【シャークアタック】サーフィン中にサメに遭遇してしまった体験談 

どーも、アンディです。

9月の初旬になり、海水浴の規制も解除されてこれからサーフィン解禁という時に驚きのニュースが入ってきました。

静岡県の磐田市の福田というサーフポイントでサーフィン中の男性がシャークアタックに遭ってしまったというショッキングなニュース。

足を噛まれて結構エグイ傷だったそうです。。。

怖いです。

サーフィンは自然を相手に遊ばせてもらっている一方、自然の脅威というか、恐ろしさを改めて知ることになったと同時に私はある事を思い出しました。

実は私もサーフィン中にサメに遭遇したことがあるんです!!

幸い襲われることはなく、無事でしたがあれは本当に怖かったですよ。

その体験談を書いていきます。

ちなみに前回のサーフィン記事はこちら↓

『【サーフィン】ウェットスーツ ロンスプ?シーガル?どっちがいいの?』

スポンサーリンク

サメに遭遇した時の詳細

もう大分前の話になりますが(サーフィンまだ初心者の頃)、私が伊豆の白浜でサーフィンしていた時の話です。

季節はちょうど今ぐらいで海水浴規制も終わってまだ海水温が高く、スプリングのウェットスーツを着て海に入ってサーフィンしていました。

時間は夕方の時間帯で、平日の上、波が小さかった為、白浜でサーフィンしていたサーファーは私ともう1人しかいませんでした。

天候は曇っていて、たまに小雨が降るような天候。

白浜の中央付近でモモくらいのサイズの波でサーフィンしていた私は、人も少なくてストレスフリーなサーフィンを小波ながら楽しんでしました。

もう1人のサーファーとは30メートルくらい離れていました。

波待ちで海面を見ては海底まで透きとおっており、伊豆の海は綺麗だなぁ。なんて思いながらのんびり波を待っていた時の事です。

再び海面を見ていると海中に黒い影が。

水深は足がつかない所だったので2メートルくらいあったと思います。

その海底に結構でかい魚影が写っているのをはっきりと見てしまったんですよ!!

伊豆の海は透明度が半端じゃないのではっきりと見てしまったというか見えてしまったという感じですね。

体長は1メートル50くらいはあったと思います。

頭がハンマーのような形をしており、体はサメそのものだったのでハンマーヘッドシャーク(シュモクザメ)でした!

一瞬デケェ!と思ったのが最初。海でサーフィンしている時にこんなにデカイ生き物をみたのは初めてだったので少し魅入っていまいましたよ。

そいつは私を中心に円を描くように私の周りをグルリを回っていたんです。

その瞬間に我に返った私はヤバイと思って(近くにサーファーがいなかった。つまり孤独)30メートル離れているサーファーの近くへとパドリングで移動しました。(なんか大声出したらサメに襲われそうな気がしたので)

そして、そのサーファーに普通の声で聞こえるくらいの距離に近づいた時に、そのサーファーさんに私が「ハンマーヘッドがいたから海から上がりましょう」と言うと、そのサーファーは「嘘でしょ?俺はここでサメなんて見たことないよ?」と半信半疑。

そこで私が「こっちにサメきたらヤバイから上がりましょう」と言いながら海面を見た時にまた「ヤツ」が私の下の海中でまたぐるぐると私の周りを回っていたんですよ!!

心臓バクバクでそのサーファーに下を見ろと指で合図したら海面を見たそのサーファーも青い顔になり、2人で意を決めたように思いっきりパドリングしてなんとか岸に辿りつきました。

波待ちポイントから岸までは50メートルくらいはあったと思いますが必死にパドルしました。

以上がサメに遭った時の体験談です。

後にも先にもこれだけですが十分怖かったです。。。

もしサメに遭遇してしまったらとにかく逃げる事だと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする