【サーフィン】ビーチサンダルは冬でも使いますよ~あなどるなかれ

ども、アンディです。

夏の時期はビーチサンダルが大活躍します。

街中だって夏はビーサン履いている人が多い季節です。

しかし、冬にビーチサンダルなんて普通の人は履きませんしまず車に積んであるなんて人はいないでしょうね。

しかし、サーフィンをやる上ではビーチサンダルは1年中使える便利なサーフィン用品の中の1つなんですよね。

冬なんてビーサン必要ないでしょ。

と思う人に説明しようと思います。

むしろ快適にサーフィンする為にも必需品に近いサーフグッズですから。

ちなみに関連記事はこちらから↓

【サーフィン】持って行く物リスト 10選 これがあればOK

スポンサーリンク

ビーサンの必要性

夏は地面が熱いのでやけど防止

駐車場に車を停めてビーチまで歩くのに夏の時期だと路面がかなり高温になっているのでサンダルを履かないと足の裏をやけどしてしまう危険性があります。

また、ビーチの砂浜もかなり熱いんですよね。

夏に海水浴に行く人は解ると思いますが。

そこで活躍してくれるのがこのビーサンです。

ビーチまで履いていくのはもちろん、波打ち際から数メートルのところにまで履いて行けばあの熱さから解放されます。

そこでビーサンを脱いで置いておけばまず足の裏が熱い思いをすることはありませんしね。

ただし、あんまり波打ち際だと波にさらわれてしまう可能性があるので十分に波がこない場所に置きましょう。

着替え時に履く

海から上がってせっかくウォーターボックスの中で水浴びして着替えをしてもサンダルがないと足が砂が付いたり汚れが付いてしまい困ってしまいますよね。

その時にビーチサンダルを履くことによって着替える際に足をそのまま拭けば汚れが付着せずにノーストレスで着替えができます

冬の時期は靴を履いて海に行く人がほとんどだと思います。ビーサンで海には行かないですよね寒いし。

しかし冬も同様にサンダルがないと砂が付いてしまいまた洗い流すのに苦労してしまいます。

そこでビーサンを活用すればそのまま洗った後に拭くことができて靴下も履けますし靴も履くできます

まとめ

私アンディ、今では車の中に着替え用のビーチサンダルを常備していますが、持って行くのを忘れた時はかなりストレスでしたから。

サンダルがなくても着替えは地面に足を付いてしなければできないのでせっかく足を洗ったのにまた砂が付いてしまったりね。

冬のサーフィン後の着替えは1秒でも早く着替えたいですから笑

また、冬の時期に友人の車でサーフィンに行く時などは結構忘れがちなのですので気を付けて下さいね~

では、快適なサーフィン生活をお過ごしください!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする