【映画 不能犯】あらすじネタバレ感想 デスノートと笑うセールスマンを思い出した

ども、アンディです。

今回の映画は2017年公開の日本の映画「不能犯(ふのうはん)」です。

監督は白石晃士で主演は松坂桃李沢尻エリカ

漫画の実写版です。

殺せる可能性がなければ、罪にはならない」という意味が不能犯です。

松坂桃李演じる宇相吹正が不思議な力を使ってマインドコントロールして次々と起こる不可解な事件に巻き込まれた刑事の多田(沢尻エリカ)達。

果たして事件を解決する事ができるのか。

あらすじネタバレ感想解説を。

ちなみに前回の映画記事はこちら

【都市壊滅デストラクション】またしてもイマイチな映画でした。。あらすじネタバレ

スポンサーリンク

不能犯 あらすじネタバレ

ある噂話が流れる

女子高生達が話をしていた。

「公衆電話に殺したい相手と殺したい内容、連絡先をメモで貼っておくと頼みを聞いてくれる人がいる」と。

噂話は噂ではなくなっていく。

第一の事件が起こる

木島(水上剣星)という借金取りがコーヒーショップで借金の催促をしていた時に現れた黒いスーツの男、宇相吹正(松坂桃李)

宇相吹は木島に「自分が死ぬ瞬間を想像したことがあるか?」と聞き、木島は怒り口調で「何だそれ?」と答えた。

次の瞬間宇相吹の目が赤く光り、木島はマインドコントロールされて心筋梗塞で亡くなってしまった。

防犯カメラには黒いスーツの宇相吹が映っていたが、防犯カメラでは彼が何をしたのかは分からなかった。

刑事の多田(沢尻エリカ)と百々瀬(新田真剣佑)は現場に向かったものの、毒物は一切検出されなかった。

証拠がないので黒いスーツの男を逮捕する事はできなかった。

第二の事件が起こる

木島が謎の死を遂げてから間もなく新たな事件が起こってしまう。

新婚の羽根田(忍成修吾)と妻の桃香(水上京香)は幸せな新婚生活を送っていたところに、隣に住んでいる町内会長の島森(小林稔侍)に嫌がらせを受けてしまう。

ある日、羽根田が帰宅すると怯えた妻がおり、肩にはあざのようなものがあり、妻は「島森さんに襲われた」と言った。

我慢の限界だった羽根田は島森に直談判に行ったところ、逆に島森に丸め込まれてしまう。

例の噂を知った羽根田は宇相吹に殺しの依頼をした。

島森は案の定宇相吹にマインドコントロールされてしまい、亡くなってしまう。

宇相吹が羽根田に言った「今日は憎い相手が亡くなった日だ。出張をやめて奥さんの元へ戻ってみては」と。

出張をとりやめて自宅に戻った羽根田は目の前に広がる光景に愕然とする。

妻は知らない男女を家に呼んで薬物パーティーをしていたのであった。

妻を問い詰めるとゴミの中に注射器があり、島森に薬物をやめるように説得された時の傷があのあざであったのだと。

島森は嫌がらせなどではなく、全て心配していたからこその行動であった。

羽根田は近くにあった灰皿で家にいた男女の他に妻も手に掛けてしまう。

任意同行される宇相吹(第三の事件)

現場の近くにあは必ず黒いスーツの男がいるという情報を掴んでいた刑事達はこの現場でも黒いスーツの男を発見し、任意同行する事になった。

取調室で事情を聞く多田刑事と夜目刑事(矢田亜希子)。

私はやっていない」という宇相吹。

その瞬間に夜目にマインドコントロールをかけ、宇相吹は帰って行った。

実は夜目と同僚の鑑識の男が夜目のせいで息子が死んでしまったと思い込み、宇相吹に依頼して夜目にマインドコントロールをかけたのであった。

その日の夜に夜目は手首を自ら切って亡くなってしまう。

翌日現場に着いた多田刑事が言った「夜目さんは右利きなので右手首を切るのはおかしい」と。

そして、依頼した鑑識の男も階段から落ちて亡くなってしまう。

その後、新人の百々瀬から人は思い込みによって死ぬことがあるという話を聞き、宇相吹がマインドコントロールをかけ人を死に至らしめているのではないかと考え始めた。

百々瀬が大けがを負う

かつて少年だったタケル(間宮祥太朗)を見事に更生させた多田は現在すし屋に勤めているタケルの店で飲んで食べた多田は帰りに気分が悪くなり道端で休んでいると、そこへ宇相吹が現れた。

多田は言う「あなたは不能犯なのでは?」と。

その時宇相吹はマインドコントロールを多田にかけようと目を赤く光らせ、おもちゃのナイフで多田を襲ったがこれを多田はすぐに見破った。

宇相吹は前回の夜目のマインドコントロールをかけた時からもしかしたら多田にはマインドコントロールが効かないのだと思っていたが、これが的中したのであった。

多田はやっと自分を殺す事が(止める事が)できる人間に出会い、多田に言った。

事件を解決したいならこの僕を殺してくれ。覚悟ができたらこの場所へ来てくれ」と言って、場所が示してあるカードを多田に渡して去っていった。

その頃、百々瀬は行きつけのラーメン屋でラーメンを食べている時に隣にいたカップルの彼氏を言い争いになっている時に何者かが仕掛けた爆弾が爆発して巻き込まれてしまった。

百々瀬は病院に運ばれ意識不明の重体となってしまう。

さらに事件が起こる

さらにまた事件が起こってしまう。

優(真野恵里菜)が実の姉を殺してほしいと宇相吹のところへやってきた。

優の姉の夢原とは幼い頃に両親の離婚を機に別々に暮らす事になり、裕福な母親の家で育てられて今では有名なジュエリーデザイナーで医者との結婚間近であった。

一方、優は借金持ちの父親に育てられて今でも借金を返すために夜の街で働いていたのであった。

そんな姉に手紙を出し、一度会いに行ったが姉に冷たい態度をとられてしまい、姉を憎むようになった。

早速夢原の元へ向かった宇相吹は夢原にマインドコントロールを仕掛けて夢原は交通事故を起こしてしまい、入院してしまう。

入院した病院は婚約者が勤める大学病院であった。

そこで、病院食に毒が入っているように思ったり看護婦が夢原の婚約者と不倫しているのではないかと疑心暗鬼になっていき、遂に夢原は婚約者の医者を刺し殺してしまう。

宇相吹は優に言った「任務完了です。夢原の車のダッシュボードに入っていたものをあなたの家に届けます」と。

そこには披露宴の招待状と手紙が添えてあった。

手紙には優からの手紙で苦労している事を知って自分の店の店員として優を迎えようと思ったが婚約者に反対されて披露宴への招待も反対されたと。

しかし、その時に優が会いに行った時にどうしていいかわからずに冷たい態度を取ってしまい、後悔している。でもやっぱり店員として迎える事にしたと。

涙ながらにこの手紙を読んで自責の念にかられた優は自ら命を絶った。

宇相吹の廃墟へ向かう

妹を失った夢原は原因は宇相吹のマインドコントロールだという事を多田から教えられて、復讐を決意する。

花瓶の破片を隠し持った夢原は警官の隙を見て花瓶の破片を警官の首元へ突きつけて夢原の元に行くように言い、多田も覚悟して宇相吹がいる廃墟に行く。

多田はナイフで宇相吹を殺そうとするが、できずにナイフを床に落としてしまう。

それを拾った夢原が宇相吹を襲おうとするが、宇相吹のマインドコントロールがあるため襲うことができない。

その時夢原は自ら首をナイフで切りつけて死んでしまう。死ぬ前にナイフを宇相吹に持たせ、宇相吹が殺したように見せかけるためであった。

目の前で一部始終を見ていた多田が宇相吹が夢原にナイフをつきつけたと証言すれば宇相吹を逮捕できる。

多田の証言次第で宇相吹を逮捕できるのだが、多田は憔悴してしまう。

しかし多田は正義感から嘘の証言はできなかった。

百々瀬のいる病院へ

憔悴していた多田は百々瀬が入院している病院に行く。

そこで心配したタケルが弁当と飲み物を持って多田に食べるように言い、食べた瞬間に多田は意識がなくなってしまった。

再び意識が戻った時に目の前にいたのはタケルであった。

タケルは言った。「全てぶち壊してやる」と。

更生したフリをしていたタケルは実は爆弾を使って百々瀬を負傷させた張本人であり、借金取りの木島を殺す依頼をしたのもタケルだった。

多田の目の前に2つの携帯電話を置き、電話のリダイヤルをすれば爆発するという。

1つは病院の百々瀬の部屋。もう1つは病院近くの幼稚園に爆弾を仕掛けてあるとタケルは言った。

どちらかを選べというタケルに多田は困惑してしまうが、そこに宇相吹が現れた。

隙をみて多田はタケルに手錠をかけ、パイプに手錠をかけてタケルを拘束して携帯を壊して、宇相吹を刺して爆弾を探しに向かう。

爆発を回避

タケルは何とか手錠をパイプから外して公衆電話に向かい、電話をリダイヤルした。

間一髪爆発物を屋上に持って行った多田のおかげで屋上で爆発してけが人は出なかった。

もう一つの爆発物を爆発させようとするタケルの前に急所を外れて動けるようになった宇相吹が現れ、タケルにマインドコントロールをかけて殺害する。

これはタケルが勤めているすし屋の先輩がどんどん出世していくタケルを良く思っていなかったため宇相吹に依頼したためであった。

これにより幼稚園に仕掛けられた爆弾は爆発せずに見事に爆発の危機を回避したのであった。

ラスト

翌日、多田と宇相吹が2人で話をした。

宇相吹が言った「これでまた人を殺せる」と。

多田が返す「私の希望でいつかあなたを終わりにしてみせる」と。

宇相吹が言う「人間は愚かだねぇ」と。

ここで物語が終了する。

まとめ 感想 評価

漫画の作品は見たことがなく、何の知識も持たずにこの映画を鑑賞したのですが、何となく「デスノート」と似た感覚の映画かなぁというのが率直な感想です。

笑うせぇるすまんの喪黒福造の「ドーン」も思い出しましたよ。

ただこちらの映画は解決していないですけどね。

松坂桃李の演技が飛びぬけて良かった。あとの俳優はイマイチ。

宇相吹は最初こそマインドコントロールを楽しんでいたが、途中からあまりの人間の愚かさに嫌気がさし、自分の能力が効かない多田に殺してほしくなったんでしょうね。

人間の心の弱さと愚かさが見事に表現された良い映画でした。

彼は神なのか悪魔なのか?

パート2があれば是非見てみたい作品です。

  • ストーリー性    ★★★
  • 映像        ★★★
  • アクション     ★★
  • ヒューマン     ★★★
  • 総合点       ★★★

(★5つが最高評価)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク