【ベトナム・ハノイ観光】ホーチミン廟で本物のホーチミンとご対面しました!

スポンサーリンク



ども、アンディです。

3泊4日のベトナム観光旅行体験日記もいよいよ最終日。

旅行って行くまでが楽しみで行ってしまうと時間が経つのが早い早い。。。

最終日はハノイの市内にあるホーチミン廟(びょう)へ行ってきましたよ。

ホーチミン廟は簡単に言えばホーチミンさんのお墓です。

ホー・チ・ミンさんはベトナム国民の父と呼ばれており、ベトナム建国の父でも

あり、ベトナム国民にとっては神様のような存在。

ホーチミン廟は非常に混雑しており、入場するのに並ばなければいけないとの事だったので早めに出発。

ちなみに前回のベトナム体験日記はこちら↓

【ベトナム】世界遺産のチャンアン渓谷で雄大な自然を味わうクルーズ体験




ホーチミン廟(びょう)

入り口でセキュリティチェック

入り口にはセキュリティチェックがあり、液体の持ち込みは禁止。

ライター望遠レンズのついたカメラなども禁止らしい。

で30分ほど並んでセキュリティチェックを受けて入場。

手荷物は預けなくても持ち込みOKでしたよ。

入場料無料です。

中へ入り、広場を通ってホーチミン廟へ。

観光している人は約半数ベトナム人で後は外国人といった割合。

ベトナムの小学生が修学旅行でここへ訪れていました。

ホーチミン廟

入場して5分ほど歩いて中を進んでいくとありました。ホーチミン廟

白い制服を着たベトナムの憲兵達が所々で目を光らせており、物々しい雰囲気でしたよ。

順番でホーチミン廟の中へ入ります。

私達はホーチミン廟の前で15分くらい並んで入ることができました。

ホーチミン廟の前で並んでいる時の撮った看板。

VIETNAM MUON NAMという文字が見えます。これはベトナム万歳という意味だそう。

そしていざホーチミン廟へ。

注意点は廟の中では写真撮影禁止私語は厳禁との事。

中はそれはど広くはなく、階段を昇ってホーチミンさんが眠っているお墓へ。

ここでも所狭しと憲兵が目を光らせていました。

他の観光客が少し声を出しただけでも憲兵に注意されていました。

それほど神聖な場所だという事でしょう。

ホーチミンさんとご対面

階段を昇るとすぐにホーチミンさんが眠っている棺があります。

透明の四角い容器の中でまるで眠っているかのようなホーチミンさんが横たわっていました。

遺体は永久保存されているらしく、当時のままの姿だそう。

この永久保存はホーチミンさんを含めて世界で4人しかいないそうですよ。

ホーチミンさんの棺の周りには4人の衛兵が微動だにせず立っているのが印象的で、偉大な指導者であったという事がうかがえます。

また、ホーチミンさんは晩年質素な暮らしをしていたようで、国民が「ホーおじさん」と呼ぶように人柄の良さもうかがえますね。

10分ほどでホーチミン廟の見学は終了。

一柱寺

ホーチミン廟を出てさらに奥に進むと11世紀頃に建てられた一柱寺があります。

子宝祈願のお寺だそうです。

なぜ一柱寺と言うのかはこのお寺を横から見てみるとわかります。

ご覧のように1本の柱で建てられているのでこう呼ばれています。

そしてぐるっと周ってホーチミン廟の観光終了。

まとめ

生のホーチミンさんは見る価値アリですよ~必見!!

ホーおじさん安らかな顔をして眠っていますから。

ベトナム一度は行ってみてはいかがでしょうか?




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする