【サーフィン】上達への道 冬こそ波乗りして周りとの差をつけるべき

ども、アンディです。

今年の夏にサーフィンを始めて楽しかったけど冬は寒いからまた来年の夏にサーフィンしよう。

と思っている初心者さんちょっと待った!!

日本におけるサーフィンは冬のほうが波に乗れるし人も(サーファーね)少ないので練習するにはうってつけの季節なんですよ。

夏はにわかサーファー達が沢山いますし、ビーチポイントでは海水浴規制なども入ってしまい、はっきり言って思いっ切りサーフィンできるとは程遠い状況なんですよね。

純粋にサーフィンが楽しい!もっと上手くなりたい!と考えているあなた!

冬もサーフィンに行きましょう!!

あわせてこちらの記事もどうぞ↓

『【サーフィン】冬の必需品 寒い中快適に波乗りする為の5つのアイテム』

スポンサーリンク

冬のサーフィンがおすすめな理由

サーファーの数が減る

前述にも述べましたように、夏と冬ではサーファーの数が冬の方が格段に減ります。

夏のサーファーだらけの海で周りを気にしながらサーフィンするのと冬の海でサーファーが少ない中でサーフィンするのはどちらが有意義でしょうか?楽しめるでしょうか?

答えは決まっていますよね笑

冬のシーズンのほうが断然言い訳です。

サーファーの数が少なくなれば接触事故のリスクも減りますし、自分の練習に集中できるという事ですよ。

ビーチにいる人も冬はほとんどいなくなるので下手くそでも堂々と練習できますよ。あなたを見てる人なんていませんからね。

波に沢山乗れる

冬になってサーファーの数が少なくなる事によって来る波は変わらないわけですからその分沢山の波に乗れるという事。

冬のシーズンは台風もこないので練習にはピッタリの小波の時期でもあるというのも大きな特徴です。

まあ、たまに低気圧が発達してビックウェーブになることもありますけど大概は小波が続くんです。

サーフィンというスポーツは波に乗りまくって上達していくものであり、乗ってナンボの世界でして、決してイメトレで上達するものではありません。

波に乗って乗って乗って乗って徐々に上達していくスポーツです。

冬に沢山波に乗れる機会があるのにもったいないと思いませんか?

周りのサーファー達に認められる

夏しかサーフィンしない人が海に行って周りにあいつはサーファーだと思われると思ったらそれはまずあり得ません。

冬にも海に行ってこそ始めていっぱしのサーファーと認められるんです。

真のサーファーは夏だろうが冬だろうが波があれば季節なんて関係ありません。

冬に海に行く事によって周りのサーファーに認められて(あいつ冬も行くなんて頑張ってるから今度は誘ってやるか的な)お誘いもくるだろうし、やっとサーファーとしてのスタートラインに立てるわけですよ。

あくまでスタートラインですが。

次の夏シーズンが楽しみ

少なくとも冬のシーズンにサーフィンすることによって必ず少しは上達します。

個人差は間違いなくありますが。

しかし、夏だけサーファーに比べれば確実に差がついていることが実感できるはずです。

男女で夏に海に行ってレベルアップしたあなたをみて惚れちゃうかも笑

それもまたモチベーションアップにもつながりますよね。

まとめ

とまあ、とにかく私が言いたいのはせっかくサーフィンを始めたなら冬も行くべし!!

という事。

上達せずに辞めていってしまう人達は非常にもったいないです。

はっきり言ってこんなに楽しいスポーツは他にはないと思いますよ!!

どうせなら1年中サーフィンして上手くなりましょう!!

サーフィン最高!!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする