【海外旅行】財布は持ち歩かないで!マネークリップを活用しよう!

ども、アンディです。

皆さん年末年始は海外で過ごすという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私も来月にベトナム旅行が控えていますので。

今回は海外旅行に行った際に財布は持ち歩かないでマネークリップを活用した方が良いという話です。

財布よりマネークリップをオススメする理由をこれから書いて行こうと思います。

海外で財布を持ち歩くのはリスクが大きいです。危険。

ちなみに前回の海外旅行記事はこちら

海外旅行はWiFiをレンタルして機内モード+WiFi ONで安心安全にネットを利用

スポンサーリンク

マネークリップをおすすめする理由

そもそもマネークリップとは

マネークリップとはその名の通りお金を挟むクリップの事です。

お金の他にちょっとしたカードやクレジットカードなどを挟み込む事もできるクリップです。

画像のマネークリップが年季が入っていますが、このマネークリップは私がオーストラリアにワーキングホリデーに行く前に友人からもらったプレゼントのでして、15年近く経った今でも大切に愛用しているもの。

裏はこんな感じ

シンプルイズベスト。

これがマネークリップというものになります。

海外旅行で両替をすると大量の紙幣になってしまう

ベトナムの場合で言うと一番高価な紙幣が50万ドンという紙幣で約2500円の価値です。

その他に20万ドンや10万ドン、5万ドンなどの紙幣に両替すると何十枚もの紙幣になるというわけなんですよね。(店によっては50万ドン渡してもお釣りがない店もあるという事)

そうなると、財布がパンパンになって分厚くなってしまうので使い勝手が悪くなってしまいます。

長財布だとポケットに入れられないですし、折りたたみの財布でも何十枚の紙幣があると折りたたみづらくなってこれまた使い勝手が悪いというわけです。

ここで活躍してくれるのがマネークリップです。

三十枚くらいの紙幣なら全然余裕で挟み込めますし、何よりこのマネークリップをポケットから無造作に取り出して支払うのはスマートでかっこいいですよ。

まだ物価の安いアジアの地域では特に必要なものだと思います。

余分なものを持ち歩かなくてすむ

マネークリップにその日に使う分の紙幣を挟んで持ち歩くことによって、万が一盗難やスリに遭遇しても必要最低限の被害で済みます。

ところが財布を持ち歩いて財布ごとと盗難に遭ってしまった場合はもうそれは悲惨です。

クレジットカードや様々なクレジットカード、ポイントカードなどや中には日本の運転免許証を財布に入れている人もいますからね。

それが全てなくなってしまうのと1日現地で使う分のお金がなくなるのとではどちらのほうがマシか明らかだと思います。

財布だと後ろのポケットに入れたりすることがありますが、このマネークリップを使用すれば前ポケットや胸の内側に簡単に収納できますし簡単に取り出す事ができます。

まとめ

というわけなんですがいかがでしたか?

マネークリップ自体が安く購入できますので海外旅行に行く際は是非活用すことをおすすめします。

現地で屋台や出店で何かを食べたり買い物する時は必ず細かい大量の紙幣が必要となりますしね。コインがほぼ流通していない国もありますからね。

マネークリップでお金を挟んでいる人を見るをあぁ、この人旅行慣れしてるな~

とかかっこいいな~と思いますもん。

年末年始、3月に卒業旅行に行くという方もいると思いますが、マネークリップでおしゃれに決めてみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク