ベトナムに初めて観光旅行に行くのだが服装は?スマホは使えるの?

ども、アンディです。

実は2月にベトナムに海外旅行に行くんですが持っていくのに必要なものって何でしょうか!?ベトナムってどんな所?日本は冬だけどベトナムは?

YES!!Vietnam!!

行った事がないので向こうの事情も分からないし気温も分からないし物価もわからないしで分からない事だらけなんですよね。

フォーアオザイしかイメージがないですよアンディ!!!誰か教えてくれ!!

でも、海外旅行に数回行った事があるから海外へ行く事の耐性はあるんですけどもね。

けど、全く未知の国のベトナムですから。

日本語は通じないでしょうし、金銭の価値も分かりません。。。

ベトナム語??全く分かりませんが行くのですよ!!

世界遺産ハロン湾チャンアン峡谷に行くのは決まってはいるんですがあとは全くの未知の世界。

言ってみれば処女ですよ処女。。。ベトナム旅行処女。。

しっかりと現地で見たものや感じたことを伝えてみようと思います。

事前準備として色々と下調べしてみました~

ちなみに前回の海外旅行の記事はこちら↓

【中国・大連】観光旅行 体験日記~星海広場~マッサージ~治安はいい

スポンサーリンク

ベトナムの色々

ベトナムの気候

今の(1月)気温は最高温度で10℃から20℃くらいの気温らしいです。

日本で言えば春か秋といったところでしょうか。

上着は必要ありません。長袖を着ていれば過ごせる気温ですね。

湿度はそこそこあるようなのでカラっとした陽気ではないらしい。

ハノイはベトナムでも北部に位置しており、南部のホーチミンと比べるとやっぱり気温が低いみたいです。

日本から出発する時に上着を着ていくのでそれがあれば十分って事ですね。

宿泊場所

泊まるところは首都ハノイにある「フォーチュナホテル」という所で1泊1万5千円です。

ツアーでとってもらいました。

朝の朝食付きでバイキング形式らしいです。

昼食と夕食は観光に行った際にもう予約済みなので安心。

とりあえず食に困ることはなさそうです笑

紙幣の価値

ベトナムにおける平均月収は500ドルに満たないほどらしいです。

ということは年収で6000ドルほど。

日本の平均と比べると6分の1ほどです。

ということはご飯を食べても日本の6分の1と思ってもらっても構わないと思います。

ただし、観光地はそれなりの値段がするらしいですが基本的には物価は安いみたい。

1万円を両替すると二百万ドンていう金額になるそうです。すごい!!

ゼロがたくさんつくので金銭感覚が麻痺してしまいそうですが、気をつけます!!

世界遺産

ベトナムには世界遺産がいくつかあるとの事。観光で是非行こうと思い、ツアーで行ってきますよ!!

ハロン湾とチャンアン峡谷に行こうと思っています。あとホーチミン廟

そこは是非見てみたい場所ですよ!!

ハロン湾は海の桂林と呼ばれている場所で絶対に見たい場所の1つですよ!!

そして、陸のハロン湾と言われているチャンアン峡谷

後の場所は行ってから写真を撮ってくるのでそれから投稿しようと思います。

人間性

ベトナムの人達は比較的親日家の人が多いみたいです。

ベトナムの人達は性格が穏やかで日本人に対して親切な人が多いらしい。

日本人ならば堂々とベトナムの人達と交流を持った方がいいですよね、そうゆうことであるのならば。

ベトナムという国は比較的治安もいいみたいなのでそれは日本人にとっては嬉しいことです。

されど外国

いくら親日の国だからと言っても発展途上国なので犯罪は少なからずあるという事らしいですからね。

ひったくりはスリはあるみたいですから後ろのポケットに財布をしまうのはやめようと思っています。

しかもお金を分けて別の場所にしまっておいたほうがいいです。海外旅行の基本ですからね。

スマホの充電器&スマホを使う

ベトナムでは日本の充電器が使えるようなのでそのまま持って行けばOKらしいです。

連絡手段はもちろんの事、写真をたくさん撮ってこようと思っているのでそのまま充電器が使えるのはありがたいです。

あとはポケットWiFiですね。

これがあればパケット代気にしなくてもいいですから。ただし、通話は高額な料金が発生する可能性があるので向こうではネットだけ使います。

通話をするのであればLINEなどのSNSを活用しましょう。(もちろんWifi環境下で)

海外に行く際のスマホの設定の仕方はこちら↓

【海外旅行】行く前のこのスマホの設定で通信量(パケット代)なし

とまあ、こんな感じであとは支度して行くだけです。楽しみじゃ~!!

基本的な海外旅行に持ってくものの記事は以前こちらに書いたのでどうぞ↓

【中国・大連観光】海外旅行 持って行くもの10選 これで十分

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする