【サーフィン用品】便利なサーフアイテムのキーボックス 防犯安全

ども、アンディです。

今回の便利なサーフィンアイテムは「キーボックス」です。

サーフィン中は車上荒らしや金品の盗難に遭ってしまう可能性があります。

キーボックスとは車の鍵を収納できて車の取っ手などにロックしておける南京錠タイプの便利な防犯アイテムなんです。

暗証番号のダイヤル式になっているものが主流です。

サーフィン中は自分でカギを持って海に入ってもいいのですが、最近の車のカギは電子キー(リモコンキー、スマートキーなど)キーレスタイプのものが多く、海の中には持ち込めませんよね。

そこで大活躍してくれるのがこのキーボックス(サーフロック)です。

海に入っている時でも安心できますし、友人とサーフィンに行っても友人が先に海から上がっても安心です。

では何故安心なの?という人に説明しようと思います。

ちなみに関連記事はこちら↓

【サーフィン】持って行く物リスト 10選 これがあればOK

スポンサーリンク

キーボックスの利点

とにかく頑丈

様々なタイプのキーボックスがありますが、基本どのキーボックスも頑丈に作られています。

なるべく大きめで頑丈なタイプのキーボックスをおススメします。

更に、暗証番号で開錠できるのですが、3ケタより4ケタの暗証番号を入れるタイプの方が防犯上安心です。

セキュリティはこれがあればOKですよ~

キーをこのボックスに入れて車のドアの取っ手や車体の下のフックなどにセットすれば気兼ねなくサーフィンや海水浴できますよ。

4ケタの暗証番号を入れるダイヤル式のタイプ↑

友人とサーフィンしても気兼ねなくできる

友人やサーフィン仲間と一緒にサーフィンしていて自分より先に海から上がる人がいても暗証番号さえ教えておけば自分は気兼ねなくサーフィンできます。

自分が先に海から上がるつもりであっても友人がケガしたりボードにアクシデントがあって海から上がるなんて時にもこれがあればOKですから。

非情に便利なアイテムです。

海から駐車場まで距離がある場合なんかはなおさら重宝すること間違いなしです。

ダイアル部分にカバーが付いているので海水や潮や砂ボコリなどを防いでくれるタイプのものもあります↓

まとめ

サーフィンをする人だけではなく、海水浴や全てのマリンスポーツをする人におススメします!!

私も以前は鍵をドアの鍵穴に差してドアを開ける普通のカギの時はキーネックレスをしてサーフィンしていましたが、キーレスタイプのキーになってからはキーボックスを愛用しています。

今ではキーレスの方が主流で海の中に持って行けませんからね。

セキュリティを万全にして愛車を守り、盗難も防いで快適なサーフィンライフを送りましょう!!

ただし、暗証番号は「1173(いいなみ)」にしてはいけませんからね!!NG!!

サーファーは1173好きなのは十分解りますけどそこは違う暗証番号にしましょうw

是非活用してみてはいかがですか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする