【できもの・しこり】首の後ろにできて痛い人必見!自分で治した体験談

スポンサーリンク



ども、アンディです。

最近また2センチほどの大きさのできものが首の後ろにできまして。

10円玉くらいの大きさなので結構デカいです。

私は体のあちこちにできもの(しこり)ができやすい体質なのですが、最初こそ病院に行ったものの、最近はもう自分で治療というか治しています。

このできものは正式名称は「粉瘤(アテローム)」と言うそうです。

言ってみればニキビの親戚みたいなもんです。

これが大きくなってくると赤黒く腫れてしまい、押すと痛みが生じてくるんですよね。

一番最近このできものができて自力で治した体験談を書いていこうと思います。

切開して手術なんて嫌ですもんね~

(前回は手術して切開したが大変だったので)

ちなみに粉瘤ができて手術した記事はこちら↓

【粉瘤・アテローム】背中のしこり・できもの痛い! 手術体験談




首の後ろにできものが痛い

腫れて触ると痛くなった

ある日、首の後ろに1センチほどのしこりというかできものができていました。

気づいた時は触っても痛みも何も感じなかったのでそのまま放置。

3日くらい経つとしこりが大きくなっていて触ったり押すとと痛い

自分では見えないので撮影してみると、赤黒く腫れており、少し膿のようなものが出てきていたので自分で治療というか処置してみました。

しこりも大きくなっていて2センチほどに成長してましたよ。

治療方法

治療方法は2つのアイテムをを使います。

まず1つ目のアイテムは

市販の薬局やドラッグストアなどで売られているテラマイシン軟膏という抗生物質が成分に入っているこの薬を患部に適量を塗り塗りします。

しかし、場所が首の後ろなので軟膏が服や枕に付着してしまうのを防ぐためにもう1つのアイテムを使用します。

そうです。絆創膏です。

しこりがもっと大きくなってしまうとガーゼを使ったほうがいいのですが、2センチくらいのしこりであれば、絆創膏で十分です。

ガーゼだと煩わしいですしね。

絆創膏の中でもこの「ケアリーヴ」を私は愛用しています。もちろんこれも市販で購入。

水にも強いですし、粘着力が強いので剥がれにくいところが愛用している理由なんですよ。

しかも肌色なので目立ちにくいのもいいですね。

これを朝と晩に一回づつ繰り返すだけです。

治療3日後

少し画像が荒くてすいません。。。

あれだけ腫れていたしこりが小さくなって少し赤くなっているくらいまで治ってきました。

触ると少しだけ盛り上がっている感じがするだけです。

痛みももうなくなりました。

完全にしこりがなくなるまで朝と晩同様にテラマイシン軟膏を塗って絆創膏を貼り付けました。

治療7日後

治療1週間が経過するとあれだけ腫れていたしこりが完全になくなりました。

これで治療は完了です。

まとめ

最近はこの2つのアイテムを使用するだけでできものを自分で治しています。

テラマイシン軟膏と絆創膏の両方購入しても千円かからないくらいの値段で購入できるのでできものができて痛いという方は試してみてはいかがでしょうか。

粉瘤というものは完全に治療しないと同じ場所に再発する恐れがあるらしいのですが、今のところ再発した箇所はないので問題ないと思います。

お手軽にできるできもの・しこりの治療方法ですよ~

ただし、粉瘤ではない可能性があるしこりの場合はしっかりと病院で診てもらいましょうね~




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする