【亀の飼育】ヒーター取り付け 冬眠対策

先月の話なんですが、だんだんと12月になり、外気温がさがり始めたせいか、アンディが飼っているイシガメの「カメ太くん(生後約8ヶ月)」が餌をほとんど食べてくれなくなりました。

カメは気温が下がってくると、体の代謝が落ちてしまい餌を食べなくなるそうなんですよね。

つまり、冬眠の準備に入るというわけなんですが、なにせカメ太くんはまだ生後1年にも満たない赤ちゃんですので、越冬できるのか微妙なところ。

調べたところ、生後2~3年くらいまでは冬眠する体力がまだついていないのでそのまま冬眠して永眠してしまったなんて事があったら1大事ですのでホームセンターに行ってカメのヒーターを購入してきました。

スポンサーリンク

カメのヒーター

カメのヒーター 外装

ホームセンターで2500円くらいで売っていました。

海水・淡水の両方使用可能なヒーターで20リットル以下で使える50wの物です。

箱を開けてみると

カメのヒーター 中身

中身はヒーター本体と説明書が入っています。

カメ太くんがヤケドしてしわないようにしっかり耐熱カバー付きです。

吸盤が2つ付いているので水槽の底でも側面でも固定できるタイプのヒーターです。

早速ヒーターを取り付けるついでに水替えも。

ヒーター取り付け後

カメのヒーター 取り付け後

とりあえず、水槽の側面に取り付けてみました。

早速コンセントにプラグを差し込んで温度を上げてみます。

このヒーターは26度に水温が達すると温度調節で自動に止まるようになっているみたいです。

そして、ヒーターの電源を入れて30分後のカメ太くんの様子を伺ってみると、カメ太くんがヒーターにくっついていましたよ。

あったかくて嬉しいのでしょうかね。

カメのヒーターとカメ太くん

ヒーターに寄り添ってこっちをチラ見してしているカメ太くん。そこからしばらく動きませんでしたよ。

私にはカメ太くんがあったかくしてくれてありがとうと言っているような気がしました笑

いや、言っていたと思います笑

5日くらい餌を食べていなかったので代謝がかなり下がっているだろうと思い、ヒーターを取り付けたのが夕方だったのでその日は餌を与えずに翌朝まで様子を見る事にしました。

餌を食べなかった時は、隠れ家の下で全然動かずにジーっとしていたカメ太くんだったのですが、翌朝様子を見てみると、元気にバタバタと動いていました!!!良かった!!

試しに餌を与えてみたところ、スゴイ勢いで餌を食べてくれましたよ。これで1安心です。

それからというもの今では真冬のこの寒い時期にカメ太くん、1日朝と晩に餌を与えているのですが、すべて完食してくれていますよ~

逆にこっちを向いてバタバタして餌を催促するくらいになっています今では笑

しかし、水替えの頻度が真夏と同じくらいになりましたけどね。。。

水温が上がるとカメさんもよく水を汚してくれるもんですよ。まあ、元気な証拠でしょうかね。

これからもすくすくと育ってくれると嬉しいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする