冬のサーフィンに行く時に気をつける5つの事!これであなたも上達へまっしぐら!

スポンサーリンク



ども、アンディです。

さあ、季節はいよいよ冬になってしまいましたね~

サーファーにとっては寒い寒い長い季節の始まりです。

しかし、冬にサーフィンをする為には夏と違って気を付ける事が沢山あるんですよね。

しかし、冬にガッツリとサーフィンに行けば間違いなく次にやってくる夏には上達しているはずです。

冬にサーフィンする事を是非オススメします。

しかしまずは気を付けるべき事があります。

5つの気を付けるべき事があるのでこれから説明しようと思いますので是非読んでみて下さい。

ちなみに前回の記事はこちら

【サーフィン】ウェットスーツの種類 季節で替えよう!初心者必見!




冬のサーフィンで気を付けるべき5点

防寒対策をバッチリとしよう

冬の海において5ミリのフルスーツは必需品です。

しかし、フルスーツだけでは寒い海は乗り切れません。

手足を防寒するサーフィン専用のグローブやブーツ、場所によってはヘッドキャップなどのサーフアイテムが必須になります。

ちょっとした防寒グッズもあり、ホットジェルやウエットスーツの中に着る防寒のインナーなどもありますので万全に対策をしましょう。

とにかく冬はいかに防寒対策をするかで天と地の差が出ます。

防寒を怠ってサーフィンしたところで寒いだけで上達も何もそれ以前にサーフィンができませんからね~

冬のサーフアイテムの記事はこちらに書いてありますので参考にしてみて下さい。

【サーフィン】冬の必需品 寒い中快適に波乗りする為の5つのアイテム

忘れ物に注意!

これは最初の防寒対策に繋がるのですが冬の海でサーフィンをする為にはきっちりと防寒対策をしてからでないとサーフィンどころではありません。

ちなみに海水温は陸上より1ヵ月~2ヵ月遅れで変化すると言われています。

つまり12月では10月、11月ほど季節のの海水温なのでさほど寒くはありませんが、3月になったとしても1月、2月の陸上の気温に対しての海水温なので注意が必要なんです。

ウエットスーツはもちろんの事、ポンチョやポリタンクなども忘れずに持って行きましょう。

特にホットジェルやブーツ、グローブなどは忘れがちなので事前に準備しておくことをオススメします。

防寒対策をキッチリやらないと冬のサーフィンは苦痛なだけですから笑

極寒の海でブーツでも忘れた日にはもうその日はサーフィンあきらめるしかないですから。

近くのサーフショップで緊急に買えばOKですが余計な出費ですしね。

海に入る前に入念にストレッチを

さあ、防寒対策をバッチリしたから海に入ろう!

いや、ちょっと待って下さい。

防寒対策をしても冬の海では関節周りや筋肉が硬直しがちで怪我をする元です。

海に入る前にしっかりとストレッチをしましょう。

肩回りや首、腰、手首足首、股関節、ヒザ、太ももなど全身を時間をかけてストレッチしましょう。

ストレッチをする事によって体の血行が良くなって冷えを防ぐのにも効果がありますし、一石二鳥ですからね~

私の場合は足の指先がよくつる事があるので指先もグリグリを回して全身くまなくストレッチを行っています。

サーフィンが上手い人は体が柔軟で柔らかい人が多いですからね。

夏よりも時間をかけてゆっくりとこれでもかというくらい柔軟運動する事を心掛けましょう。

サーファーが少なくなるので注意

冬の海は夏場と違ってサーファー数が圧倒的に夏に比べると減ります。

人が少なくなる分沢山波には乗る事ができるので練習するには最適です。

しかし、人が少なくなるということはそれだけ危険が増すという事を覚えておいて下さい。

サーフィンとはあくまでも自然相手のスポーツです。

波が小波ならいいのですが、風が強く吹いている日もあれば波が大きい日というのも当然あるわけです。

初心者さんは人が少ないからラッキーなどと海に入りがちですが、海がどんな状況なのか解らないまま入るという事なんですよね。

例えばサーファーが少なくても入っている人は上級者でカレント(海の流れ)がキツイ場合も十分に考えられます。

インサイド(岸より)でサーフィンできるならばいいのですが、もしもあなたがサーファーがほとんどいない海で沖に出て流されてしまっても気付いてくれる人がいないかもしれません。

特に冬の海の砂浜って閑散としており、ビーチに人はほぼいません。

よく見極めてから入る事が大切です。

出掛ける時間帯に気をつけよう!

冬にサーフィンをしに海に行く場合は荷物も多いし車で行くという方がほとんどではなしでしょうか。

家が海の真ん前なんだ~と言う方はすいません笑

そこで、海に行く時に家を出る時間帯を気を付けましょう。

というのは、冬の朝の道路は凍結しがちで危ないです。

特に6時~7時の時間帯に山道などを通る時は気を付けましょう。

またはその時間帯を避けてもっと早めに出るかそれ以降に時間をずらすことをおすすめします。

わたしは、その時間帯に山道を通って何回もスリップした経験がありますので。

サーフィンに行く前に事故なんてしたら目も当てられませんからね。

まとめ

以上が冬にサーフィンする時に気を付けるべき5つの注意点でした~

サーフィンは本当に面白いスポーツなのでハマってしまえば冬も行きたくなってしまう気持ち分かります!

なので5つのこの最低限の注意点さえ守っていれば冬でも快適なサーフィンライフが待っていますので寒いからといって冬にサーフィンはやめようという考えはNOですよ!

冬の間コツコツと努力を重ねてこそ上達への道ですから!

防寒アイテムを揃えるのに多少の出費にはなりますが揃えてしまえばあとはもう交通費と燃料代ぐらいしかお金は掛かりません!

さあ、冬にサーフィンしたいんだけれどためらっているそこのあなた!

是非行きましょう!

では、良いサーフィンライフを♪




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする