【映画】ノーカントリー あらすじネタバレ詳しい解説と評価 演技が素晴らしい

ども、アンディです。

今回の映画記事は「ノーカントリー」というアカデミー賞受賞作品のあらすじと解らなかったという方の為に解説を。

正式な映画の名前は「NO COUNTRY FOR OLD MEN」です。

2007年公開のアメリカの洋画。

監督はジョエル・コーエンとイーサン・コーエンのコーエン兄弟

主演はハビエル・バルデム、トミー・リー・ジョーンズ、ジョシュ・ブローリン

トミー・リー・ジョーンズはBOSSのCMでおなじみなので親近感あります。

舞台は1980年代のテキサス。

狩りを楽しんでいたルウェリン・モス(ジョシュ・ブローリン)はたまたま車が数台停まっている場所に死体が数体転がっている現場を発見する。

その1台の車には大量の麻薬が積んであり、多額の現金を発見してしまったモスはその現金を持ち帰った為に殺し屋に狙われる事になってしまう。

殺し屋とは別に捜査でモスの行方を捜す保安官。

果たしてどうなってしまうのか?

ちなみに前回の映画記事はこちら↓

【映画】バックトゥザフューチャーPART2 あらすじネタバレ評価 まさに王道

スポンサーリンク

あらすじ ネタバレ注意

追われる身となった一人の男

ある日、狩りをしていたルウェリン・モス(ジョシュ・ブローリン)は砂漠に数台の車とその周りに数人の死体が転がっているのを発見する。

その1台の車には大量の麻薬が積んであった。

麻薬取引がこじれて銃撃戦になったと判断したモスは、近くにまだ現金を持った人間がいると察して辺りを捜すと、木陰に横たわって死んでいる男の脇に200万ドルの現金が入ったアタッシュケースを発見する。

車の中にはメキシコ人の生存者が一人いたがそのまま放置して現金を持って帰宅したモス。

妻に心配されたが昼間の生存者が気になり、夜になってから水を持ってあの現場に戻った。

しかし、その生存者のメキシコ人はすでに殺されてしまっていた。

しかもその場所にはメキシコのギャング達が集まっており、麻薬と金を回収しにきていたのであった。

さらに車から身元がばれて追われる身となってしまったモスは、家に戻り妻のカーラに実家に帰るように言い、自身は潜伏する事になってしまった。

保安官のベル(トミー・リー・ジョーンズ)がこの事件を担当しており、モスが追われていることを突き止めた。

殺し屋に追われ続けるモス

金を奪ってしまった為に殺し屋からも狙われてしまったモスは、モーテルに滞在することに。

しかし、殺し屋のアントン(ハビエル・バルデム)はモスの家の電話の請求書を見つけてモスの行方を追いかけた。

居場所を変えてもアントンが自分を探し出すのを不審に思ったモスは金が入ったアタッシュケースを開けるとそこには受信機がお札の間に隠してあるのを発見した。

しかし時すでに遅く、アントンはモスの部屋の入口まで辿り着いていた。

直後銃撃戦になり、アントンに撃たれてしまったモスだったが、アントンも足をモスに撃たれて負傷した。

その隙に逃げる事に成功したモスは国境近くの川沿いの草むらにトランクを投げて隠してからメキシコに入国する。

その後、入国してすぐにモスは撃たれた傷が原因でメキシコの病院に入院した。

病院から抜け出すモス

アントンが危険すぎると判断した依頼人は別の殺し屋に依頼する。

別の殺し屋カーソンはモスに連絡を取り、アントンが妻カーラを殺害しようとしていると告げ、金を渡せば逃がしてやると取引を持ち掛けたがモスは断った。

しかし、気が変わったら連絡するようにとホテルと電話番号をモスに教えた。

その頃、保安官のベルはモスの妻カーラと対面しており、モスを必ず助けるとカーラに言った。

そして、アントンがカーソンのホテルを訪れてカーソンを殺害。

その時にモスから電話が掛かって来たときにアントンは「金を渡せば妻の命は助けてやる」とここでも取引を持ち掛けたがモスはこれにも応じなかった。

そして、病院から抜け出したモスはアメリカに戻って妻のカーラに連絡して彼女の母親と共にモーテルで待ち合わせをした。

保安官のベルも直前にカーラから連絡があった為そのモーテルに向かった。

その後、カーラの母親がメキシコギャングに殺害されてしまう。

そして、ベルが到着した時にはモスはメキシコギャングに殺されていた。

その夜、モスが殺されたモーテルに再び戻ったベルは、アントンと鉢合わせしたものの、会わなかった。

その後

母親の葬儀を終えたカーラが家に戻るとアントンが待ち伏せしていた。

アントンはコイントスでカーラが勝てば命は助けてやるといったが、カーラが拒否して殺されてしまう。

家を出て車を走らせたアントンは事故に巻き込まれて腕を骨折してしまう。

近くにいた少年からTシャツを買い取って三角巾にしてフラフラと歩きだしたアントン。

そしてベルはお金をなくした夢と雪が積もった山道を父親と歩いており、先に行ってしまったという2つの夢を見たと妻に語った。

そして、ベルは保安官を引退した

まとめ感想 評価

非常にシリアスな映画なのですが、ラストのベルの夢はどんなに辛い事や理不尽な事ががあっても希望の灯が先に行っている父親が照らしてくれているという事なのでしょう。

いやというほど事件を見てきたベルならではの夢じゃないでしょうか?

最後にアントンがいる部屋のドアを開けなかった瞬間に引退を決意したのではと思います。

アントンの非情な役柄の演技は鳥肌ものですね。

あの変な髪形も不気味で役柄にマッチしていますし。

ハッピーエンドではない作品ですが、常に緊張しっぱなしで飽きずに観られる数少ない作品ではないでしょうか。

なんかこの映画は独特の雰囲気がありますね。

観る者を惹きつけるような。

観てない方は是非。

  • ストーリー性   ★★★★
  • 映像       ★★★
  • アクション    ★★★
  • ヒューマン    ★★★★
  • 総合点      ★★★★
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする