかなくなる)手術に備えます。

人生初の全身麻酔での手術。

13時45分に手術室に点滴をぶら下げながら自分で歩いて向かいます。

手術室に入る前に専用のベッドに横になり、いよいよ手術室へ。

酸素マスクを付けられ、麻酔の点滴を打ったら意識がなくなると言われ、点滴しますよ~と言われて5秒後にはもう意識がなく、次に目が覚めた時にはもう手術が終了していました。

時刻は16時くらいでしたね。

そして、病室にベッドで運ばれてもしばらくは意識が朦朧とした状態が続きます。

そして、「消灯です。」とアナウンスが流れたので意識が朦朧としたまま21時になったという事になります。

全身麻酔効きすぎ。。。

そして、完全に意識が戻ったのは日付が変わった頃です。

まず思ったのが手術したところがものすごく痛い!!ちょっと体を動かすだけで激痛です泣

そして、喉がカラカラだったので看護婦さんを呼んで水を飲ませてまらいました。

痛くて起き上がれないのでストローで飲ませてもらい、寝ようとしましたが痛すぎてこの日は全く寝る事ができませんでしたよ。。。

入院~手術後翌日

手術当日の夜は全く寝る事ができずに朝を迎えました。

痛みは相変わらず続くものの、夜中の痛みから若干ですが痛みが収まってきた感じです。

手術後の痛みのピークが10だとしたら術後翌日の朝は8といったところ。

自力では痛くて起き上がる事が出来ないため、電動のリクライニングを使って何とか起き上がれる状態です。

顔を拭くおしぼりが出されたので顔を拭くのですが、これだけで少しさっぱりしました。

相変わらず痛みが続いていたところ、朝食後に看護婦さんから痛み止めを頂いたので早速飲みました。

しかしまだまだ痛いもんは痛いですけど。

朝に抗生剤と栄養剤の点滴を打ってあとは8時間間隔での抗生剤を打てばいいとの事。

抗生剤の点滴は量が少ないので40分くらいで終わるので楽でしたね。

手術翌日の午後には点滴地獄から逃れてようやく自由の身に。

そして患部の消毒です。

看護婦さんが体を拭いてくれました。ありがたい。

患部を撮影してみました。

※グロ画像です。閲覧注意

手術翌日のガーゼ交換ではまだ傷口から出血していました。。。

しかし、先生曰くこのくらいの出血なら問題ないとの事。一安心です。

そして、入院後初の米を昼食で頂きました。食後のコーヒーも。

この頃になると、朝飲んだ痛み止めが効いてきたのか痛みが大分収まってきました。といっても10のうち5くらいといったところなのでまだまだ痛い。

しかし、痛みが収まってきたのもあり、肩が痛いだけで体は元気なので今度は「」という難関が待ち構えていましたよ。。。

ベッドの横にテレビがあったのですが、首を横に向けてテレビを見ていると、患部がつっぱるようで痛いので長時間見てられません。

本を買ってきたのですが、左腕が使えない状態なので読むことができず。。。

30分テレビをみて病院内をフラフラと散歩して時間を潰しました。

そして、夕方になり、再び抗生剤の点滴。

夕食を食べて痛み止めを飲んで就寝までテレビを見たりスマホをいじったりして時間を潰しました。

手術2日目の夜になるとあの術後の痛みのピークが半減以下の痛みになりました。10のうち4くらい

この日は前日全く寝られなかったのと肩の痛みが和らいだ事もあってか、5時間くらい爆睡できました。

入院~手術2日目

朝6時起床。

テレビを見たりスマホをいじったりした後、朝食を食べてから痛み止めを飲みました。

手術から2日目の肩の痛みは10のうち3~4くらいです。

そして、最後の抗生剤の点滴を打ってこれで点滴はもうやらないとの事。

痛みが和らいできてはいるものの、肩を無意識にかばっているせいか、首筋から肩にかけてものすごく凝っていました。がしかし、どうしようもないのでそれも耐えるしかありません。

検温、血圧などを測ってからひたすら時間を潰し、昼食。

入院してから熱が上がるような事は一度もなかったのでそこは良かった。

昼食後にまたひたすら時間を潰し(この日は面会に来てくれた人がいたのでありがたかったっす)夕食を食べてから痛み止めを飲んで時間を潰し、就寝。

2日目の夜になると、多少肩を動かしても問題ないくらいの痛みになっていましたね。10のうち2~3くらい

入院~手術3日目

朝6時起床。いよいよ退院当日です。

朝食を食べてから痛み止めを飲んで先生が患部を見てOKが出れば無事退院です。

10時に患部のチェック。

傷口も順調にふさがってきているようで、出血もなかったため退院OK。

※再びグロ画像 閲覧注意(手術4日目の傷跡)

出血はないものの、ホッチキスみたいなやつで綺麗に傷口が塞がれています。

10センチくらい切開した傷が生々しい。。。

そして、いよいよ待ちに待った退院です。

と、その前に皆さん気になる入院・手術の費用は全額で12万7000円(3割負担で)くらい支払いました!!

まあ、後で高額療養費申請で戻ってくるからとりあえず一回全額払った格好です。

限度額適用認定証を申請したものの、4日間の入院では間に合いませんでした。

まあ、何はともあれ退院しました!!

退院7日後~抜糸

退院後は左腕が使えないので仕事は事務所で雑用のみ。

そして退院後の次の土曜日に手術で切開した患部の抜糸をしました。

ホッチキスみたいなやつをペンチみたいな道具で引っこ抜いていきました。。。

抜糸時はちょっと痛いくらいで済みましたよ~

これでとりあえずは治療終了となりました。

手術から抜糸まで11日間かかりました。

後は傷口が完全に塞がってくれれば骨がくっつくのを待つだけです。

抜糸から2か月後

翌年の2月1日に最後にレントゲンをとり、もう動かしても激しい運動やスポーツをしてもOKという事で治療終了。

まだプレートは入ったままですが、また半年後に摘出しましょうとの事。

一応完治しました。

11月21日に手術をして翌年2月1日で完治だとの説明を受けましたので、全治10週間くらい。

一般的な鎖骨の全治の期間は8~12週間らしいので平均くらいでしょうか。

そして生命保険を使う為に入院・通院・手術証明書(診断書)を書いてもらってとりあえずこれで終了。

この診断書を書いてもらうだけで費用が5,400円かかりましたよ。。。

まあ、保険金もらうのでしょうがない出費といえばそうなんですけどねぇ。。。

まとめ

以上がアンディの鎖骨遠位端骨折してからの手術してからの抜糸までの体験談でした。

感想は手術後がとにかく痛い!!ということです。

鎖骨は折れ方によって保存療法か手術か治療方法が分かれるらしいのですが、ほぼ手術らしいですので肩を強打して鎖骨を折った際には手術を覚悟して下さい。

どっちが良い?と聞かれても結局手術した方が確実と言われれば手術してしまったほうが良いと思います。

今、この記事を読んでいる人はこれから鎖骨を折って手術する人や手術して患部がすごく痛いといった方達でしょう。

手術後はかなり痛みがあり、患部がジンジンと痛いのですが、必ず段々と痛みが収まってきますので安心して下さいね~

まあ、まだまだしばらくは安静にしていなければならないですけど。。。

唯一の救いは利き手の右腕ではなかった事と、約2週間お風呂に入れなかったですが、寒い時期なので不快ではなかったことですかね。

手術後2カ月は不便な日が続きます。。。

抜糸後の通院は3日でした。

以上、アンディの鎖骨骨折体験談でした~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク