【映画 スラムドッグ$ミリオネア】あらすじネタバレ感想レビュー!インドの熱気を体感せよ!

スポンサーリンク



ども、アンディです。

今回の映画記事は「スラムドッグ$ミリオネア」です。

実話を元に作られた映画でインド・ムンバイに住む青年、ジャマールが愛する人を捜すために大人気テレビの「スラムドッグ$ミリオネア」に出場する。

次々と問題をクリアしていく少年は詐欺の疑いをかけられてしまう羽目に。

果たしてジャマールは大金を手にする事ができたのか?

愛する人に出会えたのか?

何故難問を解くことができるのか?

監督はダニー・ボイル、脚本はサイモン・ビューフォイで2008年のイギリス、アメリカのヒューマン映画。

キャスト(主演)はデヴ・パテル、マドゥル・ミッタル、フリーダ・ピント他。

では、あらすじネタバレを。

ちなみに前回の映画記事はこちら

【映画 エベレスト】実話を元にした大量遭難事故!あらすじネタバレ感想レビュー!




スラムドッグ$ミリオネア あらすじネタバレ

ストリートチルドレンとなった兄弟

青年ジャマール・マリクは大人気クイズ番組「スラムドッグ$ミリオネア」に出場し次々と難問を連続正解していく。

しかし、スラム育ちの少年が正解を知っているわけがないと司会者に疑われ、詐欺の疑いをかけられ刑事に尋問を受ける事となった。

しかしジャマールは「僕は答えが解っていたんだ」と言い時は幼少年時代に遡る。

ジャマール・マリク(デヴ・パテル)は兄のサリーム・マリク(マドゥル・ミッタル)と母親と共に貧しいながらムンバイのスラムで暮らしていた。

決して楽な暮らしではなかったが、スラムには貧しい家庭がたくさんあり、母親に愛情を注がれながら懸命に生きていた。

ところがある日、イスラム教徒を迫害する集団に襲われてしまい、ジャマールの母親が亡くなってしまう。

幼い兄弟2人きりになってしまった時に雨宿りをしていると一人で震えて雨に打たれている少女を発見した2人。

少女はラティカ(フリーダ・ピント)という名前で孤児であった。

それからというもの3人で寝食を共にする事となった。

孤児院へ

ゴミ山で暮らしていた3人はあるママンという男達に孤児院に連れて行かれてしまう。

最初こそおいしい飲み物をもらったり食べ物をもらったりして良い所だと思いながら暮らす3人。

そこには歌を歌わせて将来お金持ちになるように教育を受けた子供達が大勢いた。

しかし、そこは恐ろしい場所であり、子供たちは目に油を注がれて失明してストリートで歌を歌わせてお金をもらうという事実を知る。

兄のサリームは大人達の隙を狙ってジャマールとラティカを連れ逃げ出した。

ママン達が必死に追いかけてくる中、駅に辿り着いて発車したばかりの汽車を発見して走り出した汽車を追いかける3人。

サリームとジャマールは走り出した汽車になんとか飛び乗ったものの、ラティカは乗れずに施設へ再び連れて行かれ離ればなれになってしまった。

サリームとジャマールはニセガイドをしたり売り子をしながらなんとか生活する。

ムンバイへ

ある程度お金が稼げるようになった兄弟であったが、ジャマールはラティカが忘れられずにムンバイへ戻る事を決意し、サリームも渋々了承し、ムンバイへ戻る。

昔の孤児院仲間から情報を得たジャマールは遂にラティカを発見したが、彼女はママンによって働かされており、再びサリームとジャマールは捕まりそうになるがサリームがママンの拳銃を奪ってママンを葬り、ラティカを連れて逃げ出す事に成功する。

ホテルに宿泊し、サリームはギャングのボスであるジャヴェドに会い、商売敵を殺した事を報告し、ジャヴェドの手下となる。

ホテルに戻ったサリームは拳銃でジャマールを脅してホテルにラティカを残して追い出されてしまう。

ラティカはジャマールを守る為に残る事を選択し、ジャマールは一人ぼっちになってしまった。

ジャマールはコールセンターのお茶くみとして働き始めた。

そしてコールセンターで働き始めたジャマールは隙をみてサリームの名前を検索すると何件か携帯番号のリストが出てきたのでかけてみるとサリーム本人につながった。

ラスト結末

サリームはジャヴェドの手下で働いており、ジャヴェドの家に行くとラティカがジャヴェドと共に怯えながら暮らしていた。

サリームはラティカを連れ出そうとするがジャヴェドが怖いラティカはできずにいた。

そして、ジャヴェドとラティカは別の場所へ引っ越してしまい居場所がわからなくなってしまった為、どこかで観てくれるはずと大人気番組の「スラムドッグ$ミリオネア」に出場を決意した。

ジャマールはこれまで必死に生きていた経験と知識でクイズの問題が全て奇跡的に解る問題であり、遂に最後のあと一問の所で司会者のプレームは警察に通報し、冒頭の画面に戻る。

刑事はジャマールの生きてきた人生とクイズの問題が合致すると判断して釈放する。

その頃、サリームはジャヴェドが違う部屋にいった隙にラティカに車のキーと携帯電話を渡し、今までの事を謝罪した。

ジャマールのいるスタジオに車で向かうラティカ。

そして遂に最後の一問を答える為に番組へ出場したジャマールは最後の問題の答えが分からずにヘルプのテレフォンを使い、サリームに電話をかける。

しかし、持っていたのはラティカであり、ラティカを会話をするジャマール。

ラティカは問題の答えがわからずに勘で答えたジャマールは見事に正解し、2000万ルピーを獲得した。

テレビでラティカの声を聞いたジャヴェドはサリームに問いただす為にサリームがいる部屋へ向かうとそこにはサリームが銃を持って構えており、ジャヴェドは撃ち殺されてサリームも手下に殺されてしまう。

こうしてジャマールとラティカは結ばれた。

まとめ 感想レビュー クイズ問題の考察

さて、ここからはクイズの問題と無学でスラム育ちのジャマールが何故難問に正解できたのかを考察していこうと思います。解説カッコ内が正解。

ちなみに全て刑事に話した事でもあります。

  • 一問目 『1973年のヒット映画「鎖」の主演俳優は?』

ジャマールは少年時代に兄サリームにトイレに閉じ込められたが糞尿まみれでアミターブ・バッチャンのサインをもらった事があり正解する。(アミターブ・バッチャン)

  • 二問目 『インドの国章には3頭の獅子の姿が。その下に書かれた言葉は?』

この問題の答えが解らなかったジャマールはライフラインのオーディエンスを使って正解する。(真実のみが勝利する)

  • 三問目 『ラーマ神の描写で彼が右手に持つ物はなんでしょう?』

サリームとジャマールの母親がヒンドゥー教の襲撃で亡くなってしまった時に逃げる途中でラーマ神の姿を見て覚えており正解する。(弓と矢)

  • 四問目 『クリシュナ神の歌を書いた有名な詩人は?』

盲目の歌手にされてしまう孤児院に連れて行かれた時に歌うように教えられた歌がまさに「クリシュナ神の歌」であり、正解する。(スールダース)

  • 五問目 『アメリカの100ドル札にはどの政治家の顔が書かれている?』

孤児院から逃げた後にニセガイドで生計を立てていた時にアメリカ人からもらった100ドル札をムンバイに戻った時にラティカの居場所を知っていたかつて一緒に孤児院で暮らした盲目の歌手に100ドル札をお礼で渡したところ、盲目の青年が「お札には誰の顔が書いてある?」とジャマールに聞き、顔の特徴を伝えると盲目の青年は「ベンジャミン・フランクリン」と言った。(ベンジャミン・フランクリン)

  • 六問目 『リボルバーを発明したのは誰?』

孤児院のボス、ママンを撃ち殺したサリームはホテルでジャマールにラティカを置いて出て行けと銃をつきつけながら言った。「俺がボスだ!コルト45をぶっ放すぞ!行け!」と。(サミュエル・コルト)

  • 七問目 『ケンブリッジサーカスはUKのどこにある?』

コールセンターで働き始めたジャマールは看板や聞いていたものがあって「オックスフォード対ケンブリッジのボートレースもロンドン」だからロンドンと言い正解。(ロンドン)

  • 八問目 『最多センチュリーを記録したクリケット選手は?』

ラティカがギャングのボスのジャヴェドの家で暮らしている時にテレビでクリケットの試合を放送しており、「テンドゥルカール、記録は出ず」と放送されたのを見ていた。

さらに休憩中のトイレで司会者のプレームに出くわし、プレームはBだと嘘の正解をジャマールに教えた。

ジャマールはライフラインの50/50を使い、BとDの2択となり、今までの言動や経緯からプレームのBは嘘だと判断し、Dを選んで正解。(J・ホッブス)

  • 九問目 『アレクサンドル・ドュマの著書「三銃士」の銃士二人の名はアトスとポルトス。3人目の銃士は?

ジャマールは問題の答えが解らなかったのでテレフォンを使うと兄ではなくラティカが出てラティカが答えが解らないと言い、勘で答えたジャマールは見事に大正解。(アラミス)

最後のシーンはとにかく感動的でして、ラストの駅で待っているジャマールとラティカがやっと会えたシーンは本当に涙なしでは観れませんでしたよ。

インドのパワーも十分に感じられますし、まさに運命と言わざるを得ないこのストーリーはまさに名作。おすすめです。

ちなみにエンドロールで出演者が踊るシーンには少し拍子抜けしましたが、インドという事なんですよね。そこも受け入れなきゃね笑

  • ストーリー性  ★★★★☆
  • 映像      ★★★★☆
  • アクション   ★★★☆☆
  • ヒューマン   ★★★★★
  • 総合点     ★★★★☆(4.3点)

★5つ(5点)が最高評価




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする