【映画 告白】あらすじネタバレ感想レビュー・最後のなーんてねって?解説

スポンサーリンク



ども、アンディです。

今回は「告白」という松たか子主演(キャスト)の映画です。

湊かなえの小説を映画化したもので2010年公開の邦画。

監督は中島哲也。

舞台は中学校。

1年B組の担任だった森口悠子(松たか子)は終業式のホームルームである「告白」をする。

娘をこのクラスの人間によって殺された事。

その人間の牛乳にHIVの血液を混入させたと。

クラスは騒然となり、森口先生は学校を辞めていく。

その後のクラスはどうなってしまうのか。

担任による復讐が始まったのであった。

では、あらすじネタバレ感想レビューを。

ちなみに前回の映画記事はこちら

【映画タイタニック】あらすじネタバレ感想。歌でも感動しちゃった!




告白 あらすじネタバレ

復讐が始まる

終業式のホームルームで冒頭でも述べたように担任の森口先生が生徒にある「告白」をした。

私はシングルマザーです。私の娘の愛美はこのクラスの生徒に殺された」と。

しかもその2人の生徒に自身の夫がHIV患者でその血液を牛乳に混入させたと。

初めは先生の話を全く聞いていなかった生徒達であったが、次第に聞き入るようになり、最後静まり返るクラス内。

森口先生は学校を辞めると言い、殺された娘の犯人少年Aと少年Bに命の重さを考えなさいと語りかける。

HIVウイルスは発症に時間がかかり、発症しない事もあるため少年法に守られた生徒に復讐するための手段を森口は選んだのであった。

悩む少年AとB

春休みが終わり、少年Bは登校拒否になり、少年Aはいじめの対象となってしまったのであった。

担任が変わり、熱意のある先生だったが、空回りでこのクラスの事情を知ることもなく理解ができなかったので生徒達からは相手にされなかった。

しかも森口にうまく利用されていたのであった。

さらに、登校拒否をしている生徒の家に行って登校を促す新担任であったが、逆に生徒を追い詰めてゆき、遂には母親を殺してしまったのであった。

少年Aも悩んでおり、学校には行っていたもののクラスのほぼ全員からいじめにあっていた。

ただ一人女の子が少年Aの理解者であったが、心の闇は埋まらずにその女の子のクラスメイトを殺害してしまう。

ラスト

いじめられていた少年Aは両親が小さい頃に離婚しており、父親によって育てられており、母親の愛情に飢えていたのであった。

母親に注目されたいが為に爆弾を作ってまだ小さな森口先生の娘が利用されて殺されてしまったのである。しかもまだ息がある森口の娘をプールに投げたのが少年Bだった。

大きい事件を起こして母親に注目されたいと思った少年Aは爆弾を作り、体育館で爆弾を爆破させようと考えた。

携帯電話を起爆スイッチにして教壇に爆弾を仕掛けた。

ある賞をとった少年Aは教壇に登り、携帯電話の起爆スイッチを押したが爆発しない。

下を見てみると仕掛けたはずの爆弾がなくなっており、生徒の電話が鳴る。

相手は森口先生であった。

彼女は言う「爆弾は母親の職場の机の下に置いてきた」と。

発狂する少年の前に森口先生が続ける「これが私の復讐であり、ここからあなたの更正が始まるのです

最後に「なーんてね」と森口先生が言って映画は終わる。

まとめ 感想レビュー

まず主演の松たか子の演技が非常に冷酷な役柄ですが見事に演じ切っています。

怖いくらいですよ。確かにR15指定受けるわけだこりゃ。

結果的には少年AとBに見事に復讐を果たしたわけなのですが、2つ疑問点があります。

それらを解説していきます。

まず1つめは本当に牛乳にHIVウイルスを混入させたのかどうか。

これはウソではないかと推測できます。

森口先生の夫はたしかにHIV患者でありましたが、注射器で夫の血液を吸引した時に夫に注射器を割られるシーンがあり、混入はしていないと思います。

混入しなくても「混入した」と言えば少年達を精神的に追い詰める事は容易ですし、長く「生き地獄」をあわせる為には逆に混入しない方が賢明なのではと思えます。

なので答えは「NO」だと思います。

次に、本当に爆弾を母親の机の下に仕掛けたのか?

これは意見が結構分かれると思いますが、私は仕掛けてはいないと思います。

映画では少年Aが教壇の下に爆弾を仕掛けた後に森口がやってきて黄色い線を切っており、それをまた繋ぎ合わせるなんて事はしないと思いますし、小さな子供が気絶するくらいの装置ぐらいしか作れなかった少年Aが体育館を爆破できるでしょうか?

しかも少年Aの母親が死んでしまったら森口の復讐が「終結」してしまいます。

なのでこれも「NO」だと思います。

最後のセリフ「なーんてね」はそのHIVウイルス混入と爆破の両方にかかっているのではないのでしょうか。

まあ、あくまで私の意見なので真実はどうなのでしょうね。

  • ストーリー性    ★★★★☆
  • 映像        ★★★☆☆
  • アクション     ★★★☆☆
  • ヒューマン     ★★★★☆
  • 総合点       ★★★★☆

★5つが最高評価




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする