【映画】タクシードライバーのあらすじネタバレ感想レビュー ロバート・デニーロの出世作

スポンサーリンク



ども、アンディです。

今回観た映画はロバート・デ・ニーロ主演(キャスト)タクシードライバー(TAXI DRIVER)です。

ベトナム戦争の帰還兵がタクシーの仕事に就き、毎日を淡々と繰り返していくうちに自分の中でストレスが溜まっていく。

このままでいいのだろうか?

次第に葛藤と共に彼はある思いを抱いていき、ある行動に移した。

果たして彼の取った行動とは?思いは?

シリアスな作品。

1976年公開のアメリカ映画で監督はマーティン・スコセッシ

アカデミー賞受賞作品です。

では、あらすじネタバレ解説を。

ちなみに前回の映画記事はこちら

【カッコーの巣の上で】人間の尊厳を持たせる感動物語 あらすじネタバレ解説




タクシードライバー あらすじネタバレ

タクシー運転手として働きはじめる

ベトナム戦争の帰還兵であったトラヴィス(ロバート・デ・ニーロ)は精神の病なのか不眠症に悩まされていた。

仕事を探してニューヨークにあるタクシー会社の面接に行き「繁華街でも貧困街でも夜でも働ける」と言い、タクシーの運転手としての仕事をはじめた。

場所も時間も選ばずに働く彼をタクシー仲間は「守銭奴」と揶揄した。

毎日タクシーで夜の街を流していくうちに嫌悪感が次第に高まっていった。

ある日、街で見かけたパランタイン次期大統領候補の選挙事務所に勤めている女性ベッツィに一目惚れする。

しばらく選挙事務所の前にタクシーを停めて彼女の姿を見るという日が続く。

彼は彼女をデートに誘い彼女も承諾した。

デート失敗 次第に高まる社会への孤独感

その夜、ベッツィとデートに出かけたトラヴィスは彼女をポルノ映画に連れて行った。

彼女はすぐに席を立って怒って帰って行き、デートは失敗に終わる。

その後、連絡が取れなくなった彼女の働く選挙事務所に押し掛けた彼は彼女に罵声を浴びせたのだった。

社会での孤独感が増していくのであった。

ある日、街で客待ちをしていると娼婦のアイリス(ジョディ・フォスター)という少女がタクシーに乗り込んだが、スポーツ(ハーヴェイ・カイテル)という元締めに連れ戻されてしまう。

腐った世の中を正さなければという思いが次第に募っていくトラヴィスであった。

ある行動にでるトラヴィス

銃の密売人から拳銃4丁とナイフを購入し、健康なものだけを食べ、体を鍛えはじめたトラヴィス。

さらに射撃の訓練場にも通い、次第と自信を持っていく。

かれは世の中を正そうと自ら行動しようと動き始めたのであった。

ある日、日用品店に強盗が押し入ったときに居合わせたトラヴィスはその犯人を銃撃した。

タクシー仲間からは「キラー」と呼べれるようになるが彼の中ではまだくすぶっていた。

そして彼は以前自分のタクシーに逃げ込んできた少女アイリスのもとを訪れ、彼女に「こんな場所にいてはダメだ。家に帰れ」と説得し、彼女もそれを受け入れることにしたのだった。

そして、彼は拳銃とナイフを持ち、パランタイン次期大統領候補を襲撃するために演説場へと向かった。

ラスト

演説が終わり、大統領に近づき銃を抜こうとするが、シークレットサービスに見つかってしまい失敗して逃げるようにアイリスのもとへ。

モーテルの入口にいたスポーツと口論になりスポーツを撃ち殺すトラヴィス。

さらに中に入ってゆき、スポーツの仲間を撃ち殺した。

騒ぎを聞きつけ部屋にいたアイリスの客も銃撃し、アイリスは泣きながら崩れ落ち、ソファにもたれ掛かるトラヴィス。

警官が駆けつけてきたので自殺を試みたトラヴィスであったが、弾が切れてしまい自身の左手で銃の形を作って自分の頭に向けて発砲するそぶりをみせたのであったが警官に取り押さえられた。

結果アイリスは故郷へと戻ったため、彼はマスコミにヒーロー扱いされ英雄に。

再びタクシードライバーの仕事をするトラヴィスのタクシーにベッツィが乗り、トラヴィスにまた会いたいというがトラヴィスは無言で淡々と仕事をこなすのであった。

まとめ 感想レビュー

ベトナム帰還兵として胸を張れるはずが、社会に置いてけぼりにされ孤独感が増していくこの世の中に恨みを持ったある一人の普通の男が狂気に満ちていくというよく考えれば恐ろしい映画ですね。

社会に裏切られ、女にも裏切られておそらくはトラヴィスの標的は結局誰でもよかったわけで。

こんなはずではなかった。ベトナムで命を張って戦ったのにこの仕打ちはなんだ?とトラヴィスは思っていたのでしょう。

しかしロバート・デ・ニーロの演技力はすごい。

社会に対する恨みつらみを見事に演じ切っている。

孤独感が笑顔にも現れる演技力は素晴らしいものがあります。一見の価値アリ。

70年代の病んだアメリカ社会という時代背景を描いた傑作です。

全体的に決して明るい映画ではありませんよ笑

  • ストーリー性   ★★★★☆
  • 映像       ★★★☆☆
  • アクション    ★★★☆☆
  • ヒューマン    ★★★★☆
  • 総合点      ★★★★☆

★5つが最高評価




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする