【サーフィン】ショートボードとロングボードの違い

これからサーフィンを始めようと思っている方は、ロングボードかショートボードどっちの板の方がいいんだろう?って思いますよね。

サーフショップなどでレンタルしてサーフィンすることもできますが、やはり本格的に始めるとなると、マイボードを持つことによってテンション上がりますし、せっかく手に入れたサーフボードなんだからがんばって続けようって思うでしょう。

そんなサーフボードなんですが、大きく分けると2種類です(細かい種類は置いといて)。

「ロングボード」と「ショートボード」

この2種類に分けられます。

海に行った時になんとなくサーフィンしているのを見ていて、自分はロングボードに乗りたいとか私はショートボードに乗りたいとか決めている人はいいんですが、とりあえず参考にしてみて下さいね~

スポンサーリンク

・ショートとロングでは板の長さが違う

これは皆さんもご存知でしょうが「ロングボード」は長い板のことで9フィート(275cm)以上の長さの板のことです。「ショートボード」は6フィート6インチ(200cm)以下の板のことをいいます(大体の目安です)。

ただし、ショートボードでは、6フィート前後の板に乗っている人がほとんどなので、圧倒的にロングボードの方が長いです。

では、それぞれのメリットとデメリットは何でしょうか?

・ロングボードのメリットとデメリット

ロングボードは長くて幅もある板なので、当然浮力もショートボードよりありますので、パドリングも楽です。板が安定している分、テイクオフも容易にできます。

厚い波にもうねりからテイクオフすることが可能でショートボードより波に乗れる確率が高いです。

しかし、波数が多いと板が扱いづらいので苦労します。ドルフィンスルーもできませんので。

体力的にはショートボードより消耗が少ないので体力に自信がない人でもロングボードの方が比較的できます。

デメリットは、まず板が長い為、車中に積めません。車の天井にキャリアをつけなければなりません。

波に乗っても大味なサーフィンしかできません。

板が長いので細かいターンや技ができません。

また、マンションの上の階に住んでいる人は、持ち運びが大変になります。

・ショートボードのメリットとデメリット

ショートボードのメリットは、ライディング中にたくさんの技ができます。細かいターンも可能です。

波数が多い時でも板が扱いやすいので対応できますし、ドルフィンスルーしてセットを回避できます。

また、板が短いので車中に積み込みが可能です。

車から降ろしても持ち運びが楽です。

ショートボードのデメリットは板が短いのでパドリングが大変なんです。

厚い波のコンディションのときなどはなかなか波に乗れません。

まとめ

とまあ、ロングボードとショートボードのそれぞれのメリットとデメリットを述べたのですが、あなたはどちらの板の方があっているでしょうか?

基本、ゆったりとメローな波に乗って楽しみたいという方はロングボードのほうがいいでしょうし、波に乗ったら色んな技を決めたいよ!という方はショートボードの方がいいでしょう。

まあ、どっちがいいかなんて実際に乗ってみて自分で決めるのが1番ですが、ロングもショートも両方やるっていう人間が私の周りでもいますし。

最初にどちらかを決めるのはなんとなくでいいと思います。後から転向するのもいいですし、両方共有する事になる可能性もありますので。

自分の性格やライフスタイルに合った波乗りをするのが1番ですからね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする