冬のサーフィンにはブーツが欠かせない!オススメのブーツと選び方

ども、アンディです。

冬の間サーフィンをするのにもうフルスーツをゲットしたから冬のサーフィン対策はもうバッチリだぜ!よというあなた!!

ちょっと待って下さい!

フルスーツだけでは真冬の海に入るのは厳しいですよ~

まだ冬のサーフィン対策不十分です!!

しっかりと防寒対策する為には5mm×3mmのフルスーツとあともう1つ最低限必要なサーフアイテムがあります。

タイトルに書いてしまいましたが、そう「ブーツ」です。

ブーツと言っても陸上で履くごついブーツとは違い、ウェットスーツと同じ素材でできているブーツを履く事によって真冬でも快適にサーフィンできるのですよ。

では、何故ブーツが必要なのか?どんなブーツを選べばいいの?という人に説明しようと思います。

ちなみに前回のサーフィン記事はこちら↓

冬のサーフィンを快適にする防寒対策5つ!寒い時期こそ海に行くべき!

スポンサーリンク

サーフィンブーツの必要性と選び方

防寒対策

真冬の海でサーフィンしていると、足から段々と冷えていきます。

足の感覚がなくなってしまうくらい冷えてしまうこともあります。

そんな足ではサーフィンどころではないです。

足から下半身、下半身から全身が冷えてしまいます。

そこでブーツを履いてサーフィンする事によって足先が冷えることなく快適にサーフィンする事が可能となります。

ブーツを履くことによって怪我の防止の役目も果たしてくれますので一石二鳥なんです。

サーフィンブーツの選び方

まずはブーツのサイズです。

オススメのサイズは足にジャストフィットするかそれよりも少し小さめのサイズを選ぶ事が重要です。

サイズに余裕があると、テイクオフした時の板に足が着く時に足がズレてしまいます。

私は初心者だった頃に最初に先輩から譲ってもらったブーツが少し自分のもらった足のサイズよりも大きかったのでテイクオフ時に足がズレまくって非常にストレスを感じた経験がありますから。

すぐに自分に合ったサイズのブーツを購入しましたよ。

必ず購入するときは自分のサイズに合った(または少し小さめ)のサイズのサーフブーツを購入する事をオススメします!!

オススメのブーツの種類

大まかにサーフブーツには、ベルトやマジックテープで足の甲をグルリと固定するスタンダードタイプのブーツとソックスタイプのサーフブーツがあります。

更に、足の指が分かれているタイプとそうでないタイプがあるのですが、私がオススメするのは断然ソックスタイプの足の指が分かれているタイプのブーツです。

スタンダードタイプはベルトなどで固定してしまうので足がズレてしまう心配はないのですが、足の裏がどうしても厚くなってしまうのがデメリットになってしまいます。

普段素足でサーフィンしているわけなのですが、スタンダードタイプのブーツを履いてしまうと足の裏の感覚が鈍ってしまうんです。

というわけでソックスタイプの方がより素足の感覚に近い状態でサーフィンをする事が可能となります。

これは上達にも繋がりますし練習にもなりますから。上達への道ですよ。

冬のサーフィンの練習でを上達したいのであれば間違いなく素足の感覚に近いソックスタイプの指が分かれているブーツがオススメです。

防寒的にも変わりはないですからね。

まとめ

肝心のサーフブーツの履き方なのですが、ブーツの裾は必ずフルスーツの中に入れる事です。

外に出していたらすぐに冷たい海水が入ってきてしまうのでそれではブーツは履く意味がありません。

必ずブーツの裾はウェットの中に入れましょう!!

ブーツにも5ミリと3ミリなどの厚さに種類があるのですが、冬に関東より南でサーフィンするのならば3ミリのブーツで十分です。

冬の日本海や東北以北でサーフィンするのであれば5ミリのブーツを履きましょうね!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする