【中国】タクシー事情 料金が安い!活用するべき!白タクは注意

どーも、アンディです。

先日観光旅行で中国の大連に行ってきたのですが、移動の手段はほぼタクシーで移動しました。

空港の送り迎えは現地の友人の知り合いに車で送迎してもらいましたが。

中国での移動手段は主にバス、電車、タクシーです。

バスや電車は乗り方もイマイチ解りませんし、何かトラブルがあると嫌だったのでほぼタクシーを使いました。

タクシーを4日間の旅行で移動の為に使いましたが、使うべきかどうかと言われると、全然使うべきではないかと思います。とても便利ですから。

では、中国のタクシー事情を説明します。

スポンサーリンク

中国でのタクシーの乗り方

中国でのタクシー乗り方は基本日本と同じです。

街中を走っていたり道端で待機しているタクシーに手を挙げれば停車してくれます。

ただし、行き先が近すぎたり勤務時間の終了が近い時に乗ろうとすると乗車拒否されることが稀にありますのであしからず。

日本では乗車拒否などありえませんが、中国なので。

日本のように中国のタクシーは自動ドアではありませんので乗車する際は自分でドアを開けます。

あとは行き先を告げて目的地に着いたら料金を支払います。

基本的には日本のタクシーと同じスタイルなのですが、行き先を告げる際には運転手は中国語しか話せない人がほとんどです。

紙に目的地を書くか、ガイドブックで場所を指差すか翻訳アプリを使って伝えるかという中国ならではの難関が待ち構えています。

伝わればあとは目的地に着くまで外を眺めているだけなので。

私は翻訳アプリが活躍しました。(グーグルの翻訳アプリ)

翻訳アプリを使って運転手に伝えると運転手もすぐに理解してくれましたから。

メモに書いても地図でもガイドブックでもその辺の応用は効きますから全然大丈夫ですよ~

タクシー料金は?

料金は日本と比べると驚くほど安いんです!!

大連の場合は初乗りの運賃が10元(約160円)という安さ。

中国国内でも都市によって多少の上下がありますが、大差はありません。とにかく安いです。

そして、初乗り運賃から3キロ以内の距離なら10元でどこでも行けてしまいます。

3キロを越えたら1分ごとに4角(0.4元)。日本円で約7円弱です。

つまり、3キロを越えて30分走ってとしても10元+4角×30(分)で合計が22元(350円ちょっと)という安さです。

どうでしょうか?これは使うしかないですよね(笑)

ただし、1時間以上とか乗る場合はあらかじめ運転手に交渉しておいたほうが無難です。

いくらで行ってくれるのか初めに聞いておいたほうがよいでしょう。

ちなみに大連の場合、市内の中心部から旅順に観光に行く場合などはタクシーを使っても1時間以上かかるのであらかじめ値段を交渉して決めておいたほうがいいと思います。(150元から200元くらいですかねこの場合は)

あと気をつけたいのが、近い距離でタクシーを使ったときに100元札を出すと運転手は皆おつりがないからと嫌がります。

常に細かいお札は財布に入れておきましょう!!

まとめ

どうでしょうか?

中国語ばかりの訳のわからないルールも解らない電車やバスを使うのであれば(タクシーより安いとは思うが)、タクシーは比較的安全ですし、何より目的地までピンポイントで行けてしまうのでとても便利だと思いますよ!!

私の場合4日間の旅行で使った移動手段はタクシーのみでしたから!!

ぼったくりなどは1度もなかったですね。

ただし、1つだけ気をつけてもらいたいのがいわゆる「白タク(無許可営業)」と呼ばれているタクシーまがいの人に声を掛けられることがあるので注意しましょう。

本物のタクシーと白タクの違いは車の見た目で1発でわかりますし、本物のタクシーの運転手さんは制服を着ています。

白タクと呼ばれているものは明らかに自家用車なのでこれはぼったくりの危険性があるので乗らないように気をつけて下さい。

中国に行った際はタクシーお勧めですよ~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする