【鎖骨骨折】入院なしだが痛い!完治はどれくらい?手術体験談

どーも、アンディです。

広島カープ、セリーグ制覇おめでとうございます!!

向こう何年かは広島カープの黄金時代が続きそうな予感がします。。。

主軸の鈴木誠也選手が外野の守備で足首を骨折したのは残念でなりません。早く復帰してクライマックスシリーズは間に合わないとしても日本シリーズには間に合ってほしいです。(優勝すればね)

そんな野球で骨折したニュースを聞いて実は私アンディも野球の練習中に骨折した経験があります。

しかも体の中にプレートを埋め込むという手術。

中学生時代の話になりますが、中学2年の夏、当時バリバリの野球少年だった私はいつものように放課後の部活の練習でノックを受けていた時のことです。

ちなみに前回の病気・怪我の体験談はこちら↓

『【喉の痛みにすぐ効く】辛い症状が治る薬とスプレーはこれ!咳にも対応』

スポンサーリンク

まさかの鎖骨骨折した時の体験

当時、サードを守っていた私は、ノックで三塁線に飛んだ早い打球を捕球した際に、勢いあまってグローブを足で踏んでしまい、手がグローブから抜けてしまえばよかったのですが、抜けないまま左肩からグラウンドにダイブしてしまいました。

その瞬間、ボキっと鈍い音がして一瞬何が起こったのかわかりませんでしたよ。

その後、ノックに戻ろうとしたのですが、左腕が上がらなくなってしまい(正確に言えば左腕を上げようとしても痛みであがらない状態)、顧問の先生に伝えると同時に患部を見せてみろという事になり、肩の部分を見せたら鎖骨の部分が大分腫れ上がっていたらしく(自分では見えない)、すぐに保健室に連れて行かれました。

この時の心境としては、よく聞く脱臼かなと思っていましたね。

保健室に着き、保健室の先生がすぐに病院に行ったほうがいいよ。折れてるかも。

と言うので近くの外科に顧問の先生の車で向かいました。

マジかよ!脱臼じゃないのかよ!と。

外科でレントゲンをとってもらい、結果は鎖骨骨折。

しかも折れた鎖骨がお互いに内側に張り出してしまっているという事でプレート(ボルト)で鎖骨を元の位置に戻す手術が必要だとの事でした。入院は別にしなくても大丈夫だという事だったので自宅での療養となりました。

全てが唐突の出来事で病院にいる時は何も考えられなかったと思いますよ。

まだ14歳の少年ですから。ただショックだったのは記憶にはありますね。

数日後 手術

骨折して3、4日してから骨と骨を繋ぐプレート(ボルト)の埋め込み手術を行う事になり、病院へ。

折れた箇所がお互いにせり出してしまっているので元の場所に戻すというわけ。

この時は左腕を動かすだけで痛いし、寝返りもうてないしとにかく最悪でしたね。

大好きだった野球もできないし泣いていた覚えがあります。

とにかく早く治したい一心で手術を受けました。

部分麻酔をして、手術開始。

なんか見えないけどゴリゴリやられている音が聞こえて変な感じです。手術中は痛みはありませんでした。

1時間程して手術が終了。

10針ほど縫って肩かたガッチリとギプス?ギブス?をして静養期間です。

手術終了後 静養

ギプスをしてからは固定されているので左腕は何もできない状態です。

学校は通ったものの、部活はできないので毎日帰宅。

帰宅後はテレビゲームやってましたね毎日w

暑い時期だったのでギプスをしている部分がとにかく痒い。ものさしとか使って背中とか掻いてましたよ。

風呂も入れないので体を拭くだけでしたので頭などは両親に洗ってもらってました。

そして、8月の下旬に鎖骨を骨折してから1ヶ月が経ちました。

定期的に病院に通い、いよいよ骨がくっついたからボルトを外す事に。

縫った場所を再び切開手術をしまして無事にボルトの抜き取り手術完了です。

抜いたボルトを初めて見たのですが、U字になっていました。

再び傷口を縫って手術終了です。

その後、1週間ほど安静にしてやっと左腕が使えるようになりました!!

骨折してから完治までの期間はおよそ1ヶ月半でした。

まとめ

腕や足の骨折も経験した事がありますが、なにより鎖骨の場合は寝返りができないのが辛かったですね。

腕や足に比べてギブスも左肩から右の脇腹までグルリと固められてしまうので上半身ギブスすごく不便です。

見た目は北斗の拳のケンシロウの肩パットみたいでかっこいい気がしますけど笑

鎖骨を骨折してしまった場合はもう耐えるしかないですこれ極論。

折ってしまった方の腕は使えませんからね。

そのおかげでドラゴンボールZのゲームをやり続けてクリアしてやりましたよw

完治してからは何の支障もなく野球もできましたし普段の生活にも何も問題はありません。

しいて言えば寒い時期に縫ったところが多少突っ張るなあという感じです。

骨折しないように気をつけましょう!といっても無理な話なのでここはあくまで体験談でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする