【サーフィン】梅雨の時期は波がないので初心者は始めるのに最適

どーも、アンディです。

いよいよジメジメとした梅雨の季節になりました。

ムシムシとしていて汗もかくし体がベタベタするし本当に嫌な季節ですよね~本格的な夏になる前の試練みたいなもんですかね。

サーファーにとっても梅雨の時期は心もジメジメとしまいそうなスモールウェーブが続く日々です泣

えっ?梅雨の時期って波がないの?と思う人いるかと思いますが、1年を通して1番波がなくなってしまう時期がまさに今の梅雨の季節なんですよね。

がしかし!!波がない時のまさに今こそ初心者は練習できるいい時期なんですよね。

梅雨に波がない理由と初心者にとって梅雨の時期にサーフィンを始めるべき理由を書いていきます。

スポンサーリンク

なぜ梅雨の時期は波がないのか?

梅雨の時期の天気図を見てもらえばわかると思いますが、梅雨時の天気図にはある前線が東西にかけて通っているのは皆さんご存知ではないでしょうか。

そうです。梅雨前線です。

この前線が日本の南側に停滞しているために、南からの波のウネリがブロックされてしまい、太平洋沿岸まで届かずに、波が小さいんです。

日本の南の海上に梅雨前線が停滞している時はほぼスモールウェーブだと考えたほうがいいですね。

こればっかりはどうしようもないので、あきらめて小波でサーフィンしましょう。

陸にいたって雨降ったり湿気でジメジメとしている時期なのでどうせなら海に入っていたほうが小波ちゃんでもまだマシというもの。

ただし、梅雨前線が張り出していても、波がサイズアップする場合があります。

それは、梅雨前線が北上して日本列島までかかったときは、南ウネリが太平洋側に届くようになってサイズアップする時もあるんですよね。

ただし、波がサイズアップすることは嬉しいのですが、こうゆう時はゲリラ豪雨や落雷が起こる可能性があるので注意しましょうね~

初心者が梅雨の時期に始めたほうがいいワケ

まず、上記で述べたように梅雨の時期は大体がスモールウェーブなので、サーフィンをこれから始めるにはベストな時期なんです。

いきなり大きい波の時にサーフィンを始めようとしても多分、辛いだけでしょう。練習にもなりませんからね。

梅雨は雨が降るし本格的に夏になったらサーフィンを始めようと思っている人よ!!夏になってからだと海は混雑するし事故があったら嫌ですよね。

だったら梅雨の時期は波が小波なのでサーファーの数も少ないですし、練習にはもってこいです!!夏までに少しでも多く練習して他の人に差をつけられればかっこいいではないですか!!

夏は台風もやってくる時期でもあり、1年を通して波がサイズアップする時期なんですよ。

少しでも上達して夏を迎えたほうが間違いなく利口ですから。

これからサーフィンを始めようと思っている人は今の時期!!今でしょ!!ってことですぐに始めましょう。

周りに少しでも差をつけてビビらせましょう笑

私がサーフィンを始めた時は夏でして、台風大当たりの年で全然サーフィンどころではなかったですよ!!

それでもよく諦めずに海に行ったなって思いますもん。

では、良いサーフィンライフを♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする