【映画 ブレードランナー2019】あらすじネタバレ感想レビュー!SF映画の金字塔!

スポンサーリンク



ども、アンディです。

今回の映画記事は「ブレードランナー ファイナルカット」です。

1982年公開のSF映画でSFファンの間では未だに語り継がれている名作です。

ディレクターズカット版なども公開されていますが今回の映画はファイナルカット版です。

フィリップ・K・ディックのSF小説「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」が原作。

監督はリドリー・スコット

主演(キャスト)はハリソン・フォード、ルトガー・ハウアー、ショーン・ヤング他。

環境が破壊された近未来の2019年。

人類は宇宙へ移住し、宇宙では高度な知能を持ち、体力も優れているレプリカントと呼ばれる人造人間が過酷な労働や侵略の為に最前線で働いていた。

ある日、人造人間が感情を持ち始め、シャトルを奪って地球へとやってきた。

ブレードランナーと呼ばれているレプリカントを処分する職に再び就いたリック・デッカード。

果たしてレプリカントを処分できるのか?

あらすじネタバレ感想レビューを。

ちなみに前回の映画記事はこちら

【映画 アイアムアヒーロー】あらすじネタバレ感想レビュー!クオリティ高し!




ブレードランナー ファイナルカット あらすじネタバレ

ブレードランナーが動き出す

2019年のロサンゼルス。

環境汚染によって酸性雨が常に降り続くこの街には宇宙へ移住していない人達が所狭しと暮らしていた。

遺伝子工学の発達によって生み出された人造人間「レプリカント」はタイレル社が開発した人間そっくりのロボットで高い知能と優れた体力を有してした。

特に最新の「ネクサス6型」は感情を持ち始めるという脳を持っており、人間とはほとんど区別がつかず、判別テストでしか判別不可能であった。

レプリカントが暴走した時に処分する警察の組織でブレードランナーという特殊な職に就いていたリック・デッカード(ハリソン・フォード)は退職してロスで暮らしていた。

しかし、感情とともに「自我」を持ったネクサス6型の4体が火星での重労働に嫌気がさして人間を殺してシャトルを奪って地球へと戻ってきたのであった。

現職のブレードランナーのホールデンが地球へ戻ってきたネクサス6型の1体であるリオンに殺されてしまい、デッカードに白羽の矢が立つ。

初めは断ったデッカードであったが、上司のハリー・ブライアントは強制だと言い、刑事のガフは折り紙で鳥(チキン)を作り、デッカードは復職する。

レイチェルとの出会い

再び上司の命令によってブレードランナーに復帰したデッカードは4体のレプリカントボスの「ロイ・バッティ(ルトガー・ハウアー)」仲間の「リオン」女性型レプリカントの「ゾーラ」ロイの恋仲「プリス」の4体のレプリカントの捜索を始める。

まずタイレル社に向かい、出迎えた秘書のレイチェル(ショーンヤング)と話した後、レプリカントの開発者であり、社長のタイレル博士に会う。

そこでレイチェルもレプリカントだと言うタイレル博士。

レイチェルは自分が人間だと思っており、タイレル博士曰く「最新型のレプリカント」だと付け加えた。

博士はネクサス6型に感情を持たせた代わりに寿命を4年にしていると言う。

さらに人間社会に紛れ込んだネクサス6型を捜し出すために潜伏先を割り出し捜索したデッカードは潜伏先にあった写真を頼りにストリップ場にいたゾーラを発見して逃げるゾーラを処分した。

そこへ上司のハリーとガフがやってきてレイチェルが自分がレプリカントと知って逃亡したから始末しろと言う。

動揺するデッカードの元へ突然現れたリオンに襲撃されて絶体絶命のピンチになったデッカードであったがそこへレイチェルが現れてリオンに発砲してリオンを退治した。

タイレル社へ行くネクサス6型

レイチェルを自宅に入れたデッカードは繊細な彼女の感情を知って惹かれていき、彼女とキスを交わした。

彼女を始末するなどできなかった。

その頃、ロイとプリスは4年という寿命を延ばす為にタイレル社に侵入する事を計画し、タイレル社の技術者であるJF・セバスチャンに近づいた。

JF・セバスチャンはロイ達に脅されてタイレル社に向かい、タイレル博士と会うロイ。

4年という寿命を延ばせと言うロイにタイレル博士は「技術的に不可能だ」と言い、ロイに殺されてしまう。

セバスチャンも同様に。

事件を知ったデッカードはセバスチャンの高層アパートへ向かう。

そこには人形に扮したプリスが待ち構えており、一旦はピンチに陥ったがなんとかプリスを破壊した。

そこへロイが戻ってきたのであった。

結末 ラスト

銃を持ってロイと対峙したデッカードであったが、ロイの圧倒的な身体能力の前に成すすべもなく追い詰められて行く。

屋上に逃げたデッカードは隣のビルに飛び移ろうとトライしたが落ちそうになって鉄骨にしがみついている所にロイが近づいてきた。

絶体絶命のピンチであったがロイは何とデッカードを助けた。

そしてロイが言った「思い出も消える。雨の中の涙のように。死ぬ時がきた」。

そういってロイは静かに息を引き取るとともに抱き抱えていた白い鳩が飛んでいった。

デッカードはレイチェルの寿命が心配になり、自分のアパートに戻って確認するとレイチェルは生きていた。

直前に刑事のガフが現れユニコーンの折り紙を置いていったのであった。

そして、二人は旅立った。

まとめ 感想レビュー

まるで噛めば噛むほど味が出る。そんな映画です。

ジワジワきますね。

ハリソンフォードの演技も見事ですが、ロイ・バッティ役のルトガー・ハウアーの演技が際立っています。

最期のシーンがかっこよすぎる。

彼の演技があるからこそ今でも語り継がれているんだろうと思いましたね。

レプリカントとして人間の為に4年の寿命で死ぬだけの彼らからしてみればそりゃあ逃げ出したくもなりますよ。

何故感情を植え付けてしまったのかが疑問ですね。

ただの感情のないロボットなら反乱を起こす事はなかったでしょうからね。

作中、所々で登場する刑事のガフもアクセントとなっていて彼の作る折り紙がキーワードとなってまた映画を面白くしてくれています。

しかしデッカード弱すぎる。。。

アクションシーンはほとんどないですが、全体としては近未来都市の臨場感やジメっとしたアジア街の雰囲気などは素晴らしいものがありますね。

日本語も出てくるので親近感が湧きましたよ。

作中、ユニコーンの夢を見たデッカードの元へユニコーンの折り紙をガフが置いていった事でデッカードもレプリカントなのではないか?

と答えが解らないのもこの映画のすごさ。

一見の価値アリです。

  • ストーリー性   ★★★★
  • 映像       ★★★★
  • アクション    ★★
  • ヒューマン    ★★★★
  • 総合点      ★★★★

★5つが最高評価




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする