サーフィン 海に持って行くと便利(役にたつ)なもの

以前、ブログでサーフィンを始めるのに必要なものを書いたのですが、今回はサーフィンを始めた人にあったら便利なものや役にたつものがいくつかありますので、揚げていこうと思います。(以前のブログのサーフィンを始めるのに必要なものと被るものもありますが)

あくまで必ず必要というわけではないのですが、

サーフィンする上でかなり重宝すると思いますの

で参考までに。

  • スポンサーリンク

    ポリタンク

サーフィンして海から上がったら海水を浴びたままの状態で着替えをする訳にはいきません。ものすごくベタベタしますし。

かといってシャワーが完備してあるサーフポイントは少ないですし、大体有料です。

そこで、ポリタンクに水、またはお湯を入れておけば海から上がった時にサーフボードを洗うこともできますし、体の海水を洗い流すこともできます。

ポリタンクの保温カバーがあると冬にお湯を入れておくとお湯が冷めずに温かいお湯を浴びることもできますので重宝します。

  • ウォーターボックス(バケツ)

バケツといっても普通のプラスチック製やアルミ製のバケツではありません。

柔らかい素材(ゴム)で造られていて、普通のバケツより大き目のサイズです。

海に出掛けるときにウエットスーツやリーシュコードを収納できますし、ポリタンクの水(お湯)を体にかけるときに、このウォーターボックスの中で浴びることができますし、砂場で着替えるときなどは足に砂がつくのを防ぐこともできるので便利です。

また、脱いだウエットスーツをそのまま入れておけば車内が濡れることもないですしね。

ウォーターボックス自体が軽い素材でできているので持ち運びも楽チンです。

  • ポンチョ

ポンチョとは、サーフィン用の布製の生地でできているタオル生地のものです。

着替えのときに頭から被って全身を覆ってくれますので、冬場の着替えに最適です。

経験者なら解るとは思いますが、とにかく冬の着替えはかなり寒いです!

布製の生地なので、洗ったサーフボードも拭くことができます。

  • ワセリン

ウエットスーツを着てサーフィンすると、どうしても首周りや脇の下など、ウエットずれをおこしてしまい皮膚が擦れて痛くなるときがあります。

そんな時に首周りや脇の下にワセリンを塗っておくと、それを防ぐことができます。

  • キーボックス

車でサーフィンをしに行く人がほとんどだと思いますが、海に入るときに車の鍵をどうにかしないといけません。

そんなときに便利なものがキーボックスです。

暗証番号付のロックがかかるタイプのもので、いわゆる南京錠のボックス版です。

車のバンパーなどに取り付けることができますのでセキュリティもしっかりしているので海に入っていても安心です。

  • キッチンテープ

サーフィン中に板がどこかに当たってしまい、ヒビが入ってしまうことがあるかもしれません。

私は以前、海に入る前にサーフボードをコンクリートの地面に落としてしまい、テールにヒビが入ってしまった経験があります。

そんな時にキッチンテープをヒビが入った部分に貼ることで水の浸入を防ぐことができます。

板にヒビが入っちゃったから海入れないよ~なんてことになったらストレス溜まりますしね。

ただ、これは一時的な応急処置なので、後でしっかりとリペア(修理)しましょう。

  • ホットジェル

これは、夏は必要ありませんが、冬は海に入っていると徐々に体が冷えていきます。

体が冷えるとケガの原因にもなりますし、思ったように動けなくなり、自分のサーフィンのパフォーマンスが低下してしまいます。

そこで、このホットジェルをウエットスーツを着る前に体に塗ると、保温効果で塗った部分がぽかぽかするので冬にオススメです。

特に足先や指先、腰などに塗るといいと思います。

こんなところが持って行くと便利なものです。

これらを持っていくことでサーフィンが上達するわけではありませんが、サーフィンをする過程においては重要なものが多いです。

だは、皆さんよいサーフィンライフを♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする